菜香 新館

2012年の春節(旧正月)は、横浜中華街で過ごしました!
大晦日の夜は菜香 新館で点心三昧でした!
新春の到来を祝い、迎える新しい年の健康や安寧を願い、おいしい点心をいただきました。

まずは、中国の春節を代表する食べもの、餃子を2種♪

◎鮮蝦蒸粉果 五目蒸しぎょうざ
a0105981_9561575.jpg

蝦・豚肉・野菜がパンパンに詰まっています。

◎広東煎餃子 広東風焼きぎょうざ
a0105981_9582727.jpg

普段よくいただくもっちりした皮と異なり、広東点心の蒸し餃子同様の透き通ったプリプリの薄皮を使っています。焼き面がカリッとして、蒸したときとまた違ったおいしさ!

餃子は、中国北部あたり、水餃子を主に、大晦日に皆で作り0時までに包み終えて食べる習慣があります。この習慣は、旧年と新年が「交わる」(「交」と餃子の「餃」が同じ「jiao」という発音 ※四声は異なります)ことから新年最初にいただくようになった、という説や、家族や親しいひとたちと「交わり」ながら団欒するという説など、いくつかあるようです。
今回の餃子は、「水」でなくちょっと趣向を替えて選択してみました♪

他にもいろいろいただきました!

◎甘香化焼肉 皮つき豚バラ肉の塩あぶり焼き
a0105981_10302883.jpg

サクッ&パリッとした皮がおいしい!

◎腊味蘿白糕 大根もち
a0105981_1039890.jpg

お店でこの時期に配布していたリーフレットによると、「腊味」というのは香り高い酒と塩に漬け込んだ干し肉のこと。「腊」の字が旧暦の12月を表す意味があり、広東料理で干し肉を総称して「腊味」と呼ぶことから、広東地方の春節に欠かせない料理なのだそうです。
この「腊味」が、大根もちの具に使われています!
噛むと、じわじわ濃厚な旨味があらわれます。
大根は、冬季限定で地元神奈川の三浦大根を使っているそうです。

◎威化明蝦巻 元祖 エビのウエハース巻き揚げ
a0105981_10521273.jpg

a0105981_1101220.jpg

人気No.1のオリジナル点心だそう。「元祖」と付けたのは、点心を提供する他のレストランも出し始めてきたのでしょうか。これに付ける用に運ばれたマヨネーズが、酸味控えめ・ふわっと卵味がひろがる軽い食感でなかなかおいしかったです。

◎蜜汁叉焼飯 香港風チャーシューご飯
a0105981_1114425.jpg

甘みと香ばしさがひきたつ濃厚叉焼が旨い。これだけたくさん食べたあとですが、ごはんがすすんでしまいます!

a0105981_11225410.jpg


店をあとにし、しばし時間をおいたのち、新年カウントダウンを唱えに関帝廟へ!
中華街全体は特に店舗営業時間を延長することもなく人通りが少なめだったので、結構静かに終わってしまうのかなぁと思いながら歩いていったら、関帝廟にはたくさんの人が集まっていました!
a0105981_1192714.jpg

数分前から細かめにマイクでアナウンスが入り、10秒前から一斉にみんなでカウントダウン!
0時を迎えた瞬間から、あちこちで祝いの爆竹が鳴りわたりました!
同時に関帝廟も開門し、順に長い線香の束を購入して、神々へご挨拶。旧年への感謝と新年への願い!
ますますハオチでハッピーな日々を送れますように!
2013年も中華な幕開けができるかな〜^^

神奈川県横浜市中区山下町192
(中華街 上海路)
TEL (045)664-3155

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]