「ほっ」と。キャンペーン

「太平ミニ(迷你)中華街」の一店に上海人が集う理由。

錦糸町駅から北へ、錦糸公園を抜け、オリナスに隣接する都営アパートにある、1階テナントエリア。
ここの中華料理店率が高い!
名付けて、
太平ミニ中華街
(ミニ=迷你:mi2ni3)

このなかの一店、「百宴香」へ。

席へ着くと、テーブルに2冊のメニュー本が。
一冊は、一般的によく知られる中華料理のメニューが並びます。

そして注目すべきはもう一冊のほう!
こちらには、
「懐かしい上海料理(上海怀旧料理)」
というタイトルがついています。
(懐かしい=怀旧:huai2jiu4)

上海料理というのは、実は上海・蘇州・無錫・南京など周辺地方の特徴が融合され、さらには国際都市らしく西洋料理のエッセンスも取り込まれ、今なお進化を続ける常に新しい料理。
そのような上海料理の基本であり一大構成要素として存在するのが、
「上海料理のなかの、上海料理」つまり、上海の「地元」料理。
これを、
本帮菜 ben3bang1cai4
と呼びます。
そう、ここ百宴香にある「懐かしい上海料理」のメニュー本とは「本帮菜」が並ぶ一冊なのです。
☆酒粕漬け(糟 zao1)
☆醤油煮込み(红烧 hong2shao1)
☆さっと炒め(煸 bian)
☆揚げ煮込み(油焖 you2men4)
などの調理法で、油分しっかり濃いめな調味が特徴。
この「本帮菜」を求めて、上海人が集うのだそうです。

今回は、ランチメニューから好みの麺と、「本帮菜」メニューから2品をチョイス。
◎葱油拌麺(葱油混ぜ麺)
a0105981_1354736.jpg

◎烤麸(上海風生麩冷菜)
a0105981_1374226.jpg

◎油焖茄子(ナスの醤油生姜風炒め)
a0105981_1385394.jpg


お店の方の話では、日本人客による「懐かしい上海料理」メニュー本からの注文がまだまだ少ないそう。尋ねてみると気さくに答えてくれるので、ぜひチャレンジして上海料理の原点を体験してみてください♪

おまけの「迷你」情報。
店名「百宴香」は、「どのテーブルもみな美味しい料理でいっぱいにしますよ〜!」という意味を込めてつけたそうです。

百宴香(ももえんか)
東京都墨田区太平4−2−1
都営太平南アパート1階
TEL 03-5619-1082

※お店の方から写真撮影について「料理や店内装飾、外観は撮ってもいいけれど、メニュー本の中は撮らないでください」とのことでした。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]