カテゴリ:中国:荒川区( 4 )

京の華を出て周辺を歩いていたら、過去に日暮里へ来たときは無かった、中華風の紅色の光が視界へ飛び込む。その灯りに向かって歩く。
そして、入ってみる!(笑)

◎北京焼餃子
a0105981_21321993.jpg


店名でもある餃子をいただくことに。17:00〜「夜のセットメニュー」のうちの、
「北京焼餃子+生ビール中ジョッキ」で。それぞれ単品で注文すると¥980-のところ、セットだと¥830-。他にも、一品料理や麺飯類とのセットなど、種類豊富。

現地だと水餃子をいただく機会が多いですが、「锅贴」という名称で、棒状の型で焼く餃子もあり。
作り方としては水餃子の習慣の名残かな、皮が厚めでもっちりしていて、食べごたえあります!そして、ひとつひとつが大きい〜っ!白菜メインのさっぱり餡がたっぷり入ったビッグな餃子を頬張る、至福のひととき♪メニューは、餃子の他にも、主要な家常菜はだいたい揃っている印象。

「今まで日暮里に来た時気づかなかったけれど、いつ開店したんですか?」と訊ねたら、今年の4月だそう。
日暮里へは繊維街へ時々行くので、また寄ってみようと思います!

東京都荒川区東日暮里6−59−8−101
TEL&FAX (03)3807-8818

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
蒸し暑い帰り道、冷やし中華がふと食べたくなりました。でもちょこっとひねりが利いた変わり種がいいかな。拌麺(和え麺)みたいのでもいいかも。そこで「もしかしたら京の華なら何かあるかも!」と思い立ち、日暮里へ方向転換!
店頭のガラスに、早速冷やし中華の貼り紙を発見。これは、基本形でした(笑)
数あるメニューを見渡した結果、以前来た時にも気になっていた麺に決定!

◎牛肉乾麺
a0105981_19504316.jpg

手打ち麺の上に、水菜・葱・香菜・厚揚げがどっさり!
全体の味は、やさしくふんわり甘み漂う沖縄の塩で。

このままでもおいしいですが、辣油や酢を加えても、またよし。
辣油を加えてみたら、この辣油がすごく香ばしくておいしい!びっくり!
a0105981_19553649.jpg

辣油、といっても、液体部分はほとんどないので『辣椒』と思ったほうがよいかな。
辛みは、とんがった感じではなく、とってもまろやか。
食べだしたらハマってしまい、全量ぎっしり入っていた小瓶の4分の1以上は食べてしまった(笑)!自家製なのだそう。
辣油を販売していないか、してもらえないか訊ねてみたら、NOとのことでした。
打ちたて麺のおいしさはもちろんですが、この辣椒が恋しくなってまたくることになりそうです。

東京都荒川区西日暮里2−22−1
ステーションプラザタワー105
TEL (03)5615-2593

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
なかなか日本でお目にかかれない「蘭州牛肉麺」&そろそろ人気も定着してきた感のある「焼小籠包」をいただいてきました!

注文後、厨房からタンっタンっと麺の粉を打つ音が。
音が止んだら、粉を指にかけ、両腕をめいっぱい拡げて閉じて…
a0105981_2238979.jpg

を繰り返すうちに、粉の塊がたちまち細い麺に早変わり!

やってきました!
特製辣油&花椒風味 蘭州牛肉麺
a0105981_22412516.jpg

鮮烈な赤色の印象ほど辛さはキツくなく、食べ始めて少し経った頃から、少しずつジワジワとホットな感覚がやってきます。全体をさっくり混ぜると、花椒の香りがふわっとたちのぼります。
手打ち麺はツルッとしたツヤと弾力があります。
おいしい!し、貴重な蘭州牛肉麺が食べられることは大変嬉しいのですが…
価格が…¥1,200!ごちそうデスネ。
これ以外に気になった「搾菜牛肉麺」「牛肉乾麺(汁なし麺)」も、¥1,200。
すっきり塩味。これらもぜひ食べてみたい。
ごちそう麺メニューは以上の3品のみで、あとは¥650〜とお値打ち。

焼小籠包
a0105981_2305048.jpg

バオズ全体の形状は平ためで、底面の焼きは、しっかりめ。
肉餡&スープの量がたっぷり!甘みとコクありおいしい。
価格は、4個¥400、6個¥600。仕事を終え一杯だけっ!なときのお供にも良いかも。

午後もずっとOPENしていることが嬉しい。
多少離れたところでもランチ食べそびれたら、ここに来ちゃおうかな!

東京都荒川区西日暮里2−22−1
ステーションプラザタワー105
TEL (03)5615-2593

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

食べ歩きポータルに参加しております。
クリックで盛り上げていただけると嬉しいです!
よろしくお願いいたします。谢谢您的合作☆☆☆

[PR]
「中華」のメニューとして認知度の高い料理、麺・飯類の名がボードに並ぶ日式中華の店。
ランチタイムに、油淋鶏のセットをいただきました。
a0105981_14244060.jpg

鶏の上にかけられた薬味には葱のほかに青紫蘇や生姜が入っていて、とってもさわやかな口当たりでさっぱりと肉をいただけます。この味付け、いろんな食材と相性が良さそうなので、特にこれから迎える暑い季節に、家庭でも活用できそう!

東京都荒川区南千住6−60−15
TEL (03)3806-3354



食べ歩きポータルに登録してみました☆
1クリックで盛り上げていただけると嬉しいです!
よろしくお願いいたします。

[PR]