「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:中国:新宿区( 22 )

新疆ウイグル自治区。
かつてのシルクロード東西交易の地であったことから、生活する民族も、
☆ウイグル族(维吾尔族)
が半分近くを占めるものの、他に、
☆漢族
☆カザフ族(哈萨克族)
☆ムスリム族(回族)
など、多種。
よって、食べものも多様な民族の食文化がミックスしています。
よく使われる食材は、羊・牛肉、乳製品、玉ねぎ・トマト・ジャガイモなどの野菜。
これらを辣椒や大蒜、クミンや酢などで調味し、ヨーグルトもアクセントに登場する、辛味を利かせたしっかり味かつ酸味も利いて爽やかでサッパリ、な味わい(酸辣)が特徴。
そんなウイグル料理の専門店である「シルクロード・タリム ウイグルレストラン」は、本場ウイグル料理を楽しめる、まさにウイグルと日本を結ぶ中継地点であるオアシス的空間!
代表的食材であり、大好きな(!)羊肉をさまざまな料理で味わい楽しみましたよ♪
そして!
料理名を3言語表記してみましたよ♪

◎シシ カワプ ZIH KAWAP
 羊肉の串焼き
 烤羊肉串
a0105981_1064916.jpg
 

◎プルチャック ウユツミス ハミセイ PURCHAQ UYUTMISI HAMSEI
 湯葉サラダ
 凉拌豆腐丝
a0105981_10141437.jpg


◎カゥワゥルガ カワプ QUWURGHA KAWAP
 ラム骨付き串焼き(ラムチョップ)
 烤羊排骨
a0105981_10182144.jpg


◎プルチャック ウユツミス コルミス PURCHAQ UYUTMISI QORUMISI
 ウイグル風麻婆豆腐
 风味麻辣豆腐
a0105981_1024321.jpg


◎タリム ラグメン TARIM LEGHMEN
 タリム特上あんかけ麺(手打ち麺)
 塔里木拌面
a0105981_10283795.jpg

手打ち麺と餡は別々の皿で運ばれ、テーブルで餡を麺にかけます。

◎サムサ SAMSA
 焼きたてまん
 烤包子
a0105981_1031579.jpg


◎トゥギレ TUGURE
 水餃子(手づくり)
 饺子
a0105981_103473.jpg

a0105981_10373929.jpg


◎ポロ POLO
 ウイグル風ピラフ(ヨーグルト付き)
 抓饭(附加:酸奶)
a0105981_10364831.jpg

a0105981_10371274.jpg


食後に、ウイグルの薬草茶である、
◎オグズ チャイ
 乌古斯红茶
を飲んで、スッキリと♪

おまけですが、こちらのクーポン持参で、ウイグルの干し葡萄をいただけます♪渋みがほとんどない甘めテイストで、おいしいのです!
a0105981_1224258.jpg

料理にもこの干し葡萄にもピッタリな甘粛産ワインとともに、シルクロードを旅している気分に浸ってしまいましょう♪
a0105981_127491.jpg


シルクロード・タリム ウイグルレストラン
丝绸之路・塔里木 维吾尔餐厅(清真)
東京都新宿区西新宿3丁目15−8
西新宿パールビル103
TEL 03-6276-7799

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
四川料理の味わいを表す言葉として、だいぶ定着してきた感のある、「麻辣 ma2 la4」
四川料理の代表格で人気の高い一品、「麻婆豆腐 ma2 po2 dou4 fu」
などに含まれた文字「麻 ma2」。
料理用語としては「しびれる」という意で、この「麻」要素を発揮するのが
花椒 (hua1 jiao1)

今回行った店「天府舫」へ入ったら、なんと過去に会った覚えのある人が席へ案内してくれたのだが、内心驚きつつも明確に思い出せず、ひとまず注文を済ませてから考えていた。
どこで会ったんだろう?
たしか中華料理店だったよなぁ?
店員さんだった?近くに居たお客さん?
それとも食事ではない場で?
と、あれこれ記憶を辿っているうちに、さきほどの人がひと品運んで来た。
◎麻辣冷豆花(麻辣寄せ豆腐)
a0105981_2361819.jpg

この料理からふんわり立ちのぼった花椒の芳香を吸った瞬間、思い出した!

以前、本郷の四川料理店へランチタイムに行ったときのこと。
その時食べたものの花椒の香りがとっても清々しく印象的なものだったので
店を出る前に店員さんにそれを話したら、香りにこだわったものを四川省から仕入れていることを教えてくれたうえに、
「そのものの香りを吸ってみますか?とってもいい香りなんですよ」
と、花椒を詰めた袋を開け、香りをかがせてくれたのだ!
本当に爽やかで清くクリアな、いい香り。
尊い体験をさせてもらった嬉しさに心を弾ませながら店をあとにした。

なんと!そのとき応対してくれた人だったのです!
以前居た店のように、自分の力で本物の四川料理をより多くの人たちに知ってもらうという希望を実現すべく、留学で来日時初めて訪れた新宿で新たに船出をしたそうだ。
そして当時の話をしたら、
「それね、今もやってますよ!みんな喜んでくれますね」
と仰り、席から少し離れた厨房手前のカウンターに、花椒がたっぷり入った透明の大瓶が置かれていた。
店名に使われる「舫」の字、「舫い(もやい)」といって、船と船をつなぎあわせて幾艘もの船が停泊するもののことをいうのだが、あの花椒がまさに店と客、客同士、客と四川…たくさんの関係をつなぎあわせる「舫」の役割を果たしているのだ。

◎正宗担担面(汁なし担担麺)
a0105981_0294032.jpg

麻辣が利いたタレは底に潜んでいて、混ぜるとこうなる。
a0105981_0305174.jpg


◎天府手工水餃(手づくり天府水餃子:スープなし)
a0105981_0325294.jpg


今回はひとりでこれらをいただいたが、メニューには正宗四川菜がたくさん並ぶ。
また「奥深き四川料理の世界」に船出したい。
そして花椒の舫で、ゆらり停まり漂いその世界にひたるのだ。

天府舫(てんふふぁん)←HPへリンクしています。
東京都新宿区西新宿7−4−9
TEL 03-3368-5568

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
「歌舞伎町案内人」李小牧さんが営む中華料理店、として既に有名な、湖南菜館。その店名通り、湖南料理をいただけるお店。李さんの出身地が、湖南省なのですね。

湖南省は、長江中下流域、洞庭湖の南方にあります。
武陵源・張家界・岳陽楼・毛沢東故居・鳳凰古城などなど、見どころたくさん!
そんな湖南省の料理は、ここ最近「中国一辛い料理」として耳にする機会が増え、湖南料理の認知度も高まってきているかな?
湖南料理の辛さは、クリアで鮮烈なのが特徴。すっかり浸透してきた四川料理の「麻辣」の香りや痺れとのコンビネーションとはまた異なった辛味を楽しめます。広大な中国。ところ変わると、創り出される味わいもがらりと変わるのですね!
さらに湖南料理のなかでも大きく3つのエリアに分けられ、それぞれ違った特徴をもち…
というのはまた別の機会を設けてお伝えします♪

今回いただいたのは、
◎江湖白肉 大蒜ソースの冷しゃぶ
a0105981_10545957.jpg

唐辛子の辛味がさわやか!でもサッパリだけでなくにんにくが利いて味わいしっかり。

◎自家製辣油
a0105981_1145197.jpg

料理と一緒に運ばれます。元々のさわやかな辛味に、さらに香ばしさが加わります。単体で食べてみてもとてもおいしい辣油!

◎肉末酸豇豆 長豆の漬物と挽肉の炒め
a0105981_11494661.jpg

豆の漬物の酸味と辛味がぴったり合う!コリコリした食感も楽しい。

◎油炸银丝卷 中華揚げパン
a0105981_11512654.jpg

カット時につぶれちゃったかな(笑)砂糖がけしてありましたが、料理の残りソースをたっぷり絡めていただくと美味!

◎松子玉米 コーンと松の実の炒め
a0105981_11521720.jpg

あっさり塩味。惜し気無く松の実たっぷりなのが嬉しい^^

◎湖南炒飯
a0105981_11524857.jpg

隣のテーブルの中国人客が注文していて、運ばれてきたときの豆豉のいい香りにつられ、追加注文してしまいました。豇豆(長豆)や腊肉(ハム)が入り、湖南料理の特徴が凝縮されています。茶色に染まり存在がわかりにくいですが、卵も入っていて、そのまろやか味で全体がまとまり、おいしかったです。

また行って、もっとどっぷり湖南菜の世界に浸ってみたい!

東京都新宿区歌舞伎町1−23−13
第一大滝ビル4F
TEL (03)3207-8288

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
昨年11月初めに北京を旅し、帰ってきてからも中華料理熱はますますヒートアップ!

直後に、当時間もなく中国へ旅行に行くという友人と、銀座天龍でビッグな餃子と什景炒麺に食らいつき(笑)、続いての中華の晩餐が、こちら、川香苑!
今回も、もりもりいただいてまいりましたよ!

◎蒜泥白肉 豚バラ肉にんにく和え
a0105981_20464725.jpg


◎口香鶏 地鶏四川香味ソースかけ
a0105981_20481530.jpg


◎川香香辣蝦 車海老と山椒の唐辛子炒め
a0105981_20504219.jpg


◎香辣牛肚 ハチノス川香風炒め
a0105981_20515093.jpg


◎水煮牛肉 牛肉の四川香味煮込み
a0105981_20525368.jpg


◎川香炒飯 牛肉ピリ辛香りチャーハン
a0105981_2054199.jpg


◎川香担担麺 四川本場タンタン麺
a0105981_20553778.jpg


朝天辣椒や他種の豊富な辣椒使いと香り立つ花椒が利く料理たちを、今回もおいしくいただきました!
ご一緒したこうめさんラルさん東京ホルモンズFBさん、ありがとうございました!

東京都新宿区歌舞伎町1−16−12
蓬麻ビル2F
TEL&FAX (03)5272-2118

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
大人になると、自分が所属する環境のなかでの付き合いが主になることがほとんどですよね。わたしも、そうでした。職場のひとか、学生時代の友人。しかしブログを始めてからは、出会ったひとを通じてまた新たな出会いにめぐりあえたり、と、どんどん交流の輪がひろがっている気がいたします。食べることそのものも勿論楽しんでおりますが、人とのつながりが生まれるのも、ブログの楽しみだなぁと感じます。
この日の川香苑も、初めて一緒に食事する方を交えて、おいしい四川料理とお喋りに満ちた楽しい時間を過ごしました♪今回、正式料理名を記録し忘れた!

◎よだれ鶏
a0105981_2393145.jpg


◎辣子鶏
a0105981_2395535.jpg


◎春巻
a0105981_23101486.jpg


◎沸騰魚
a0105981_23103893.jpg

辣椒たっぷりの油で煮込んであり、まずこの状態でテーブルに運ばれる。ぐつぐつ鳴るのが止んできたら、服務員さんが辣椒を取り除いてくれます。
a0105981_2313623.jpg

花椒がビリリと利いて、おいしい白身魚です。

◎わんたん
a0105981_2315116.jpg


◎炒飯(取り分け後)
a0105981_23153796.jpg


◎羊肉のクミン炒め
a0105981_23165844.jpg


好きな汁なし担担麺もいただく予定でしたが、今回は料理をいっぱいいただき、既にお腹いっぱい!
また行こ〜っと♪

東京都新宿区歌舞伎町1−16−12
蓬麻ビル2F
TEL&FAX (03)5272-2118

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
川香苑のあとに、寄ってみました♪こちらも相変わらずたくさんの人で賑わっていました!

膨大な料理数の厚いメニュー冊子の冒頭に、
17周年半額セール
のページが。すでに川香苑でずいぶん食べたあとだったこともあり、このページから2品を選択。

◎粉丝煲 挽き肉と春雨のうま煮鍋
a0105981_16395085.jpg

银丝卷(揚げパン)も付いてきました!
a0105981_16422395.jpg

前回はふかふかでおいしかったのですが、今回は中が固かった。スープをしっかりしみ込ませていただきました(笑)

◎椒塩豆腐
a0105981_1732127.jpg

塩・胡椒はかなりひかえめ。添えられていた辛味をきかせたみそ(いくつか混ぜている印象)を付けるとおいしい。

そして飲み物は、青島の「ニセモノ」と呼ばれていた燕京啤酒を飲みたい!と思って注文したら、無かった(涙)ので、「ホンモノ」に(笑)

ここの活気にふれるといつも楽しく元気になる。
また行こうっと♪

上海小吃のHP

東京都新宿区歌舞伎町1−3−10
TEL (03)3232-5909

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
「震災後しばらく休業していた川香苑が再開」ということで、久々の訪問。
店内は、カウンターも含め満席。依然衰えぬ人気です!

メニューを見てみると、基本メニューの冊子の他に、もう一冊メニューが。
a0105981_152069.jpg

「超新」!
おいしそうで興味深い料理がたくさんありましたが、その中から、
◎新派回鍋肉 皮付き豚バラ肉と揚げパンの新回鍋肉
a0105981_15164485.jpg

にんにくの芽や葱などと炒めた脂身甘ウマな豚バラと、カリカリの揚げパンを交互に口へ運ぶ。異なる食感が楽しい料理です。
他には、基本メニュー冊子からいろいろ。

◎爽口芹菜 セロリのさっぱり冷菜
a0105981_15403192.jpg


◎川香麻婆豆腐
a0105981_15411948.jpg


◎重慶辣子鶏 鶏肉と山椒の唐辛子炒め
a0105981_15424030.jpg


◎焼き餃子
a0105981_1544437.jpg


全体通じ、以前に比べてマイルドになったかな?という印象。
ですが、香ばしい四川辣椒や芳香ひろがる花椒などはふんわり引き立ち、おいしくいただきました♪
ご一緒させていただいたプレコさんkuishinbou33さんありがとうございました♪

東京都新宿区歌舞伎町1−16−12
蓬麻ビル2F
TEL&FAX (03)5272-2118

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
「新宿の”大陸的”中国料理店をめぐる会」!続いては、麻辣王豆腐へ。
実はここ、当日新宿に来るまでノーマークだった!
待ち合わせ時刻よりちょっと早めに着いたのでぶらりと歩いていたときに発見。

既に上海小吃でいろいろ食べたあとなのに、どうしてもその豆腐が気になってしかたがなかったので、いただいてきました!

◎麻辣王豆腐
a0105981_102213100.jpg

「麻婆豆腐」と呼ばないところに意志を感じます。
紅油多めでサラリとしています。豆板醤(か豆豉かなー)の豆の存在感があって、まろやかな旨味。花椒は、「麻」よりも「香」がひきたっていました。顔を近づけてその香りをしばし楽しんでいたいようないい香り(笑)おいしかった〜。
ランチに来て、この豆腐で白飯をもりもり食べてみたい!

満腹だったのにわがままをきいてくれたプレコさん、ありがとうございました!

東京都新宿区新宿3−21−2
ナナエビル3F
TEL&FAX (03)5269-6108

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
「新宿の”大陸的”中国料理店をめぐる会」!プレコさんと、ふとした会話から実現♪

待ち合わせして、実はまず川香苑へ行ってみたんです。(店名からのリンクは、前回訪問記事)
どうやら本震直後から閉店しているもよう。入り口にしばらく休業する旨の貼り紙がしてありました。
2号店も行ってみましたが、同様。

ということで、この会の2軒目に計画していた、上海小吃へ!

別館へ着席。着いたときはわたしたちだけだったのが、たちまち満席に。

メニューに載った料理数がたくさん!上海を中心に、四川や湖南料理もあります。

久しぶりの来店だったので、懐かしい料理を。他のテーブルでも注文するひとが多かった、今でも看板メニューらしい!

◎葱油蛤蜊
a0105981_0544972.jpg

貝ももちろんおいしい!
のですが、底に潜む甘辛いスープを、
◎銀絲巻(揚げパン)
a0105981_0593563.jpg

につけて食べるのが旨い!

◎お通しも来ます。
a0105981_101962.jpg


◎宮保鶏丁
a0105981_1118.jpg

歯ごたえのよい大粒ピーナッツがごろごろ惜しげ無く入っていておいしい!

◎上海炒面
a0105981_152797.jpg

甘めの醤油味が利いています!

料理をおいしく楽しませてもらっただけでなく、飲み物の注文でもオドロキが!
青島ビールを頼んだら、
「ホンモノとニセモノどっちがいい?」という問いが!
や、や、ホンモノが飲みたいけど、ニセモノってなにー?
a0105981_1254631.jpg

なんと、燕京ビールのことを指していた!
上海あたりでのシェアはわからないけれど、北京あたりではポピュラーなビール!
味もわりと好き。
日本での認知度は低いからね…いぇんじんぴぃじぅ、加油!

店内じゅうをくまなくまわり、魅惑のハイトーンボイスで活気みなぎる玲子さんからも元気をわけてもらえました!
ありがとう、また行きます♫

東京都新宿区歌舞伎町1−3−10
TEL (03)3232-5909

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
寒い日の夜だったのに何故かそのひんやりした空気が気持ち良くなって、新宿から歩きだす(笑)四谷三丁目の交差点にさしかかる少し手前でこちらを発見、吸い込まれるように入店〜。

メニューを見ると、安いメニューがとにかく豊富♪
・水餃3個¥100- 味は5種あり
・おつまみ15種¥260-
・小皿料理36種¥380-
・レギュラーメニューより10種くらい抜粋の、半額サービスメニュー

いっぱい頼みたいところですが、遅い時間で一人だったので、ふた品ほど。

◎口水鶏(よだれ鶏)¥580-
a0105981_2033527.jpg

紅油にスープが混ざった、さっぱり味。深皿でたっぷりと。

◎葱油餅(ねぎ塩パイ)¥380-
a0105981_2072096.jpg

星のようにきれいに並ぶ(笑)適度な粉量でふかふかしすぎず、いろんな料理とも相性良さそう。

駅近で席数も多めなので、数人ぱぱっと集まっていろいろつまみながらお喋りを楽しむのにいいかも。

店舗名にある「老字号」、中国では、政府商務部で設けられた条件をクリアした、老舗のうちの名店に与えられる称号。店頭に誇らしく「中華老字号」のプレートが掲げられています。ここのはもちろん中国のそれと無関係に、「昔からやっている店だよ〜」という表現として使っているのでしょうね(笑)

東京都新宿区四谷3−11−4
2F
TEL&FAX (03)3358-0628

高円寺・東高円寺・高田馬場にも店舗あり。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]