「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:中国:江戸川区( 3 )

中国「八大菜系」のなかの代表格、四川料理。
実はこの四川料理、エリアそれぞれに地方色豊か。
主な地域を挙げると、
☆成都
☆川北(広元・九寨沟など)
☆川南(峨嵋山・楽山・宜宾など)
☆重慶
といったところでしょうか。
厳密に言えば4つめの重慶は、1997年に四川省に属していた市から直轄市に昇格したので、四川料理のいち系統というより、「重慶料理」と称したほうがよいかもしれません。

重慶は古称を「巴」、簡称を「渝」といい、重慶料理を「巴渝風味菜」とも表します。
辣椒・花椒・豆豉・生姜・葱・蒜などによる「調味」、「湯(スープ)」作りや調理に使うことにこだわりがある点が特徴。

その重慶料理を!
小岩の閑静な住宅街の!
重慶出身の女老板・黄革さんが営む「珍々」で!
楽しめるのです!

食材の味をきちんと味わえつつもガツーンと辣味を利かせた料理を、額に噴き出す汗を拭いながら食べる!爽快ですよ〜♪

◎五香麻辣牛肉
a0105981_2232558.jpg


◎家郷鶏
a0105981_22322738.jpg


◎カワハギの辛味煮込みスープ(予約注文品)
a0105981_22325080.jpg


◎青菜豆腐湯
a0105981_22331593.jpg


四川家庭料理 珍々(ぜんぜん)
東京都江戸川区西小岩4−9−20
TEL 03-3671-8777

今やだいぶ認知度が高まった感のある四川料理。
これから省内各地に視点を向け、新しい味を見つけて紹介してゆけたらと思います。
奥深き四川料理の世界を楽しみましょう!

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
厚めでもっちり皮、ちょっと大きめの「焼餃子」!
「中国東北風味」です。
a0105981_22313211.jpg

餡は、ねぎとしょうががきいていて、たっぷり入っているのにさっぱりいただけます。
水餃子でも美味しさを発揮しそうなつくりです。
ランチタイムだったので、定食でいただきました。
a0105981_22361428.jpg

スープは酸辣湯、おかずはじゃがいも・ピーマン・人参のにんにく塩炒め。どちらも手抜きなくしっかりつくられています。
各テーブルの注文が落ち着くと、従業員みんなでせっせと餃子を包んでいました。いっっっぱい出るんでしょうねぇ、きっと。

独一処餃子のHP

東京都江戸川区中葛西3−33−19
TEL(03)3878-0319

行徳にも支店があります。
千葉県市川市湊新田1−15−1
TEL(047)357-2868
[PR]
小岩駅から北方に10数分歩いたところの、静かな住宅街にある「正宗川菜」店。重慶出身の黄革さんが、食べるペースに合わせて、ゆっくりひとつずつ丁寧に紹介しながら料理を出してくれました。「妥協しない本場どおりの四川料理を紹介していきたいの」とおっしゃった通り、麻辣のきいた味。キツいだけでなく、旨味や芳香をしっかり感じることができます。

a0105981_2254029.jpg

私の大好きな川菜、「水煮肉片」♪

東京都江戸川区西小岩4−9−20
TEL(03)3671-8777
MOBILE(090)8581-1665
[PR]