カテゴリ:イタリア( 22 )

前記事に続いてもう1軒ナポリピッツァ!
人形町界隈を散策中に発見。ところがその時は営業していなかったので、日を改めて再訪。

ピッツァは3種いただきました!

◎マルゲリータ
a0105981_2237523.jpg

おなじみ、トマトソース・モッツァレラ・バジリコのピッツァ。

◎ロマーナ
a0105981_22395584.jpg

こちらはトマトソース・モッツァレラ・アンチョビ・オリーブ・オレガノ。

◎タンブレッロ
a0105981_2242444.jpg

生地がおいしかったしトマトベース以外も食べたくなってしまったので、追加した1枚!
モッツァレラ・ミニトマト・サラミ・バジリコ・パルミジャーノ。

ピッツァが来るまでの料理もいろいろ惹かれる料理がメニューに並んでいたので、ふた品チョイス。

◎パスタ入りベシャメルコロッケ
a0105981_22501273.jpg

ブガティーニとベシャメルソースを混ぜて成型しひまわり油で揚げたもの。ナポリの伝統料理なのだそう。

◎背黒鰯のフリット
a0105981_22525591.jpg

身はふわり、皮・骨は香ばしい!

そしてドルチェには、
◎ティラミス
a0105981_2342845.jpg


ピッツァも料理も店内の雰囲気も、南イタリアを満喫いたしました♪
a0105981_2324320.jpg

店内装飾に多様されているコレ、これがtamburello(タンバリン)なのでした!

東京都中央区日本橋堀留町1−2−9
DIG DUG 1階
TEL (03)6661-6628

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
10年前、旅したナポリで食べて以来すっかりファンのナポリピッツァ。
店を見つけたり情報を教わっては足を運んでいます。
今回は、友人の紹介で、吉祥寺へ!

◎マリナーラ
a0105981_21312652.jpg

と、その奥に写る、

◎マルゲリータ
a0105981_21322331.jpg

をいただきました。

メニュー冊子に「pizzeria GG」的Pizza Napoletana(ナポリピッツァ)の解説が載っていたのでそのままご紹介いたします。これを知って食べたら、美味しさもふくらみ、堪能できます!

☆生地は、小麦粉・塩・水・酵母だけ。生地が軽くオイルを多用しないのでヘルシーです。
☆生地は、温度・湿度で管理方法が異なるため、職人は調整しながら作ります。
☆ナポリでは1枚4ユーロ!老若男女に親しまれる庶民の味です。
☆薪窯を使い、約450℃で1分。一気に焼き上げます。その食感はサクッフワッモチ!

他に、ピッツァを待つ間に、

◎ゼッポリーネ
a0105981_21452920.jpg

もいただきました。
海草を練り込んだナポリ特有のフライです。

他の都内のピッツェリアより安価でおいしいピッツァをいただけるので、近所だったらかなりの頻度で行ってしまいそうです!

東京都武蔵野市吉祥寺南町1−17−1
プレジールB1F
TEL (0422)26-5024

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
祝い事があって、肉づくしディナー♪
ずっと行ってみたかった、CARNEYA ANTICA OSTERIAへ。

◎土佐あか牛のカルネクルーダ
a0105981_20352625.jpg

皿の手前部分の粗挽きペッパーをちょこっとつけて食べます。

◎モツ・クッキング con 香菜(シャンツァイ)
a0105981_20375659.jpg

数種のモツ&野菜の上に、大好きな香菜がこんもり!

はじめのふた品もガッツリ食べごたえありましたが、次に迫力のメインを!

◎スーパーCARNEYAオールスターズ
a0105981_20481584.jpg

熟成牛を含めた5種の肉がズラリ!総量600g!
塩orマスタードをちょこっとだけ付けながら、それぞれの肉の味を満喫!
テーブルに置かれた時に、店のかたがひとつずつ肉の説明をしてくださいます。

肉づくしを堪能したあとは、ドルチェでさわやかにしめくくり♪

◎シチリア産ピスタチオのタルト
a0105981_20562751.jpg


◎ソルベ
a0105981_20565080.jpg


次は、ランチタイムにいただけるハンバーガーをぜひ食べに行ってみたい!

東京都新宿区南山伏町3−6
市ヶ谷NHビル1F
TEL (03)5228-3611

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
ピッツァが好きで、たまにすごく食べたくなるのですが、本場ナポリの街なかピッツェリアのように安い価格で気軽にピッツァだけをぱくぱくっといただいて帰れるような店がなかなか無かったのが難点でした。でもそんな願いがようやく叶いそうな店が東中野にありましたー♪
ピッツァの中心価格帯が、1,000台前半!たいていのイタリアンレストランでよく見るのは、1,000台後半〜2,000円台なので、とてもありがたい♪
しかもきちんとつくり焼いてくれる職人さんのピッツァをいただけます!
キリッ☆
a0105981_1711668.jpg

職人さんの写真を撮ろうと近くに行ったとき、ちょうど寝かせた生地をこね直しながら広げていき、
a0105981_17504.jpg

それを空中へ1回くるっとまわし上げたんです。ほー!と見とれて見上げ、カメラに収めなかったので、その瞬間に写真を撮ることに気持ちが集中してしまいつい「あー、もういっかい上げてくださーい」と言ってしまったんですよ。(落ち着いた状態では考えられませんがね…ハズカシイ;汗)そしたら職人さん、「そうしちゃうと生地の状態が変わっちゃうのでできないんですよ〜」と仰り、ご自身の工程を続けたんです。あぁそれはおいしいピッツァをつくるイチ工程であり、パフォーマンスではないのよねぇ!これでますますピッツァをいただくのが楽しみになりました!
生地に具材をのせ、窯のなかへ。
a0105981_17155873.jpg

ほどなくして、テーブルに待望のピッツァ登場〜!
まずは、

◎ロマーナ(モッツァレラチーズ・バジリコ・オレガノ・アンチョビ)
a0105981_17203510.jpg


◎マルゲリータ チーズをブッファラ(水牛モッツァレラ)に変更
a0105981_17215342.jpg


◎アメリカーナ(モッツァレラ・フライドポテト・バジリコ・ウインナー)
a0105981_172320100.jpg

異色の組み合わせがおもしろい!

◎ビスマルク(モッツァレラ・バジリコ・半熟玉子・自家製ソーセージ・マッシュルーム)
a0105981_17254410.jpg


ふかふかし過ぎず程よいもっちり感が楽しめる生地と、さまざまな具材の組み合わせがうまく一体化していて、おいしいピッツァたちでした♪

ピッツァが来るまでの間は、
◎アフェタートミスト(ハム&サラミの盛り合わせ)
a0105981_17282664.jpg

や、
◎アランチーニ(ライスコロッケ)
◎フリッタティーナ(ミートソース・グラタンのコロッケ)
a0105981_17305271.jpg

をおつまみに、ワイン♪そのあとピッツァを食べる間も飲んでいましたよ!

お腹いっぱい、ピッツァ堪能できました!
お誘いいただいたこうめさん、ご一緒した東京ホルモンズのおふたり、油谷亮子さん、ありがとうございました!

東京都中野区東中野3−8−3
フェニックスビル
TEL (03)6426-0309
FAX (03)5348-7751

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
時々、ムショーにピッツァが食べたくなるときがやってきます。
イタリアン、という広いカテゴリーでなく、ピッツァに集中して向き合いサッといただきたい。昔旅先のナポリで寄った街のピッツェリアのように!
ということで、こちらマッジでピッツァいただきました〜♪
店入り口正面でまずピッツァの焼き釜が迎えてくれるだけあり、ピッツァのメニューが豊富です。
定番も揃うし、これまで見たことが無い、新しい具材の組み合わせもいろいろあります。
どれも興味深く、絞り込むのに悩みましたが、4種の味をいただきました!
こちらでは、1枚の生地に半分ずつ2種の味で焼く注文が可能なので、少人数で行ってもいろいろな味を楽しめるのが、ありがたいです!
今回いただいたのは、

◎マルゲリータ・ブファラ〈トマトソース、水牛モッツァレラ、バジル〉
◎シチリアーナ〈トマトソース、イワシマリネ、ケッパー、オリーヴ〉
◎房総産青唐辛子と自家製サルシッチャの辛いピッツァ
◎とうもろこしと自家製リコッタチーズ、ピリ辛サラミのピッツァ

写真…きちんと撮れなかったので(涙)、お店のHPのきれいな写真をぜひご覧くださいませ。(HPの文字からリンク)
赤みが強く見づらいのですが、半分ずつ焼いたイメージとして1枚だけ載せます。
a0105981_10435856.jpg

(手前がシチリアーナ、奥がとうもろこし・リコッタチーズ・サラミのピッツァ)
食材ひとつひとつの存在感がハッキリしていて、おいしかったです。特に房総産青唐辛子。辛味も食感もシャキッとしていたのを、訪問日から少し経った今でも鮮明に思い出されます。

東京都渋谷区恵比寿4−23−9
恵比寿ブルーメ2F
TEL (03)6450-3461

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
入り口の扉を開けたら、スタッフの皆さんの爽やかな笑顔と、ショーケースに並んだ色彩豊かでおいしそ〜うなアンティパストが眩しい♪
そして席は、奥行きある空間のなかに結構数がありそうですが、配置や間隔にゆとりがあり、仕切られていないのに各テーブルの個空間が保たれて、心地よかったです。
メニューが、グランドメニューもあるのですが「本日のおすすめ料理」が充実していて、料理が書かれた黒板を持って、料理のステップごとに丁寧に説明してくれます。黒板表記がイタリア語のみ(!)なため、しっかり集中して聴く!
いっぱい興味深い料理がありましたが、今回は夫の誕生日祝いで行ったのでチョイスはすべて委任。ワインのチョイスも任せた。まぁ今回に限らず、イタリア料理のときはたいてい任せ、中華のときはワタシが主導権を握っている(かな;笑)

Gli Antipasti 〜前菜〜

◎ANTIPASTO MISTO DELLA CASA
前菜盛り合わせ
a0105981_8453183.jpg


◎FIORI DI ZUCCHINI FRITTI
花ズッキーニのフリットなど、フリット盛り合わせ
(ブロッコリー・アーティチョーク・ミニアランチーニ)
a0105981_8475038.jpg


I Primi Piatti 〜プリモピアット〜

◎STROZZAPRETI CON SALSICCA(下の写真:左)
サルシッチャソースのストロッツァプレーティ
ストロッツァプレーティは、ねじり型のショート生パスタです。
と、
◎TONNARELLI AL CACIO E PEPE(下の写真:右)
トンナレッリ ぺコリーノチーズと黒胡椒ソース
トンナレッリは、太めな縮れパスタです。この料理はローマの家庭料理なのだそうです。
この2品をまずひとつずつテーブルに持って来て見せてくださり、それからそれぞれソースを混ぜ合わせてパスタに絡めたのち、一人分ずつ分けて盛付けてくださいました。
a0105981_8563685.jpg

もっちりパスタはもちろん、パンと一緒にソースも堪能♪パンやフォカッチャもおいしかったです。
a0105981_9352896.jpg


このあとメインの肉or魚料理をいただこうと、メニューの説明をしていただいたのですが、さてどれにしようかと思案中に、なんだかお腹いっぱいに(残念〜)

というわけで、ドルチェに。(食べてる;笑)
なかなかお目にかかれないカンノーロと、
a0105981_965872.jpg

ティラミスを、エスプレッソとともに。

また、他のおいしそうな料理や今回到達できなかったメインをいただきにぜひ来てみたいです。

TRATTORIA DELLA Lanterna Magica
トラットリア デッラ ランテルナ マジカ のHP
この店の近くに姉妹店もあるようで、そこも良さそう♪

東京都品川区上大崎2−9−26
T&H Memory
TEL (03)6408-1488

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
5、6年ぶりでしょうか!久々の再訪でした!
シェフのたまさんは変わらずお元気!席はやはりここを愛する常連さんたちで満席&大賑わい。
たまさんや隣に座ったミセスたちと、お互い頼んだワインや料理を見せ合ってお喋りしながら、楽しい時間を過ごしました♪

◎前菜もりあわせ
きぬがわなすとトマトのカポナータ
いかとトマトと黒オリーブのアンチョビソース
ムール貝のつめもの オーブン焼き シチリア風
a0105981_2040582.jpg


◎生ハムとグリーンオリーブ
a0105981_20404299.jpg


◎山梨の桃とルッコラのサラダ
a0105981_20411449.jpg


◎京都のはものフリット カレー風味
a0105981_20414367.jpg


◎手づくりソーセージのグリエ
a0105981_20425742.jpg


◎きのこのペペロンチーノ
a0105981_20433726.jpg


料理をいっぱいいただいたあと、さてドルチェと食後酒を、と注文したところで、まもなく次の予約の時間で、そのひとは隣接のバースペースで待機中とのこと。ということで、次のお客さんと席を交替することに。ドルチェと食後酒はそちらに運んでもらって、ちゃんといただきました(笑)

このバースペースがすごい!
たまさんの旦那様の自作オーディオ空間!
店名もレストランと別にちゃんとついており、
深川音更(おとふけ)
といいます。
防音壁も、年代物のスピーカーの音を再びならすのも、レコードを並べる棚も、すべて年月をかけて自分で製作したのだそう。ロールスクリーンもあって、映画を観ることもできる!すてきすぎる空間!まさに隠れ家。

先ずは、レストランで注文した2品
◎黒いちじくのジェラート
◎ナポリ湾に浮かぶプロチータ島のレモンで作った自家製レモンチェロ
をいただきました。
とても残念なことに、移動してきた時点でカメラ電池切れ(涙)
食べながら部屋中を見回すと、陳列してあるものや飾ってあるもの、貼ってあるものがひとつひとつどれも面白く興味深い。骨董店で宝探しをしているみたい。

なんでもどっぷりはまっちゃうもんでね〜
と語るご主人。このすてきな空間を作ることだけでなく、コーヒーと紅茶の豆や茶葉の選定やいれかたや器もかなりこだわりがあるそう。で、種類を訊いて気になった豆でコーヒーを1杯と、普段あまりじっくり飲まない紅茶を2種、いただきました!何かしながらのとりあえずの一杯ではなく、おいしい一杯を飲むために集中していれて、いい音を聴きながらじっくり飲む。贅沢です〜♪
あこがれの空間です。ワタシもこんなマイ空間がほしい!
ショップカードには、オーディオシステムの構成が細かく記されています。オーディオ好きにたまらない空間かも♪
来月飲み頃を迎えるコーヒー豆があるそうなので、また行こうと思います!

(たまキャアノ&音更どちらも)
東京都江東区深川2−18−12
レストランTEL (03)3641-1542

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
ひと月半おきに替わる10皿の料理
Corso di 10 Piatti
とビオワインを楽しめる店!
ワインは、ボトルやグラスでもオーダーできますが、予め料理に合うものを選んでおいた「PROPOSTA」
で楽しむこともできます。(9種・7種・5種)ワタシはPROPOSTA5種で。

◎Inizio
豚肉のテリーヌ
a0105981_2254750.jpg

唐辛子&カボチャの種から抽出したオイルのソースと。
Proposta〜Villa Franciacorta 2005
黄桃の香り

◎Insalata
イワシとウイキョウのインサラータ
a0105981_2258108.jpg

オレンジの皮がアクセント。
Proposta〜Matteo Correggia Roero Arneis 2009
野草の香り ライムのような苦味の後味

◎Vapore
3種の魚介のヴァポーレ
a0105981_22592810.jpg

タコ・真鯛・はまぐりの蒸し物

◎Risotto
イカの墨煮とほうれん草のリゾット
a0105981_231171.jpg

Proposta〜Dario Princicci Bianco

◎Zuppa
カブのブロデット
(写真撮り忘れた;;涙)
タイムの香り漂う魚だしのスープ

◎Pesce
白身魚のアクアパッツァ
a0105981_23354100.jpg

スズキ。アサリ・ブラックオリーブとともに。
Proposta〜La Biancara Sassaia 2009 & Pico 2007

◎Pasta Fresca
タリアテッレ アニス風味のスーゴのソース
a0105981_2354099.jpg

牛肉の旨味を凝縮したソース
紫キャベツの酢漬けとともに
Proposta〜Brezza Barbera di Monferrato 2003
バルベーラ種特有のカシス香&味は、ひかえめ

◎Pietanza
牛もも肉のインパナータ
a0105981_2374757.jpg

パン粉を付けて焼いた料理
バルサミコ&赤玉ねぎ酢漬けのソース

◎Spaghetti
スパゲティ ポモドーロ お好みの量で
a0105981_2394898.jpg

20g〜10g単位で増量可。
写真の量は30g。

◎Dolce
ドルチ ミスティ
a0105981_23121923.jpg

・アイス エスプレッソのグラニテかけ
・チョコレートケーキ
・パンナコッタ

アクアパッツァ、スーゴソース、ポモドーロなど、シンプルなようで味わい深いソースが印象的でした。

この10皿コース、ヴァポーレ・アクアパッツァ・スパゲティポモドーロは常にコースに含まれる料理だそう。(アクアパッツァに用いる魚は時期によって変わる)
幅広く楽しめて、いいですね♪

東京都渋谷区宇田川町36−6
ワールド宇田川ビル2階
TEL (03)3462-2277
HPから空席検索&予約可
[PR]
豊洲は現在オフィスビル急増中。その中のひとつ「豊洲フロント」にオープンしたトラットリア。
房総(=Bosso)の豊かな食材を使ったイタリアン。
・本日の鮮魚のカルパッチョ
この日は、銚子産真鯛。
a0105981_2135457.jpg


・駒形さんの手作りチーズ盛り合わせ
大原在住の駒形さんが、毎朝搾りたてのミルクと塩のみで作るチーズ。
やわらかな酸味と甘みで、この日飲んだオーストラリアのシラーズと良く合いました!
a0105981_21385880.jpg


・ポテトのフリット ローズマリー風味
a0105981_21393288.jpg


・Pizza アラーキデ
八街産ゆで落花生、ベーコン、大多喜産ルッコラ、モッツァレラチーズ
落花生の食感と甘みの存在感大☆
a0105981_21431053.jpg


・銚子産秋刀魚のスモーク、アサリ、ドライトマトのスパゲティ
a0105981_21442091.jpg


時季をかえるたびに房総のいろいろな食材が楽しめそう!

Trattoria Bosso
東京都江東区豊洲3−2−20
豊洲フロント1F
TEL (03)6204-2190 
FAX (03)6204-2191
[PR]
錦糸町のイタリアン&洋食の店。
高校時代の友人(+3歳の元気いっぱいのかわいい男の子!)との久々の集合でランチ利用しました。

ランチメニューを見ると、意外な「ドライカレー」の文字。文字が目に留まった流れに従いそのままドライカレーに決定(笑)
a0105981_19482820.jpg

オレガノやトマトソースを使っているようで、かなりさっぱりした口当たりのカレー。ボロネーゼに近いかも。みんながチョイスしたパスタもさっぱりしてる、といっていたので、こちらのメニュー全般の傾向なのかもしれません。

こちらのお店、同じく錦糸町の楽天地ビルにあるTomtomと姉妹店だそう。…で、「Tomtomとドライカレー」って、なーんかずっと前に何かで見たか聴いたかしたような…と記憶を辿っていたら、以前銀座の某人気レストランのシェフが、好きなものとしてどこかで挙げていたのを思い出しました。これのことだったのかな。



食べ歩きポータルに登録してみました☆
1クリックで盛り上げていただけると嬉しいです!
よろしくお願いいたします。

[PR]