「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:中国:横浜市( 17 )

横浜中華街の関帝廟で春節の到来を過ごした翌朝は、中華粥♪
謝甜記 貳号店へ行きました!

◎皮蛋痩肉粥 ピータン豚スネ肉かゆ
a0105981_14153234.jpg

乾燥牡蛎・乾燥貝柱・鳥一羽・岩塩からなるダシは、コクがあって旨ーい!
お粥そのものも楽しめますが、奥に写る油条をお粥にさらっと浸して食べるとこれがまた旨ーい!

HPのメニューページ末尾に、
「粥有十利」
というものが書いてありました。
「お粥がもたらす10の良いこと」
といった感じでしょうか。ビジネス系や自己啓発系書籍の題名みたいになってしまった(笑)
10項目をそのまま引用してシェアいたします♪

1「色」顔色、肌ツヤを良くする
2「力」体力をつける
3「寿」寿命をのばす
4「楽」胃にやさしく身体が楽になる
5「詩清弁」頭の働きが良くなって、弁舌も流暢になる
6「宿便を除く」胸につかえない
7「風除」風邪をひかない
8「渇消」のどの渇きを癒す
9「飢消す」空腹を癒す
10「大小便調適」大小便の通じが良くなる

次は「粥有十利」を意識して、味わいとともにそれらの効能を感じながらいただいてみようと思います。

神奈川県横浜市中区山下町188−16番地
李ビル1F
(中華街 上海路)
TEL&FAX (045)664-4305
※7月1日予定で店舗移転するようです。移転場所は現店舗から徒歩10秒ほど。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
2012年の春節(旧正月)は、横浜中華街で過ごしました!
大晦日の夜は菜香 新館で点心三昧でした!
新春の到来を祝い、迎える新しい年の健康や安寧を願い、おいしい点心をいただきました。

まずは、中国の春節を代表する食べもの、餃子を2種♪

◎鮮蝦蒸粉果 五目蒸しぎょうざ
a0105981_9561575.jpg

蝦・豚肉・野菜がパンパンに詰まっています。

◎広東煎餃子 広東風焼きぎょうざ
a0105981_9582727.jpg

普段よくいただくもっちりした皮と異なり、広東点心の蒸し餃子同様の透き通ったプリプリの薄皮を使っています。焼き面がカリッとして、蒸したときとまた違ったおいしさ!

餃子は、中国北部あたり、水餃子を主に、大晦日に皆で作り0時までに包み終えて食べる習慣があります。この習慣は、旧年と新年が「交わる」(「交」と餃子の「餃」が同じ「jiao」という発音 ※四声は異なります)ことから新年最初にいただくようになった、という説や、家族や親しいひとたちと「交わり」ながら団欒するという説など、いくつかあるようです。
今回の餃子は、「水」でなくちょっと趣向を替えて選択してみました♪

他にもいろいろいただきました!

◎甘香化焼肉 皮つき豚バラ肉の塩あぶり焼き
a0105981_10302883.jpg

サクッ&パリッとした皮がおいしい!

◎腊味蘿白糕 大根もち
a0105981_1039890.jpg

お店でこの時期に配布していたリーフレットによると、「腊味」というのは香り高い酒と塩に漬け込んだ干し肉のこと。「腊」の字が旧暦の12月を表す意味があり、広東料理で干し肉を総称して「腊味」と呼ぶことから、広東地方の春節に欠かせない料理なのだそうです。
この「腊味」が、大根もちの具に使われています!
噛むと、じわじわ濃厚な旨味があらわれます。
大根は、冬季限定で地元神奈川の三浦大根を使っているそうです。

◎威化明蝦巻 元祖 エビのウエハース巻き揚げ
a0105981_10521273.jpg

a0105981_1101220.jpg

人気No.1のオリジナル点心だそう。「元祖」と付けたのは、点心を提供する他のレストランも出し始めてきたのでしょうか。これに付ける用に運ばれたマヨネーズが、酸味控えめ・ふわっと卵味がひろがる軽い食感でなかなかおいしかったです。

◎蜜汁叉焼飯 香港風チャーシューご飯
a0105981_1114425.jpg

甘みと香ばしさがひきたつ濃厚叉焼が旨い。これだけたくさん食べたあとですが、ごはんがすすんでしまいます!

a0105981_11225410.jpg


店をあとにし、しばし時間をおいたのち、新年カウントダウンを唱えに関帝廟へ!
中華街全体は特に店舗営業時間を延長することもなく人通りが少なめだったので、結構静かに終わってしまうのかなぁと思いながら歩いていったら、関帝廟にはたくさんの人が集まっていました!
a0105981_1192714.jpg

数分前から細かめにマイクでアナウンスが入り、10秒前から一斉にみんなでカウントダウン!
0時を迎えた瞬間から、あちこちで祝いの爆竹が鳴りわたりました!
同時に関帝廟も開門し、順に長い線香の束を購入して、神々へご挨拶。旧年への感謝と新年への願い!
ますますハオチでハッピーな日々を送れますように!
2013年も中華な幕開けができるかな〜^^

神奈川県横浜市中区山下町192
(中華街 上海路)
TEL (045)664-3155

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
昨年末、大好きな羊肉の食べ納めに選んだのは、「羊肉菜的天堂」京味居!
前回行った時に発見した羊肉料理のオンパレードのなかからの選択も、しぼりきれないくらい興味深いものばかりなのですが、今回は、シンプルに羊肉を味わい楽しめる「涮羊肉(羊肉のしゃぶしゃぶ)」をいただくことに。涮羊肉は、要予約メニューです。前もって電話でオーダーしておきましょう♪ちなみに電話をかけると老板であり厨師である劉さんが中国語ででますが、日本語もOKなのでご安心を。

店に着いて席へ向かうと、具材がズラリ!
a0105981_20221913.jpg

a0105981_2023554.jpg

a0105981_20253848.jpg

羊肉は、なかなかたっぷり盛られた皿がひとつ来て、これが全員分だと思ってテーブルの中央に置きかえようとしたら、もうひとつ、さらにもうひとつと次々持ってくる!なんとひと皿ひとり分だったのです!凄いボリュームだ!これだけたっぷり堪能できたら、まさしく2011年の羊肉食べ納めにふさわしい(わーい!)
a0105981_2042320.jpg

鍋にささっと具材を通し、たれをつけていただきます。
基本のたれは、芝麻醤ベースのクリーミーでマイルド、ほんのり酸味も利いたたれ。
a0105981_20564923.jpg

そこに、アレンジ用の食材を自由に加えて。
(左奥:葱 左前:香菜 中央:自家製辣油 右奥:韮 右前:腐乳)
a0105981_2111308.jpg


わいわい楽しくたっぷりじっくり涮羊肉をいただき、だんだん具材が空になりつつある頃に、もうひとつの要予約メニューである、羊肉水餃が登場♪
a0105981_21454877.jpg

羊独特の香りや旨味がぐぐっと詰まった肉餡、そしてもっちりした皮がいいですね〜^^

あらためてココの魅力を確認できました。
ほんと楽しい羊肉ワールド!
次は、羊肉料理をいろいろ食べてみることにしよう!
今回ご一緒したkimimatsuさん、たけまるさん、C子さん、ありがとうございました^^

神奈川県横浜市中区長者町9−170
TEL (045)261-8946

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
昨年11月終わり頃、
Tokyo Cosmetic Collection 2011 AUTUMN/WINTER
に行くため横浜へ。
会場に入る前にランチを、ということで向かったのは、ランドマークタワー内の、
台湾家庭小皿 阿里山城
店舗奥のカウンター席に着席したのですが、広くて眺望のよいガラス窓・幅広でゆったり置けるテーブル・ゆとりある席間で、寛げます。

ランチは、いろいろなセットメニューがあり、麺・飯・点心などの組み合わせが様々で、なかなか絞り込めませんでした(笑)店名には「台湾」とありますが、馴染みある中華料理のメニューが並びます。
結果選んだのは、やきそば(醤油味)をメインにしたセット。
a0105981_2023653.jpg

スープ・点心2品・デザートという、なかなか充実の内容。
あとでこの写真を見た時「あれ、春巻の隣に目玉焼きあったっけ?」と見間違えてしまいました!(おわかりですよね、春巻に使うからしです)
a0105981_20282232.jpg

麺は部分的にカリッとしていて、具沢山の餡とよく合っていました♪

隣接するランドマーク「プラザ」のレストランエリアは結構利用客や人の往来が多いのですが、こちらランドマーク「タワー」のほうは、わりと静か。混雑を避けゆったり寛ぎたいときに、いいかも!
イベントへ連れて行ってくれてここのランチも探してくださったkimimatsuさん、ありがとうございました!
このあととっても楽しめたイベントも、別途改めて書く予定です^^

横浜市西区みなとみらい2−2−1
ランドマークタワー5F
TEL (045)228-9008

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
いつも木場店を愛用している、陳建一麻婆豆腐店。他の支店は初訪問!
メニュー冊子を開いてびっくり。店によって違うのですね。うっかり冊子にも触れず「Aをアンニンなしのセットでお願いします♪」と言ってしまうところでした(笑)こちらでの麻婆豆腐セットは、
◎陳麻婆御膳
といいます。木場店のような辛さ別のA・B・C種別は無く、「辛くすることもできます」というスタンス。麻婆豆腐のほかに、ライス・搾菜・スープが付き、ライスとスープがお替わり自由なのは一緒。
a0105981_053821.jpg

味も違いがでるものですね〜
豆板醤少なめで紅油率高めな、サラサラッとした麻婆豆腐。
辛味プラスで注文しましたが、木場店の最辛(A:正宗麻婆豆腐)より控えめな印象。
ガチガチな統一マニュアルまでは要らないとは思うけれど、時々全店のシェフが集まって情報交換などを含めながらある程度の指標みたいなものは設けてもよいのかもしれませんね〜。
好きな店なのでがんばってほしいです。加油〜!

神奈川県横浜市西区みなとみらい2−2−1
ランドマークプラザ 1F
TEL (045)222-5111

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
たくさん横浜を歩いた夜は、羊肉串をぱくぱく食べて疲労解消!
a0105981_1044868.jpg

既にスパイスがかかっていますが、別皿のスパイスをさらにプラス!
a0105981_10452636.jpg

ふたりで10串いただきました♪
焼きたてで、脂身がじゅくじゅくと甘みを湛えた状態が理想なので、5本×2回の注文で!
一緒にいただくお酒は、百歳酒!たくさんの薬草をつかった韓国のお酒。韓国料理店だけでなく、中国東北料理の店でも置いているところが増えてきているかな。中国東北料理ともなかなか合うし、あとに残らずスッキリ飲めるのがいいですね〜。
ほかに、
◎玉米河虾 川海老とコーンの炒め
a0105981_10594193.jpg

◎冷面 冷麺
a0105981_110565.jpg

をいただきました!

横浜へは、まだ観きれていないヨコハマトリエンナーレへ、会期中のうちにあと数回行く予定なので、また寄っちゃうかもしれません!

神奈川県横浜市中区末広町2−5−1 2F
TEL&FAX (045)241-3889

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
先月下旬、ヨコハマトリエンナーレ2011を観る前に、まず中華街へ!
ここ金陵の店頭にぶら下がる家鴨や叉焼は、関帝廟通りを歩く度にいつもとってもおいしそうで目を引き、気になる存在でした。購入してみたいけれどまだまだ散策はこれからだし、最後に寄ろうか、と思うと既に何もぶら下がっておらず売り切れの様子。ずっとすれ違っておりましたが、このたびようやくいただけました♪

◎叉焼飯
a0105981_1111692.jpg

香港や広東の料理でよく見る、周りが紅色で蜜汁コーティングされ、彩色鮮やかに照り映えた甘め濃厚でやわらか〜な叉焼!しかもびっしりたっぷり並ぶ!これまでずっと店頭のガラス越しに眺め続けた、輝かしいぶら下がり叉焼塊は、カットされて碗の白飯の上に並んでもなおその魅力を発揮し続けてくれたのでした。香りや食感、味が鮮やかに思い出され、写真を見ながら、白飯を食べることができそう(笑)

家鴨や皮付き豚、モツ肉もおいしそうでした!また寄ってみたいです。

神奈川県横浜市山下町132
TEL (045)681-2967

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
美しい!
蒸籠のなかで宝石の如く輝く点心も、
a0105981_9504316.jpg

ただ華美なだけでなく細部まで手の行き届いた清潔感溢れる空間も。
やさしい口当たりながら味わいしっかりで余韻まで楽しめるおいしい点心を気持ちよ〜くいただいてまいりました!
↑の海老蒸し餃子のほか、
◎しめじシュウマイ
a0105981_9585842.jpg

◎豚足蒸し
a0105981_9593276.jpg

◎海鮮粥
a0105981_9595363.jpg

◎チャーシュウ・葱の合わせそば
a0105981_1004492.jpg

◎焼き大根餅
(カメラ電池切れで撮れず;涙)

メニューは、店名『點心舗』とおり、豊富な点心のほかに、広東料理も豊富に揃っていました。
また来てみようかな〜。本店『萬珍樓』の広東名菜にも興味が湧いてきた♪

神奈川県横浜市中区山下町156番地
TEL (045)664-4004
FAX (045)651-7032
クーポンもある、萬珍樓點心舗のHP

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
日ノ出町できみまつさんとひつじをめいっぱい食べる夜!
続いては、

<その2>京味居

実は、元々今回はこちらの店を訪ねるのが目的。ところが、土日19:30〜営業という珍しい開店時刻(笑)!というわけで、延明がプランに加わった次第。
店頭の外壁に、それはとても巨大な文字で
「羊 肉 串」
と書いてあったことから、これはここのイチ推しメニューなんだね、とは感じていた。
(しかしこの時点では、「とは感じていた」けれど、これ以外はよくある家庭料理がいくつか、なのかな〜くらいにしか思っておらず、その3文字を巨大にしている意味を汲み取っていなかった)
これを食べるために来たので、迷わず注文。
a0105981_1362164.jpg

あとは、とっても積極的に絡んでくるお話し好きの厨師さん(入店時も、外観写真を撮ろうとしていたら、「何人?今入れるよ〜どうぞ〜」とお迎えの開扉;笑)がオススメしてくれた、
羊舌(!)と、
a0105981_13104453.jpg

芫爆羊肉(香菜と羊肉の炒め)
a0105981_13115239.jpg

をいただくことに。
羊のタンは、初めて!しゃきっとした歯ごたえある食感。噛んでいくと旨味がじわっと現れます。こちらのスパイスは2種盛り。
a0105981_14121877.jpg

炒め料理は、香菜と長葱がたっぷり入った、爽やかな塩味の一品。どれもおいしかった!

注文を終えてこれらの料理が来るまでの間、「ほかにどんな料理があるのかな〜」とメニュー冊子をゆっくり見直しているうちに…この店がスゴい店であることにようやく気づく!
一見、よくある家庭料理名が連ねてあるのですが、中国名の横に並記してある括弧内の日本語訳名をよーく見ると、どれも(羊肉の〜)(〜と羊肉の…)と書いてあるのだ!「featuring 羊」のオンパレードにびっくり!例えば
・魚香肉絲
・宮爆肉丁
・水煮肉片
・木須肉
はたまた、
・麻婆豆腐
までも!
ここは豊富な羊料理がズラリ揃った店だったのです!

劉厨師の熱き語りは、羊料理・店への想いへ。
北京や華北地方では漢族に次いで回族(イスラム族)が多く生活していることもあり羊肉をよく食べる習慣があるのだけれど、実際知られているのは「涮羊肉(羊肉のしゃぶしゃぶ)」くらい。もっと現地ではいろ〜んな食べ方をしているんだよ、ということを正しく伝えようと思っているんだ。大陸羊肉料理の一番店であるよう、自信を持って提供しているよ!

「羊料理専門店」のような表現はしないけれど、巨大な「羊肉串」の看板に想いを乗せた、ということだったのかな。
こういう想いに触れられると、とっても嬉しい気持ちになります♪
加油!
羊が恋しくなったら、また行こうと思います!
ご一緒したきみまつさん、すてきな店を教えてくれて謝謝〜♪

口直しに各テーブルにグラスいっぱいに入れてある飴も、おいしかった♪
a0105981_14133686.jpg

北京出身の劉厨師さんが故郷へ帰ったときに、量り売りで大量に購入してくるのだそう。
これもなかなかおいしかったので、次の北京旅行のお土産に決まり、です(笑)

神奈川県横浜市中区長者町9−170
TEL (045)261-8946

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
日ノ出町でひつじをめいっぱい食べる夜!きみまつさんと、羊肉いっぱいいただきました♪

<その1>羊肉串&中国東北料理 延明

久々の再訪♪階段を昇り扉を開けるなり、
「诶,你好小姐,几位?」の掛け声。やっぱり相変わらず、店のなかは、中国だ(笑)
ずっと恋しかった羊肉串!をはじめ、
a0105981_11164338.jpg

「本月特別サービス」メニュー(半額!)の、
牛肉串(1串¥50-!)と、
a0105981_11175226.jpg

鶏砂肝を(¥60-)!
a0105981_11183277.jpg

a0105981_11195580.jpg

羊肉串も、定価で、といったって、1串¥100-!安い!
予め辣椒粉や胡麻がかかっていますが、さらに好みでスパイスをつけることができます。このスパイスは、使い切ってしまったらお替わりもできます!
赤身肉もおいしいのですが、脂身の濃厚な甘みが大好き!この部分の濃厚さを臭いと嫌うひとが多いことから脂身を切り落として料理に使う店が少なくないようですが、大陸同様しっかりついたままなのがなんともうれしい♪

そして、扉に貼ってあった写真に惚れた、
大羊肉餡蒸餃子
も注文!
a0105981_11263067.jpg

餃子の大きさに、驚愕!注文時、メニュー名の頭にある「大」の字を見逃していた(笑)
羊肉の餡とスープがたっぷり!食べ応え&飲み応えある餃子です!紅油に辣椒粉をたっぶり混ぜ込んだ辣油をつけていただきます。

「野菜料理も頼もう」ということで、定番家常菜の
地三鮮(じゃがいも・なす・ピーマンの炒め物)
a0105981_11301384.jpg

もいただきました!甘め醤油味が素揚げ野菜に絡んで、おいしい〜。

他にもいろいろ興味深い料理がいっぱいありましたが、今回はここまでで「埋単!」。大餃子でやや膨れ気味の胃袋をお喋りと徒歩でならしつつ、次の目的地へ(笑)

神奈川県横浜市中区末広町2−5−1 2F
TEL(045)241-3889
なんと24時間営業に変わっていました!
横浜で遊んで終電を逃したら、ぜひこちらへ☆

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]