「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

前記の豆花つながりで。
ここ、成都神仙豆花庄が、初めて「豆花」というものをいただいた店です。
台北の豆花は、甜品(スイーツ)でしたが、こちらは違って、豆腐菜(料理)として、辣椒醤を付けて”ちゅるっ”といただきます。
固形になりたてのふるふるの状態でテーブルにやってきます。
あったかくて、はふはふ云いながら、夢中で食べていました!
もともとこの店はもとより「豆花」の存在を知らなかったのですが、その時上海行きの航空券を購入したカウンターの人と話が弾んで、教えてもらいました。
隠れた「四川名菜」ですね。

地震後も、無事に営まれていますように。
[PR]
寧夏夜市の北端にある、豆花店。
つるつる&なめらかな豆腐はもちろん、トッピングも豆類や芋の甘煮などで、とってもヘルシー!夜遅くまで営業しているのですが、遅い時間でも気軽に安心して(!)行けちゃいます。

店運営ではありませんが、美味しそうな写真が載っています♪
[PR]
つくばを中心に周辺にて6店舗をもつ、家常菜店、百香亭
今回訪ねたのが守谷店だったのですが、幹線道路沿いに構える大きい店舗だったため、入るまでにちょっとためらいました;。が、入ってみたら、中国人による素朴な家常菜メニューがずらっと揃っていました。

客家茄子
a0105981_21242856.jpg


五香排骨
a0105981_21254172.jpg


海鮮伊府炒麺
a0105981_21264533.jpg


ひと皿ずつが、ボリュームたっぷり!
大勢で、わいわいいろんなメニューを楽しみたいですね。
つくばの本店も行ってみたいです。
[PR]
先月の、スリランカフェスティバルに行ったとき、茨城県常総市の店がいくつか出店していたことから、「常総市って、おもしろそう♪」と期待を寄せており、友人を誘って行ってみました。常総市(そのうち旧水海道エリア)は、工場勤務の外国人人口が多いそうで、ブラジルからの人が特に多いようです。今回は行けませんでしたが、ブラジル食材スーパーなどもあるそうです。

そして、訪ねた店は、India SriLanka Restaurant 294。
a0105981_194775.jpg

店名の数字は、どんな意味かと思ったら、国道294号沿いにある、という意味でした。

チキンコットロティ
a0105981_113122.jpg

代々木で食べたものよりも大ぶりのカットで、歯ごたえも味わいもしっかり堪能できました。

チキンカリー&エッグロティ
a0105981_1105144.jpg

a0105981_1113967.jpg

スパイスのきき具合は穏やかで、すっきりした味わい。
ほんのり塩気のきいたロティは、それだけで食べても美味。

ワタラッパン
a0105981_1141323.jpg

ココナッツミルクと、ヤシの花蜜(キトルハニー)を使ったプリン。
甘さ、濃厚〜!スパイスのしっかりきいたチャイと相性良し。
a0105981_1151574.jpg

行った時間がランチのピークをとうに過ぎていたため、店内の客は、私たちだけ。全てを出し終えたら、店員がみんな着替えて外へ出て行ってしまったので、「ん?どうしたんだ?」と思い窓の外を見たら、敷地の隙間を活用した「ミニ畑」で、唐辛子の収穫をしていました!
a0105981_1161726.jpg

[PR]
西葛西駅の南方すぐの、「新田住宅」内の公園で開催された、
”印流秋祭り”!
此の地、西葛西に店を構える、Spice Magic Calcuttaが、ナマステ・インディアに引き続いての、出店。食ブースは、ここメインだったようで、代々木公園のときより規模拡大。メニューも多かったので、前回と異なる2品を購入しました!
(ナマステ・インディアのとき売り切れだった)マサラ・ドサ。
日没直前で、かなり暗い写真になってしまいました;
a0105981_2214651.jpg

サンバルカレーが、野菜の酸味がひきたっていて、とってもすっきり味わえました。
ドサは、極薄なのに、外パリ&内モチの、細かな仕上がり。サラサラのサンバルカレーもこれだとしっかり掬えて、味わいをよりしっかり満喫できます。

Dahi Puri(ダヒ プーリ)
a0105981_2311252.jpg

ジャガイモを詰めたプチサイズの揚げ生地(見た目揚げ餃子のよう)に、ひよこ豆・緑豆、チリがきいたスパイシーなソースとヨーグルトがたっぷりかけられた、スナック感覚の一品。酸や辛といった味覚、またぱりっとしたものや、ほくっとしたものといった食感、いずれも異なる感覚のものが混ざり合ってもピッタリ合うのが、おもしろいものだなぁ、と感心してしまいます。

写真を撮り損ねましたが、他にお菓子をいくつか購入しました。
そのうちひとつが、「カジュー・バルフィー」。
カシューナッツが練り込まれ、片面に銀箔をはり、6ミリくらいの厚さで長い対角線が3センチくらいの菱形にカットされたもの。
見た目がごくごくシンプルなうえに色調もライトグレーな印象なため、淡白そうですが、味は、甘み濃厚でした。熱いマサラチャイと相性が良さそう。
帰ってきてから、このお菓子についておさらいしようと思ってネットをいろいろ見ていたら、ハイデラバードの菓子メーカーのサイトを発見しましたので、写真が無い代わりに貼っておきます。イメージのご参考に♪
[PR]
「世界に響け!地球を守るメッセージ〜ひとりひとりが地球市民〜」
のテーマのもと、大使館・NGO・国際機関などが、日比谷公園に集合。

それぞれの団体や組織の活動はどれもすばらしいものばかりで、なかなかそのような活動の存在を知る機会は無いので大変よい勉強になります。
出展側と来客側、出店しているひと同士、それぞれの垣根を超えたつながりがさらに生まれ、「みんなのチカラを足し合ったら、こんな成果が!」といったようなシミュレーションを示してみたりしたら、テーマがよりはっきり実感できそうかなぁと、想いをめぐらせてみたり。

この盛り上がりが、この2日間だけで途絶えてしまわぬように…
ここに足を運んだ人がひとりでも多く何かを感じ、何かを知り、
それを日々の生活で何らかのカタチで持続できるために…

掲げられたテーマは、とてつもなくおおきな目標。
しかも、これがゴールではなく、この意識が自然に身についたところが、
スタート地点なのでしょう。

ワタシも、考え止まっていないで、一歩ずつ進むぞっ!

グローバルフェスタJAPAN2008

a0105981_1522620.jpg

↑マラウィの家庭料理「シマ(トウモロコシの粉を練ったもの)」「オクラの煮物」「マトンカレー」3種盛りです。
[PR]
インド料理にはまるきっかけをもらった昨秋の開催から、はや1年。
今年も、新たなインドごはんの味に出逢えました!
Spice Magic Calcutta(スパイスマジック カルカッタ)の、
PAPRI CHAT & SEV PURI
ぱりっと薄く&軽く揚がった生地をクラッシュしたものに、豆・刻んだオニオンをかけ、その上にヨーグルト&チリ系のスパイシーなソースがたっぶりかけられた、軽食。
現地で食されている地方の特定ができませんでしたが、インドの人たちの長い行列が絶えないブースでした。
それぞれの食材の異なる食感がひと口で楽しめる飽きのこない料理でした。

GEETA Indian Restaurantの、
チキンビリヤニ
a0105981_0223353.jpg

と、キーマカレー。
刺激が強すぎずやさしい口当たり、でもしっかり奥深いスパイスの香味。

Mumbaiの、
タンドリーチキンティッカ
a0105981_0284533.jpg

肉のぷりっとした弾力はそのままに、スパイシーな味がしっかりしみ込んでいます。
食べごたえ、充分!

ナマステ・インディア2008

これにて、ワタシの『代々木公園月間』が、終わりました。
…というのは、9月、代々木公園にてフードフェスティバルの開催が続き、結果毎週末、通った(!)のです。
ブラジル→スリランカ→ベトナム→インド。
ブラジル&ベトナムは、降雨に見舞われたうえに、イートスペースの席も埋まっていたため、美味しそうなモノたちは目には入ったものの口へ運ぶことができませんでした。
早々に、来年の開催をもう期待。
9月の「お楽しみ」ができました!
[PR]
シンガポールの代表料理がふたつ、セットになったランチをいただきました!
海南鶏飯
a0105981_126325.jpg

チキンの、プリッとした仕上がりも良かったですが、ライスがとっても美味しい!東南アジアの料理でよく登場する、細長のパラっとした米をチキンのだしと、ほんのりしょうがプラスで炊き上げられています。香りもよし!
たれは、オリジナルの3種の味が、添えられています。(チリ・生姜&にんにく・濃厚醤油)ワタシは、生姜&にんにくが特に好み。

ラクサ
a0105981_1271951.jpg

干しえびのしっかり出ただしとココナッツミルク、チリでできた、甘辛クリーミーなスープの味わいは、シンガポールの加東(Ka Tong)での味を久々に思い出させてくれました。個人的な好みは、さらにココナッツミルクが強く主張されているイメージかな。でも、これだけちゃんと国内で再現されたものにあったことがなかったので、嬉しい発見。

メニューはこのセットだけでなく、数種類ありました。
このセットのラクサはミニサイズなので、次に行ったら、単品で(しかも大盛り!)でいただこうかなぁ♪

新東記 Sin Tong Kee

おまけPHOTO
ここの近くの花壇、サフィニアなどが華やかに満開!
a0105981_1281667.jpg

[PR]
これは、旅行博2008の会場内にて。

ジュワジュワと音をたてながらゆっくり回転する肉塊。おいしそ〜っ、と見ていた、だけのはずだったのですが、足は既に店に向かっていました(笑)
a0105981_2372656.jpg


この塊が、右にもうひとつ。
ビーフとチキンの2種類から選べ、ワタシはこの写真のビーフを購入。
a0105981_2310211.jpg

これまでに食べたケバブは、中の食材がパサッとしていることが多かったのですが、これはとってもやわらか・フレッシュ・ジューシー・スパイシーでした!
[PR]
インド料理と同じようで、実はちょっと違うスリランカ料理。
都内や近郊のスリランカ料理店が、代々木公園に集合!
また、新たな味と出逢いました♪
あ、イベントそのものは、食べ物以外にも、雑貨、観光、ステージでのライブなど、充実の内容でした!

COTTO ROTI
クレープよりもう少し厚みがあってもっちりした生地と、肉・野菜・たまご・スパイスを合わせて、へらで刻みながら炒めたもの。
スリランカの代表料理だそうです。
a0105981_220422.jpg

ブレちゃっております…すみません。
↓混ぜる前は、この状態。このまま焼き上げても美味しそう。
a0105981_2213792.jpg

手際良くリズミカルに混ぜ合わせています。↓
a0105981_2241929.jpg


PAN ROLL
牛ミンチとじゃがいものクレープ包み揚げ
と、
GODAMBA ROTI
カレー風味に味付けした牛肉とじゃがいもを、パン生地で包んで焼いたもの
a0105981_2271658.jpg


チキンのチリBBQソースかけ
a0105981_2263237.jpg


どれも、はじめの数口はマイルドな印象ですが、噛むほどにスパイスが引き立ってきます!くせになります。

これらの料理を購入した店は、
セイロン・イン
Court Lodge
インド・スリランカレストラン294
Truly SriLankan RANDIWA(茨城県常総市:0297-42-1222)
[PR]