<   2009年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

お台場潮風公園にて開催。
でも写真を見ると、現地に居たよう?!
この祭の起源には、いろいろな説があるようです。今回のイベントでは、公園中央にある噴水のたもとにカトン(灯篭)を流しました。
まずは、トゥクトゥクとタクシーが観に来ていたこどもたちを乗せて、会場を周回。
a0105981_1152781.jpg

a0105981_1172726.jpg

続いて、メインの大きなカトンを持ったひとを先頭に、徒歩で参加者が自由にあとをついて、周回。
a0105981_1194735.jpg

まわり終えて水に浮かべる
前に
水をカトンに、ひとに、かける(儀式?)
a0105981_1232116.jpg

ひとたび歓声があがったあとに、いよいよカトンを水面へ静かに置きます。
a0105981_1245490.jpg

そして、遠くへ流れるようにそーっと水流を起こす
a0105981_1264137.jpg

ゆら〜りと流れて、ちょうど近くまでやってきました
a0105981_1281043.jpg

ミニサイズのカトンもたくさん浮かべてありました。中央には線香が立っており、水に浮かべる前に、みなさん、視線よりちょっと高めにカトンを掲げ、目を閉じ一生懸命祈っていました。
a0105981_1313893.jpg


さぁそして、ごはん!
a0105981_133972.jpg

上から、
ソムタムラオ
ハーブ入りソーセージ
豚足入りごはん
です。
a0105981_1353459.jpg

じっくり煮込まれぴかっと光る豚足。
ソムタムは深い焼きものの器で軽く擦りながらやさしく混ぜてからパックに入れてくれました。
a0105981_1405697.jpg


ワタシは、タイの現地未経験ですが、屋台が並ぶさまは、きっとこんな感じ?
a0105981_145128.jpg

a0105981_1454898.jpg


帰宅後のお楽しみに、お菓子も購入。
サンカヤー・ファクトン(ココナツ、たまご、かぼちゃ)
a0105981_1481824.jpg


メッド・カヌーン(青豆、砂糖、ココナツ)
a0105981_150397.jpg


モーケーング・トア・プアク(青豆・砂糖・ココナツミルク)
a0105981_1521781.jpg


どれも甘みと塩気のバランスが良いです。

食べ物を購入した店
モンルータイ
ピラブカウ
サハコーン市場(以上、料理)
バーン カノン タイ(お菓子)

ムエタイ実演や舞踊のステージを楽しみながら、美味しい夕食となりました!
a0105981_1585788.jpg


ロイカトン祭公式HP
[PR]
久しぶりに顔を合わせた懐かしい面々と、テーブル上の網でジュ〜ジュ〜魚貝を焼いたりつまみながら、お喋りに花を咲かせました。
巨大な帆立貝の網焼きがインパクト大。
メニューがたくさんあって、どれにしようか決めかねていたときに、
すっと横を通過し、近くのテーブルに運ばれていった帆立に、視線釘付け(笑)
すぐ店員さんを呼んで、即注文してしまいました。

現在4店舗、17日に池袋にオープンだそうです:丸冨水産HP
[PR]
by uma18p | 2009-09-15 00:26 | 日本
妹と、尽きないお喋りを、
シャングリ・ラ東京28階のザ・ロビーラウンジにて。
a0105981_23551884.jpg

広く落ち着きのある空間で、ゆっくり・じっくり・たっぷり話をすすめていると、
苛立つ愚痴も、だんだん「大したことじゃないかもね」なんて、ふっと自然にこころの平静を取り戻せてしまいます。もちろん、懲りずに「うんうん、そうだよね〜」と聴いていてくれる妹のおかげであることも大きいですが(笑)。
問題解決の話し合いの場として、わりと適しているのでは?と思います。
[PR]
a0105981_2352942.jpg

前々記の、三浦海岸にて。
道路へ上がる階段に近い砂浜の端に、ひょっこり生えていた、芽。

砂はそんなに長く水分を保持しないし、場所から考えて、人の往来も多く、気づかず踏まれたことだって多いはず。
でも、自身の種子のなかに貯えていた養分をめいっぱい使って、立派な双葉を広げているのだろう。

この双葉を見ていたら、自分をとりまく環境のあちこちのせいにして、うまくいかない、と不満をこぼしてちゃ、だめよね、と、反省しました。
[PR]
a0105981_22522212.jpg

友が、栗を送ってくれました。

即刻茹でて、中身をスプーンで掬っていただきました!
ほくほくしていて甘い味、美味しい!
—しばし食べ続ける—
あまりにハイペースで食し、手元に高く築かれた皮の山に、びっくり(笑)

次は、ごはんに入れてみようか。
想像するだけで、にやけてしまいます(再笑;)
[PR]
「朋友」のお誘いを受け、三浦海岸へ。
移動中は、雲が薄くかかっていたので、日焼けの心配が無くなったかと思っていたのですが、海岸に着いたら、ぴっかりとした晴れに!焼ける心配ができてしまったものの、やっぱり気持ちいい!海には晴天が似合います。
a0105981_22255785.jpg

先ずは早速、ゴミ拾いから。
花火の柄や筒の燃えカス、ライター、お菓子の袋、たばこの吸い殻やパッケージフィルム、ハサミ(なんで?!)、などなど、まぁいろんなものが捨てられていました。
a0105981_22325157.jpg


すっきりしたあとは、ちょうどお腹も空いた頃!
a0105981_22351444.jpg

BBQでは、焼きそば、焼きイカ、フランクフルト、焼きおにぎり、ピッツァ、餃子、三崎港のマグロの刺身、それを切った後に出た骨まわりの部分のホイル焼き…
と、盛りだくさん。美味しくいただきました。

食べながら眺めた海岸の様子は、
網を引いていたり、
a0105981_22394982.jpg


乗馬したり、
a0105981_22404631.jpg


釣りをしたり、
a0105981_22414235.jpg


みんなそれぞれ今年の夏を惜しむように、楽しい時を刻んでいたようでした。

さらに先へ目をやると、遠くの対岸、内房の鋸山(?)あたりがきれいに姿を現していました。
a0105981_224625.jpg

[PR]
a0105981_21465861.jpg

銀座文明堂の、伝統の技と厳選されたバターや卵によってつくられた、
匠のバームクーヘン。
ほどよいしっとり感と甘み。
焼き印のところは砂糖の甘みが周囲より一段引き立ち、違った味わいが現れています。

なんと誕生から40年も経っているそう。これまで、カステラ専門だとすっかり勘違いしておりました。

伝統の重みを実感するのにふさわしい、ステキな木箱に入っていました!
a0105981_2202161.jpg


銀座文明堂:商品紹介ページへ。
[PR]
今月はじめのBRUTUSでも特集されていた、「ごはんの友」。
「こめ大好き」のワタシにとっては、とっても大きな存在です。
最近の、ワタシの「ごはんの友」は、
a0105981_21271469.jpg

しゃくしな漬
です!
埼玉県秩父の特産。実家の両親が送ってくれました。
茎はしゃきっと歯ごたえ良し、葉は広げてごはんを巻いてもよし、
とどまることなく、ごはんがすすんでしまいます(笑)

写真の商品:石川漬物(HP
[PR]
前記のライブ帰りに、寄りました。

「ちょこっと寄っただけ」
のような表現になってしまいましたが、
しっかり食べました(笑)
SATIN DOLLでもちゃんと食べたのに…

「黒酢バーガー」
a0105981_20374534.jpg


白くてもっちりしたバンズ(このバンズ、コラーゲン入りだそう☆)に黒酢ソースをまとったポークパテ。
レタス&ピクルスは、シソの葉&大根甘酢漬け。

絶対、初めて食べた筈なのに、なんだか初めてじゃない気もする…

としばらく考えていたら、思い出しました!
中国の「刮包(gua bao)」だ!
バオズに割れ目があって、間に角煮や葱を挟んで食べるもの。

ちょこっと体(てい)が変わるだけで、すっかり新しい姿に生まれ変わっちゃうものなんだ。
ものの見方やアイディア発想に気づきを与えられたバーガーでした。

味は、ヘルシー志向を謳っているようで、あっさり仕上げ。
シソ&大根は、レタス&ピクルスよりも繊維がしっかりしているので、軽く噛む程度だと「つる〜っ」とつながったままバンズから出て来てしまいました。しかと、噛み切るべし。

R BURGER;タイのバンコクやシンガポールにも進出!
[PR]
by uma18p | 2009-09-14 20:54 | 日本
皆、友達だ
世界にひろげよう、友達の、輪っ!

って、今となっては、大変懐かしいフレーズですね(笑)
こういうつながりを得る機会にめぐりあえて
新たな出会いが生まれることは
自分自身の世界を広がってゆく気がいたします。

子どもの頃は、学校が変わったりクラス替えがあったりで
おのずとどんどん新しい人々と触れる機会が訪れますが
大人になって行動パターンや生活するうえでのさまざまな嗜好が固定してくると
なかなか「新たな出会い」って得られないものです。

a0105981_2031949.jpg


この日は、友人が招いてくれたJazzのライブにて、新たな、
「友達の友達」に出会えました。

これに声かけてくれた、もうひとりの友も、
様々な活動に積極的に参加していて、
「こういうのがあるんだけど、やってみない?」とマメに誘ってくれて、
大変ありがたき存在です。

友達へ感謝したり
新たな出会いにうきうきしたり
「友達の友達はー」って、毎日テレビから掛け声が流れてきて聴き続けていたら、自然にアタマにインプットされて、世間でのひととのつながりが、今ほど希薄にならないかもね〜
とか、いろいろ思い巡らせながら、
ステキな音楽を聴かせていただきました♪

今回の会場:SATIN DOLL
[PR]