「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

台湾手抓饼
ってご存知ですか?
a0105981_14334151.jpg

錦糸町に日本初めてこの「手抓饼」を食べられるショップがオープンしました!
先月オープン。27日に一ヶ月を迎える、新しいお店です!
ここを営むのは、中国厦门(アモイ)出身の女性。日本在住歴が長く、日本人のだんなさまと10歳のお子さまがいらっしゃいます。彼女が友を訪ねに台湾に行ったときに出かけた夜市でこの「手抓饼」に出合い、「これを日本で紹介してみたい!」と、独自アレンジを加えてスタートしたそうです。

店名は、好味道。
看板には、この店名よりも大きく、
台湾手抓饼
と書かれてあります。はじめ、こちらが店名かと思ったくらい。
好味道、というのは、中国語で「いい味」という意味です。店名として使うために呼びやすく「KOMIDO」とローマ字をふったのですね。

「手抓饼」も、たくさんの人に憶えてもらえるように、
ソーズァーピンと、カナがふってありました。
「抓」は、つかむ、しっかり握るといった意味があります。型としてはクレープをイメージするとわかりやすいかな。でも生地はまったく異なります。どうにかわかりやすい言葉で説明できないものか、と悩んだ彼女は苦肉の策で「お好み焼き風パン」と表現してみたものの、「それとも違うのよ〜」と話します。たしかにお好み焼きをあまり先行してイメージを膨らませるとそれともまたぜんぜん違うということになる。
言葉だけでこれをうまく説明することは難しく、ひとつ¥300-と安いこともあり、店頭では「おいしいからぜひまずは一度食べてみて!」とオススメしているそうです。
その効果あってか、多くのひとたちから「おいしい!」とのウレシイ言葉が返って来て、なかにはこの約一ヶ月ほぼ毎日通っているひともいるのだそうです。
店内のメニュー表です。
a0105981_1438527.jpg

手抓饼+玉子+(◯◯◯)
括弧内は、
・ひき肉
・チキン
・ハム
・ベーコン
・野菜(キャベツ&胡瓜)
からひとつ選んで、¥300-。トッピング代別途でさらに選択して具を増やすことも可能。
最右下は、チョコとクリームで、クレープ風。

味付けは、ケチャップベース+好みに応じて豆板醤。
お好み焼き風に食べたい人へ、ソースも用意してあるそうです。

ワタシは、ハムを選択。
a0105981_14471236.jpg

生地が、日本ではこれまでの粉料理で体験しなかった新食感。焼き面や端部はサクサクパリっとパイみたいな感じで、中はもっちり重量感がある。とても食べ応えあります!挟んだ具材の相性もよい。
手軽でとてもおいしい小吃ですよ!
これからどんどん広まっていって、ふと食べたくなったときにすぐ買えるようになったらいいなぁ!
ソーヅァーピン!ぜひ憶えましょう♪

もうひとつのオススメが、生フルーツジュース!
注文してから果物をミキサーにかけて作ってくれます。グレープフルーツジュースを飲みましたが、身体やアタマがしゃっきりとリフレッシュできます!最近は、西瓜が人気だそうです。

営業時間も長く、朝9時から夜10時まで。しかも当面無休!朝ごはんにもよし、ランチにもよし、おやつにもよし、夕・夜食にもよし♪
ショップカードは裏面スタンプカードで、手抓饼ひとつで1個押印、10個で手抓饼1枚サービスです。有効期限は現在のところありません。
錦糸町に行ったときは、たびたびお世話になりそうです!

東京都墨田区錦糸3−5−11
森川ビル
TEL (03)5610-3466

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
by uma18p | 2011-08-24 15:06 | 台湾
金沢にケーキ・洋菓子・ベーカリー・カフェ&レストランなど幅広く構える会社の、シュークリーム専門店。
駅の一角にある、販売のみの小さなショップです。
ここで購入できるのは、

香るシナモン
Saku-Saku MAPLE Shou
サク-サク メープルシュー

です。

a0105981_11412986.jpg


上面にシナモンシュガーをふりかけて焼いてあります。そのため、カリカリ香ばしい仕上がり。底面はやわらかい。
クリームは、生クリームを使った特製カスタード。ふわっともしていて、カスタードのとろんとした感覚もあります。

できたばかりのころはしばらくずっと行列ができていてなかなか買えませんでしたが、今は落ち着いていて、食べたいな〜と思い立ったらすぐ買えるので、ホッ♪

本投稿のタイトルに含めた、中国名「枫叶堂」。
なんと蘇州をはじめ、中国に展開をしているそうなのです!
ただ、このシュークリームやスイーツの店ではなく、咖啡吧(カフェバー)のようですね。中国でなかなかおいしい洋菓子に出合えないので、販売したら人気を集めそうですね!(苏州枫叶堂のHP

東京都墨田区江東橋
JR錦糸町駅 南出口
TEL (03)5600-9099

トップ画面のいちじくロールがおいしそ〜うな、Maple HouseのHP

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
もうひと昔くらい前になるでしょうか、錦糸町駅から徒歩圏に住んでいたことがあるのですが、その当時から大好きでよく利用していました。今回久々の再訪。
タイ食材店でもあるので昼夜通して営業していて、遅めのランチに大活躍!
利用者はタイ人がとても多く、ワタシが行ったときも他に4組くらい来ていたうち、ワタシともうひとり以外皆タイのひとたち!
ところで。
メニューを見て注文して着席したままなのは、ワタシだけ。みなさん合掌して「サワディーカー♪」と挨拶しながら入って来て、挨拶に続けて何やら注文を口頭で済ませ、席にバッグを置いたらすぐ物販コーナーへ。みなそれぞれ買いたいものを抱え、レジ横の台へ置いていく。そうしているうちに「できましたよ〜(と、たぶん言っていると思われる)」とひと声かけられると着席して、食事。
お買い物も済ませ、小腹も満たせちゃう。行った時間帯の傾向なのかもしれませんが、このスタイルが、この店をこの店らしく利用できる方法なのですね〜!

◎センレックナムサイ
a0105981_1036464.jpg

あっさり鶏ガラスープで、豚団子入り。団子は、魚or牛団子に代えることもできます。
豊富なスパイスで、自分好みの味に!
a0105981_10385756.jpg

この6種は注文すると持って来てくれます。これ以外にテーブルに元々ナンプラーも置いてあります。

◎パットガパオガイラートカーオ
a0105981_10411448.jpg

目玉焼きが揚げスタイルでうれしい!黄身はトロトロで、鶏肉バジル炒めとライスにしっかり絡めていただきました。

おいしかった、コップンカー♪
利用客のタイ人のみなさんは入って来たとき同様に合掌して、「コップンカー」と言いながら店を出ていたので、次からはそれに倣って、入るときと出るときは合掌してタイ語で挨拶、に挑戦かな〜!

東京都墨田区錦糸3−7−5
TEL (03)3625-7215

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
by uma18p | 2011-08-24 10:57 | タイ
前回食べてから久しぶりの購入。これまでも食べたい気分に何度となくおそわれておりましたが(笑)、猛暑のなかを持ち歩くと数分間ではあってもなんとなくしんなりしてしまいそうなイメージを抱いてしまっていて、買えずにいました。そんな心配は要らないのでしょうけれど。
今回は、チーズバーガーに!
a0105981_102109.jpg


最近、近くの水辺公園で、サイクリング中らしきひとたちが、ここのハンバーガーを食べている光景によく出合います。いいですね!ワタシも、本格的に秋が到来し過ごしやすくなったら、青空バーガーしたいと思います♪

東京都江東区東雲1−8−3−107
TEL テイクアウト (03)5534-8514
デリバリー  (03)5534-8504

デリバリーエリア 東雲店から半径2.5km以内。HPに地図掲載。
ミニマムオーダー 総額¥2,500-から配達。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
入り口の扉を開けたら、スタッフの皆さんの爽やかな笑顔と、ショーケースに並んだ色彩豊かでおいしそ〜うなアンティパストが眩しい♪
そして席は、奥行きある空間のなかに結構数がありそうですが、配置や間隔にゆとりがあり、仕切られていないのに各テーブルの個空間が保たれて、心地よかったです。
メニューが、グランドメニューもあるのですが「本日のおすすめ料理」が充実していて、料理が書かれた黒板を持って、料理のステップごとに丁寧に説明してくれます。黒板表記がイタリア語のみ(!)なため、しっかり集中して聴く!
いっぱい興味深い料理がありましたが、今回は夫の誕生日祝いで行ったのでチョイスはすべて委任。ワインのチョイスも任せた。まぁ今回に限らず、イタリア料理のときはたいてい任せ、中華のときはワタシが主導権を握っている(かな;笑)

Gli Antipasti 〜前菜〜

◎ANTIPASTO MISTO DELLA CASA
前菜盛り合わせ
a0105981_8453183.jpg


◎FIORI DI ZUCCHINI FRITTI
花ズッキーニのフリットなど、フリット盛り合わせ
(ブロッコリー・アーティチョーク・ミニアランチーニ)
a0105981_8475038.jpg


I Primi Piatti 〜プリモピアット〜

◎STROZZAPRETI CON SALSICCA(下の写真:左)
サルシッチャソースのストロッツァプレーティ
ストロッツァプレーティは、ねじり型のショート生パスタです。
と、
◎TONNARELLI AL CACIO E PEPE(下の写真:右)
トンナレッリ ぺコリーノチーズと黒胡椒ソース
トンナレッリは、太めな縮れパスタです。この料理はローマの家庭料理なのだそうです。
この2品をまずひとつずつテーブルに持って来て見せてくださり、それからそれぞれソースを混ぜ合わせてパスタに絡めたのち、一人分ずつ分けて盛付けてくださいました。
a0105981_8563685.jpg

もっちりパスタはもちろん、パンと一緒にソースも堪能♪パンやフォカッチャもおいしかったです。
a0105981_9352896.jpg


このあとメインの肉or魚料理をいただこうと、メニューの説明をしていただいたのですが、さてどれにしようかと思案中に、なんだかお腹いっぱいに(残念〜)

というわけで、ドルチェに。(食べてる;笑)
なかなかお目にかかれないカンノーロと、
a0105981_965872.jpg

ティラミスを、エスプレッソとともに。

また、他のおいしそうな料理や今回到達できなかったメインをいただきにぜひ来てみたいです。

TRATTORIA DELLA Lanterna Magica
トラットリア デッラ ランテルナ マジカ のHP
この店の近くに姉妹店もあるようで、そこも良さそう♪

東京都品川区上大崎2−9−26
T&H Memory
TEL (03)6408-1488

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
ここ大連の名物、羽根つき(もはや羽根を超え大きな翼が広がる!)餃子と懐かしくやさしい味わいの家庭料理をいただきました♪

◎焼き餃子(鍋貼)
a0105981_7551642.jpg


◎春雨と豚肉の炒め(家常粉絲)
a0105981_756421.jpg


◎小間切れ鶏肉入り辛味チャーハン(辣鶏肉炒飯)
a0105981_7565777.jpg


餃子のこの羽根が、パリパリッと歯切れ良く、なかなか大きな存在感!最後のひとつまでしっかり食感を楽しめました!肉餡や肉汁よりも、印象的な羽根でした。

食べたもの以外のメニューも素朴な家庭料理がズラリ。
ワタシが行ったときも3世代の家族連れが食事していましたが、近隣のみなさんの食卓のような存在なのでしょうね〜。たしかに近所にあったら、うれしい!

東京都大田区山王1−25−14
TEL (03)3776-7944

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
今月はじめ、胃部レントゲン検査を受けました。受診のため12時間前から食べるのは禁止。睡眠時間と検査終了までの数時間だから大したことではないのに、ダメと言われると食べたくて食べたくて(笑)なんだかすごーく耐え抜いたような気分になり、検査を終えたあと、開店早々早めのランチタイムに入店!検査会場そばには最近熱いグルメエリアがあったので、検査前時点ではそのなかのどれかに行ってみようかなぁと思っていたのですが、実際終えた瞬間アタマにぽっと浮かんだのはやっぱり(!)麻婆豆腐でした(笑)
a0105981_21584080.jpg

いつも通り、
A 正宗麻婆豆腐
のセットです。スープ・ライスお替わり自由。
着席してすぐ、メニュー見ずに注文(笑)
それから、待ち時間の読み物のようにメニューをひととおり見てみます。
すると、汁なし担担麺発見♪
これもおいしそう!次回は挑戦してみようかな。

今回は、紅油と豆板醤と辣椒粉と豆腐とが良い一体感でおいしかったです!
次は、新米入荷の頃かな〜!

東京都江東区木場1−5−10
深川ギャザリアロータスパークプラザ棟1階
TEL (03)5857-2164

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
5、6年ぶりでしょうか!久々の再訪でした!
シェフのたまさんは変わらずお元気!席はやはりここを愛する常連さんたちで満席&大賑わい。
たまさんや隣に座ったミセスたちと、お互い頼んだワインや料理を見せ合ってお喋りしながら、楽しい時間を過ごしました♪

◎前菜もりあわせ
きぬがわなすとトマトのカポナータ
いかとトマトと黒オリーブのアンチョビソース
ムール貝のつめもの オーブン焼き シチリア風
a0105981_2040582.jpg


◎生ハムとグリーンオリーブ
a0105981_20404299.jpg


◎山梨の桃とルッコラのサラダ
a0105981_20411449.jpg


◎京都のはものフリット カレー風味
a0105981_20414367.jpg


◎手づくりソーセージのグリエ
a0105981_20425742.jpg


◎きのこのペペロンチーノ
a0105981_20433726.jpg


料理をいっぱいいただいたあと、さてドルチェと食後酒を、と注文したところで、まもなく次の予約の時間で、そのひとは隣接のバースペースで待機中とのこと。ということで、次のお客さんと席を交替することに。ドルチェと食後酒はそちらに運んでもらって、ちゃんといただきました(笑)

このバースペースがすごい!
たまさんの旦那様の自作オーディオ空間!
店名もレストランと別にちゃんとついており、
深川音更(おとふけ)
といいます。
防音壁も、年代物のスピーカーの音を再びならすのも、レコードを並べる棚も、すべて年月をかけて自分で製作したのだそう。ロールスクリーンもあって、映画を観ることもできる!すてきすぎる空間!まさに隠れ家。

先ずは、レストランで注文した2品
◎黒いちじくのジェラート
◎ナポリ湾に浮かぶプロチータ島のレモンで作った自家製レモンチェロ
をいただきました。
とても残念なことに、移動してきた時点でカメラ電池切れ(涙)
食べながら部屋中を見回すと、陳列してあるものや飾ってあるもの、貼ってあるものがひとつひとつどれも面白く興味深い。骨董店で宝探しをしているみたい。

なんでもどっぷりはまっちゃうもんでね〜
と語るご主人。このすてきな空間を作ることだけでなく、コーヒーと紅茶の豆や茶葉の選定やいれかたや器もかなりこだわりがあるそう。で、種類を訊いて気になった豆でコーヒーを1杯と、普段あまりじっくり飲まない紅茶を2種、いただきました!何かしながらのとりあえずの一杯ではなく、おいしい一杯を飲むために集中していれて、いい音を聴きながらじっくり飲む。贅沢です〜♪
あこがれの空間です。ワタシもこんなマイ空間がほしい!
ショップカードには、オーディオシステムの構成が細かく記されています。オーディオ好きにたまらない空間かも♪
来月飲み頃を迎えるコーヒー豆があるそうなので、また行こうと思います!

(たまキャアノ&音更どちらも)
東京都江東区深川2−18−12
レストランTEL (03)3641-1542

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
「こだわり厳選の食材・油」
「あとでもたれないやさしい中華」
「ヌーベルシノワ」
龍圓が語られるとき頻出度の高いキーワード。
たしかに、そう。
しかし、実際に食べてシェフに会って、それらひとことでさらりと言い切れるものではない、新鮮な体験ができた日だったなぁ、と、今月初めに行ったときのことを振り返りながら、今思う。
a0105981_18331489.jpg

自己紹介したときに「わたし中華大好きで!」と言ったら、
「いや〜、うちのはねぇ、中華料理っていうか、変態料理だから!」
と、テレビや書籍で見たのと同様のとびきりな笑顔で答えた、栖原シェフ。
料理が運ばれるたびに炸裂する、ギャグ混じりのトークの渦に巻かれそうになったが、「変態料理」というのは、こだわりはこだわりといっても、それは並大抵のこだわりではないのだ、という語義で使っている、栖原シェフオリジナルの謙譲語なのであろう。
こだわって選んだ食材から、さらに最高の一瞬を見いだしたり引き出すことに、またこだわる。それがおまかせコースの料理をいただくなかで随所にちりばめられている。
例えば。
前菜の高知産葱の爽やかさが、実は一緒に皿に乗った魚よりもイチオシであったり、
なんでも国産ならよいわけではなく、中国にだって良いものがある、いいものはいい、と力強い言葉とともに現れた雲南産松茸や、
飛騨牛を使った料理では、メインは牛肉というより、一緒に調理された翡翠の如く輝く銀杏だったり、
白飯は、コシヒカリなどよりも炒飯に合うと思って選んだのがきっかけという、山形はえぬき。これを、テーブルに供する分だけを都度土鍋で炊く。一旦厨房からテーブル傍まで運ばれるが、こだわりの蒸らし時間(◯分◯秒)まで、鍋からシューっと吹く蒸気を見つめながら待つ。
a0105981_19385394.jpg

これらが寡黙で固い表情で静か〜にすすんでいたら、きっとこちらも肩凝るような緊張状態だったのかもしれないが、シェフの陽気な爆裂トークをはさみながらだから、結果いいバランスだったり(笑)先に登場した高知産葱が乗った前菜は、ゴマサバに胡麻ソースだったのですが、静かにおいしいね〜といただいていたら「せっかくごまつながりにして、コレ笑うところなんだけどな〜」と言ったり、銀杏のときは「これのネックレスもらったらどんな宝石よりも最高にうれしいよね〜」と銀杏への溺愛ぶりを表現してみたり!

今回いただいた料理たち♪おまかせコースでした。

◎皮蛋ムース
a0105981_19272213.jpg
 

◎ゴマサバの燻製に胡麻のソース と 高知産葱
a0105981_19282171.jpg


◎ヤリイカとイクラの醤油漬け
a0105981_19302385.jpg


◎雲南産松茸のフリット すだち添え
a0105981_19312032.jpg


◎かに玉 トリュフのせ
a0105981_1932873.jpg


◎玉ねぎピューレと上湯(シャンタン)と生クリームのスープ
a0105981_19325759.jpg


◎エビのクリーム春巻 まわりの塩を付けて
a0105981_19335249.jpg


◎飛騨牛モモ肉と栃木産アスパラと銀杏の炒め
a0105981_19344329.jpg


◎山形はえぬきの土鍋炊きごはん
a0105981_1935321.jpg


◎冷製担担麺
a0105981_1936176.jpg


◎三浦産朝採れナスの麻婆茄子
a0105981_19365192.jpg


◎杏仁豆腐 と ココナッツアイス
a0105981_19373661.jpg


楽しかったです♪
ご一緒した、はっしーさん(ご紹介&手配ありがとうございました!)・kyahさん華麗叫子さん、ありがとうございました!

東京都台東区西浅草3−1−9
TEL (03)3844-2581

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
以前、味上海へ行った時、到着寸前に店の外のスタンディングテーブル席がとっても賑わっている店を発見。それからずっと気になっており、後日行ってみました!「気になっている店」がホント多いです(笑)ワイン&迫力ボリュームの料理たちをおなかいっぱい楽しんでまいりました♪

◎海のカルパッチョ 6点盛
a0105981_18462016.jpg

カンパチ・カツオ・活タコ・マグロ・〆サバ・甘エビがたっぷり!
とメニューシートに書いてある通り、ホントたっぷり!

◎パテ・ド・カンパーニュ&鶏レバーのテリーヌ 2種盛
a0105981_18512815.jpg

バーンと迫力の登場!これもたっぷり。

3種のパンがこんもり盛られたかごも登場♪
a0105981_18564739.jpg

メニューシートにかわいいイラスト付きでパンの説明が。
・白パン ほんのり甘いので、そのままどうぞ!
・ライ麦パン 香ばしい仕上がり。
・カンパーニュ 胚芽入り。ソースやスープにつけて食べるのが一番!
あったかくふかふかでした。

◎牛スネ肉の濃厚赤ワイン煮込み
a0105981_1915428.jpg

永利のげんこつ酢豚に負けぬ迫力(笑)
濃厚で、ワインがますますすすむ〜。

◎ウニとアサリのビアンコスパゲティ
a0105981_1944767.jpg

磯とアーリオオーリオの香りがフワ〜っと立ち、つい目を閉じニンマリ。
締めの一品もボリュームたっぷり!

◎自家製 チョコレートパンナコッタ
a0105981_1983919.jpg

ドルチェくらいはプチサイズでちょこんと来るかな〜と思いきや、最後までどーんとたっぷり!

とってもハッピーなワインじかんでした♪
寄りたい気分のときにふらっと来て、気のむくままに飲んで食べてお喋りして、と、ゆる〜りと過ごしたいものですが、どうやらいつも予約がいっぱい入っているようなので、そのような利用のしかたは困難なのでしょうね〜。

東京都港区新橋3−18−2
平野ビル 1F
TEL (03)5473-0676

グループ全店の店舗情報や最新情報が載った、魚金グループのHP

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]