<   2012年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

全国340を超える店舗展開を誇る、中国料理のファミリーレストラン『CHINESE RESTAURANT バーミヤン』。こちらで今月23日からスタートした<春の健美中華フェア>の新作メニューをいただくブロガー先行試食会へ、スタートに先駆け、
ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
様にご招待いただき、行ってまいりました!

「健美(健康的な美しさ)はおいしい食事から」のテーマのもと、黒米を使用したおこげを軸に展開した当フェアの代表メニュー2品を試食。
おこげに使われている黒米は、
・胃腸を丈夫にする
・慢性病や虚弱体質の改善など滋養強壮
効果があるといわれているのだそうです。ヘルシー食材なのですね!
a0105981_2112978.jpg

バーミヤン渾身の、オリジナル健美おこげ!

そしてさらに「本格中華をファミリーレストランの値段で」をカタチに!
食材・スープ・ソース・調理法など随所にこだわりが詰まった本格料理が、とっても安い♪

◎海鮮五彩黒米鍋巴 海鮮と春野菜の彩りあんかけおこげ〜黒米入り〜
¥699(税込¥733)
a0105981_20595991.jpg

蟹爪&有頭海老&イカ、菜の花&筍、と彩り豊か。
あんかけの白湯は、鶏と豚を12時間煮出し、沸かした紹興酒でのばし、隠し味に酢が加わる。さらに食材の海鮮出汁も加わり、豊かな味わいでありながら後味すっきり!

おこげ料理の運ばれかたは、おこげとあんかけを別々に。一気にジャーッとかけるか、ちょっとずつかけるか、あんをちょっとずつ付けるか、など、食べ方はそれぞれ好みのスタイルで。わたしは、一気にジャーッ。
a0105981_21193366.jpg

健美おこげの食感は、あんをしっかり纏った部分はふっくらやわらかで、さっと掛かった部分はさっくりクリスピー!

◎花椒香炒牛肉 やわらか牛肉と春筍の麻辡醤(マーラージャン)炒め
¥599(税込¥628)
a0105981_2127410.jpg

やわらかな牛肉とカリッとしたおこげの、食感の対比を楽しめる料理。
牛肉のやわらかさは、下味つけ時に卵を使用するというひと工夫。肉の繊維がそれを吸収することで生まれる食感なのだそう。
秘伝の麻辡醤(マーラージャン)は、ピリッとするけれど辛過ぎずまろやかな味。
ところで麻辡醤(マーラージャン)の「ラー」は「辣」ではなく「辡」と表記されています。(ひりひりするような)痛みをともなう辛味、という意を示す古来の表記のようで、おこげ料理が伝統料理であることへの思いを込めて、あえてこの文字でメニュー表記しているのだそうです。このようなところにも細かなこだわりが!

そしてさらにもう一品、バーミヤンの代表的人気メニューも登場!
◎本格焼餃子
¥190(税込¥199)
a0105981_2145644.jpg

「本格中華を極めるためには、先ず基本の餃子から」という思いのもと、昨年7月に大変身リニューアルを遂げたのだそうです。
旨い餃子の3原則
1:パリパリの皮
2:(1に対して)対面はモチモチの皮
3:ジューシーな餡
を体現するため、皮の厚みや餡の配合にこだわったそう。
餡は、キャベツ・にら・生姜・蒜・豚肉(脂&肉半々)・葱油・胡麻油。配合率は、ヒミツ。葱油や胡麻油は、素材からしっかり作っているというこだわり!例えば葱油は、300ℓ作るのに30kgの葱を使うのだとか。
食べてみると、皮はふたつの食感を楽しめ、肉汁がスープの如くたっぷり溢れました。
味がしっかりしているので、何もつけずに食べるのがオススメ。

今回、こだわり満載の料理の詳細や開発過程など、楽しいお話を語ってくださったのは、バーミヤンメニュー開発部の、福島宣嘉さん。
a0105981_2292883.jpg

中国料理店での経験を積み、現在も著名中国料理店のシェフたちと交流をもち、中国各地へもたくさん足を運び、研鑽を積んでいらっしゃいます。

中国料理専門の店からバーミヤンにやってきたのは「奥深き中国料理の世界を、より多くの人たちに知ってもらい楽しんでもらえるように広めてゆきたい」からだ、と中国料理への熱き想いも聴かせていただき、立場は違えど同じ想いを抱いているわたしはとっても嬉しく気分が高揚し、帰りの足取りがルンルン弾んでしまいました(笑)

今回わたしが味わえたような体験を、340余もある全店舗で同じように良質な状態で提供するのって、大変なことでしょうね。福島さんは、メニュー改定ごとに調理講習会を実施し、ただの連絡会にならぬよう、調理技術指導や食材の詳細説明などをおこなっているのだそうです。技術・知識、さらに「奥深き中国料理の世界を、より多くの人たちに知ってもらい楽しんでもらえるように広めてゆきたい」という根本思想を、サービス(ホール)のアルバイトまで含めたすべての従業員が共有できたらいいですね!余談ですが、偶然この会とほぼ時を同じく放送していたテレビ番組で、中国料理の有名シェフふたりが、「料理の半分は、サービスで決まる!」と明言していたのが印象的で!

福島さん、加油!
バーミヤン、加油!
中華料理、加油!
[PR]
「歌舞伎町案内人」李小牧さんが営む中華料理店、として既に有名な、湖南菜館。その店名通り、湖南料理をいただけるお店。李さんの出身地が、湖南省なのですね。

湖南省は、長江中下流域、洞庭湖の南方にあります。
武陵源・張家界・岳陽楼・毛沢東故居・鳳凰古城などなど、見どころたくさん!
そんな湖南省の料理は、ここ最近「中国一辛い料理」として耳にする機会が増え、湖南料理の認知度も高まってきているかな?
湖南料理の辛さは、クリアで鮮烈なのが特徴。すっかり浸透してきた四川料理の「麻辣」の香りや痺れとのコンビネーションとはまた異なった辛味を楽しめます。広大な中国。ところ変わると、創り出される味わいもがらりと変わるのですね!
さらに湖南料理のなかでも大きく3つのエリアに分けられ、それぞれ違った特徴をもち…
というのはまた別の機会を設けてお伝えします♪

今回いただいたのは、
◎江湖白肉 大蒜ソースの冷しゃぶ
a0105981_10545957.jpg

唐辛子の辛味がさわやか!でもサッパリだけでなくにんにくが利いて味わいしっかり。

◎自家製辣油
a0105981_1145197.jpg

料理と一緒に運ばれます。元々のさわやかな辛味に、さらに香ばしさが加わります。単体で食べてみてもとてもおいしい辣油!

◎肉末酸豇豆 長豆の漬物と挽肉の炒め
a0105981_11494661.jpg

豆の漬物の酸味と辛味がぴったり合う!コリコリした食感も楽しい。

◎油炸银丝卷 中華揚げパン
a0105981_11512654.jpg

カット時につぶれちゃったかな(笑)砂糖がけしてありましたが、料理の残りソースをたっぷり絡めていただくと美味!

◎松子玉米 コーンと松の実の炒め
a0105981_11521720.jpg

あっさり塩味。惜し気無く松の実たっぷりなのが嬉しい^^

◎湖南炒飯
a0105981_11524857.jpg

隣のテーブルの中国人客が注文していて、運ばれてきたときの豆豉のいい香りにつられ、追加注文してしまいました。豇豆(長豆)や腊肉(ハム)が入り、湖南料理の特徴が凝縮されています。茶色に染まり存在がわかりにくいですが、卵も入っていて、そのまろやか味で全体がまとまり、おいしかったです。

また行って、もっとどっぷり湖南菜の世界に浸ってみたい!

東京都新宿区歌舞伎町1−23−13
第一大滝ビル4F
TEL (03)3207-8288

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
昨年11月終わり頃、
Tokyo Cosmetic Collection 2011 AUTUMN/WINTER
に行くため横浜へ。
会場に入る前にランチを、ということで向かったのは、ランドマークタワー内の、
台湾家庭小皿 阿里山城
店舗奥のカウンター席に着席したのですが、広くて眺望のよいガラス窓・幅広でゆったり置けるテーブル・ゆとりある席間で、寛げます。

ランチは、いろいろなセットメニューがあり、麺・飯・点心などの組み合わせが様々で、なかなか絞り込めませんでした(笑)店名には「台湾」とありますが、馴染みある中華料理のメニューが並びます。
結果選んだのは、やきそば(醤油味)をメインにしたセット。
a0105981_2023653.jpg

スープ・点心2品・デザートという、なかなか充実の内容。
あとでこの写真を見た時「あれ、春巻の隣に目玉焼きあったっけ?」と見間違えてしまいました!(おわかりですよね、春巻に使うからしです)
a0105981_20282232.jpg

麺は部分的にカリッとしていて、具沢山の餡とよく合っていました♪

隣接するランドマーク「プラザ」のレストランエリアは結構利用客や人の往来が多いのですが、こちらランドマーク「タワー」のほうは、わりと静か。混雑を避けゆったり寛ぎたいときに、いいかも!
イベントへ連れて行ってくれてここのランチも探してくださったkimimatsuさん、ありがとうございました!
このあととっても楽しめたイベントも、別途改めて書く予定です^^

横浜市西区みなとみらい2−2−1
ランドマークタワー5F
TEL (045)228-9008

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
昨年11月初めに北京を旅し、帰ってきてからも中華料理熱はますますヒートアップ!

直後に、当時間もなく中国へ旅行に行くという友人と、銀座天龍でビッグな餃子と什景炒麺に食らいつき(笑)、続いての中華の晩餐が、こちら、川香苑!
今回も、もりもりいただいてまいりましたよ!

◎蒜泥白肉 豚バラ肉にんにく和え
a0105981_20464725.jpg


◎口香鶏 地鶏四川香味ソースかけ
a0105981_20481530.jpg


◎川香香辣蝦 車海老と山椒の唐辛子炒め
a0105981_20504219.jpg


◎香辣牛肚 ハチノス川香風炒め
a0105981_20515093.jpg


◎水煮牛肉 牛肉の四川香味煮込み
a0105981_20525368.jpg


◎川香炒飯 牛肉ピリ辛香りチャーハン
a0105981_2054199.jpg


◎川香担担麺 四川本場タンタン麺
a0105981_20553778.jpg


朝天辣椒や他種の豊富な辣椒使いと香り立つ花椒が利く料理たちを、今回もおいしくいただきました!
ご一緒したこうめさんラルさん東京ホルモンズFBさん、ありがとうございました!

東京都新宿区歌舞伎町1−16−12
蓬麻ビル2F
TEL&FAX (03)5272-2118

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
時は遡ること昨年の秋(笑)

BIANCARA HALLOWEEN NIGHT 2011
に行ってまいりました!
前回訪問時から気になっていたイベントで、この時行った友人と再訪。
a0105981_19334125.jpg

扉を開けると、中には既にたくさんのひとが!
スタッフの皆さんは楽しい仮装で迎えてくれました♪(上の写真、小窓の向こうに魔女が!)
わたしも仮装しようと思いましたが用意できず、普段ほとんどつけないカチューシャして、友人が調達してくれたキャンディーのネックレスをした、というかなり控えめスタイル(笑)。

開催概要は下記のとおり。

◎時間 18:00〜28:00
◎座席 立席
◎入場料 ¥1,000-
◎メニュー ワイン(グラスで)ALL¥500-
      アラカルトプレート  ¥1,000-
      自家製パン    ALL¥100-
      かぼちゃのデザート  ¥300-

a0105981_19441517.jpg

ワインは希望の色を伝えると、その時点で開栓している数種類を簡単な説明とともに紹介してくれます。そのなかから気になったものをチョイス。いろいろいただいてみて、どれもおいしかったので、ワインコーナーへ行く時、グラスだけでなくカメラも持って行き、ラベルを撮らせてもらえばよかったなぁ〜。
アラカルトプレートも食べやすいかたちで盛付けられてあり、ワインとともに、ぱくぱく口へ運び続けてしまった!
a0105981_19504258.jpg

a0105981_19505541.jpg

食べていたのはこれだけでなく、自家製パンも一緒にどんどん食べ進めていた(笑)
a0105981_19534031.jpg

a0105981_19535311.jpg

すっかりお腹が満たされてしまい、かぼちゃのデザートまで辿り着けませんでした。

場所が普段の行動圏から離れているので、このイベント以降行けないでおりますが、フォローしているTwitterのアカウント(@la_biancara)を日々拝見していると、いつもおいしそ〜うな料理が並び、たくさんのお客さんで賑わっている様子。こういう感じのお店が近くにあったらいいなぁ。

東京都三鷹市井の頭3−31−1(井の頭公園駅の目の前です)
TEL (0422)49-3032

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
北京の名小吃、爆肚。
爆肚とは、牛や羊の内臓を刻み、熱湯にサッと通し、調味料をつけて食べる料理の総称です。

北京市内の爆肚店のなかでも、
☆清の時代、光緒十九年(1893年:明治26年)創業
☆「中华老字号(中華の老舗店)」の称号を掲げる
☆国の特許を取得した調味料(爆肚のつけタレ)
☆《八方食圣(八方食聖)》という北京電視台の番組で行われた羊肚コンテストで金厨帽(ゴールドコック帽)を獲得した
と、特筆ポイント満載な名店「爆肚馮 金生隆」へ行ってまいりました!

店を見つけ入り口へ近づいてみると、店頭の店名表示の「馮」の字のうち、にすいを残し、つくりの部分に紙を貼って隠してあります。あとからもらった店の名刺も、「馮」の字のにすいを残し、つくりを「■」と表記。一瞬酷似した別の店なのか、と怪しんでしまいましたが、ここで大丈夫(笑)
とても人気があるようで、満席だったうえに、空くのを待つ先客がふた組。「3」と書かれた紙切れを受け取り、しばし待ったのち、入店。

◎水爆羊肚 羊肚仁
a0105981_18564654.jpg

ゆでモツ。一頭から少ししか取れない羊ミノの一部。メニューには噛んだときの食感ごとにやわらかいものから硬いものまでさまざまな部位が書かれてあります。そして羊のほかに牛のモツもあります。
これを、
◎調料 
a0105981_1913679.jpg

特許をとったこだわりごまだれをつけていただきます。
運ばれてきたこの状態を見ると「ん?これがごまだれ?」と思いますが、服務員さんから「よ〜く混ぜてくださいね〜」とひと言。混ぜてみると、
a0105981_193556.jpg

ごまは底面に隠れていたのですね!
そしてさらにこれに、
◎作りたて辣油
a0105981_1953884.jpg

を加えて再び混ぜて、つけだれ完成!

羊肚仁は、ぐにゅっとした弾力と、噛み切ったときのしゃきっとした歯ごたえがどちらも楽しめ、羊の独特の濃い風味と香りも広がって、とってもおいしい!

材料が新鮮なだけではなく、きれいに洗い、独特の切り方、火加減は細やかに。
料理をテーブルへ運ぶタイミングや順序も、代々伝わる手法も守り続ける。
このおいしさを提供するためのこだわり。

おいしくて、箸でとり→たれをつけて→口へ運ぶ、のサイクルを止めることができず、どんどん食べてしまう〜。とても食べ応えありましたが、もうひと皿追加してもよかったかなぁ。帰ってきてからも、ときどき思い出しては「う〜食べたい」とぼやいています(笑)

◎醤羊肉 
a0105981_19241817.jpg

羊あばら肉の煮込み。こちらも、モグモグ噛んでいると口中に羊の旨味がじわじわ現れる!

◎门钉肉饼(門釘肉餅)
a0105981_2163435.jpg

街のどこかで見つけたらたべてみたいなぁと思っていたものの、出合えなかった小吃。
メニューにその文字を発見し、迷わず追加!
建物の扉に付けられる円形の釘をかたどった、肉餡ぎっしりの焼き餅です!
a0105981_2112178.jpg

牛肉の餡がぎゅぎゅーっと(入力後に気づいてしまったが、決してギャグ的形容ではありません;笑)詰まっていて、こちらも羊とはまたひと味違った旨味を楽しめました。

今後北京へ行く際は、来訪必須になりそう!
次は爆肚とともに、他のテーブルのあちこちに登場していた涮羊肉(羊肉しゃぶしゃぶ)をぜひ食べてみたいです。

北京市西城区安德路六铺炕一巷餐饮街
TEL (010)65279051

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]