ハンバーガーに中華料理風味を採り入れること。
既存のハンバーガーに使われている食材・調味を考えると、
ゼッタイ「アリだ!」
と、かねてから機会がある度に熱き夢(!笑)を述べていたものでした。

それがカタチになったものをついに発見!
カタチにしてくれたのは、埼玉県川越市の「オートマンダイナー」。

念願の中華風味ハンバーガーと対面♪
◎春キャベツとグリルベーコンのチャイニーズバーガー
a0105981_22535942.jpg

スカイツリーも驚愕であろうみごとなバーガータワーの構成内容は…
☆ごま油で炒めた春キャベツ:甘みがぐぐっと溢れる!
☆グリルベーコン:厚くて旨味じゅわり!
☆自家製甜麺醤ソース
つまり上記の和=「回鍋肉」なのです!
パティ・バンズ・具材部底部のレタス&トマト、どれとも相性バッチリ!

やはり、中華料理風味のハンバーガーはちゃんと成立するのだ!
そしてもちろん好吃!
これをカタチにして証してくれたオートマンダイナー。
心より謝謝!

ところで。
当投稿タイトル中に、
「最後に」
と記したのは…
オートマンダイナー川越、3/24(日)で閉店してしまうのだそうです。
Twitterのタイムラインにはここの美味しそうなハンバーガーがよく登場していて、行きたいと思いつつも機会をつかめず、結果最初で最後の利用となってしまったのが、とても残念。
ですが、最後に「夢の味」と現実に出合えて本当によかった。
ありがとうございました!

ラスト1日ではありますが、日曜日、まだ予定がフリーなかた・ちょうど埼玉方面に行くよ〜というかた・違うプランを練っていたけれどハンバーガー好きだから予定変更しちゃおっ!というかた…
ぜひ駆けつけてみてください!

そして、ハンバーガー界にも中華の風がふわり伝い、内容多国籍なバーガーを頬張り、
LOVE &PEACE☆

OATMAN DINER Kawagoe
オートマンダイナー 川越
埼玉県川越市脇田町14−1
アーバンM 1階
TEL 049-222-8398

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
台北から列車でコトコト南へ。
台湾中部、西岸寄りにある「彰化市」。
ここ、彰化の代表的グルメ「肉圓(台湾での呼称:バーワン)」を食べに行ったのは、2005年のこと。
彰化駅から歩いて数分の路地にある、肉圓の老舗店を訪ねました!
a0105981_14542616.jpg

肉圓とは、サツマイモ粉(地瓜粉)で作ったツルリとしてプルプルした食感(台湾的表現だとQQ)の皮で、豚肉・筍・椎茸などを包み、紅くて甘いソースをかけた、円盤状の料理。
出されるときは、食べやすいようにカットしてありました。
こちらの肉圓は、地瓜粉・豚肉などの食材選びや秘伝の配合など、随所にこだわり満載。
肉圓は3種の味があります。
「肉圓食べるの初めてならコレ食べて〜!」とオススメされた、
◎香菇肉圓
a0105981_14565659.jpg

あと、
◎干貝(干し貝柱)
◎蛋黄(たまごの黄身)
の2種。

口当たりと喉越しがよい!
もしかしたら和菓子ではあったかもしれませんが、
このテの味では初めての新食感。
なかなか合う!

小腹が減ったときにサラリと
また、食欲がわかないときにツルリと(←個人的にこのシチュエーションはほぼ無いですが;笑)
などなど
彰化の老若男女に愛される料理は、日本でも食べれるところが増えたら多くのひとに好まれそう。

次にまた食べれるのはいつだろう
また彰化に来るときかなぁ
でもまだまだ世界中に行ってみたいところはあるしなぁ
などなど
最初で最後かもしれない一杯の肉圓をしみじみいただいて来たのでした。

それから年月は経ち…
なんと!
台湾料理店のメニューに「彰化肉圓」の文字を発見!
ひゃ〜
思わぬところで再会できた!
a0105981_1684575.jpg

蒸し時間もしくは仕上げの揚げ時間が長めからか、彰化で食べたものより透明度は薄れ硬めの皮でしたが、なかなか近い味。
あとから調べてみたところ、いくつかの台湾料理店でメニューに「肉圓」があるようです。

台湾へ。旅に出かけたら台北から足をのばして
日本で。台湾料理店に入ったらメニューをチェックして
ぜひ「肉圓」にトライしてみてはいかがでしょうか?
現地では超定番なのにその特徴からなかなか定着しにくい台湾グルメ「臭豆腐」より、新たに「肉圓」が定番のポジションを獲得する日は早いかも!(夜市で食べる麻辣臭豆腐、好きなので、臭豆腐も全力応援しています♪笑)

おまけ。
彰化のおすすめスポット!
肉圓店から東へしばしぶらりと歩くと、
「八卦山大佛風景区」
に着きます。
小高い山の緑道を歩いて登ると、頂に、
「黒身釈迦如来大佛」
が現れます!
a0105981_16241178.jpg

大佛さまにお詣りしたあと、うしろへ振り返ってみてください。
a0105981_16254646.jpg

彰化の街のパノラマビューが広がっています!
夕陽とその光に染まる街の眺めは、一見の価値ありです♪

正 彰化肉圓創始老店
台湾彰化市陳稜路203號
TEL 04-7227868

台湾料理 新潟ラーメン 台北
東京都大田区西蒲田7−67−12
TEL 03-3738-8666

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
# by uma18p | 2013-03-23 16:44 | 台湾
新疆ウイグル自治区。
かつてのシルクロード東西交易の地であったことから、生活する民族も、
☆ウイグル族(维吾尔族)
が半分近くを占めるものの、他に、
☆漢族
☆カザフ族(哈萨克族)
☆ムスリム族(回族)
など、多種。
よって、食べものも多様な民族の食文化がミックスしています。
よく使われる食材は、羊・牛肉、乳製品、玉ねぎ・トマト・ジャガイモなどの野菜。
これらを辣椒や大蒜、クミンや酢などで調味し、ヨーグルトもアクセントに登場する、辛味を利かせたしっかり味かつ酸味も利いて爽やかでサッパリ、な味わい(酸辣)が特徴。
そんなウイグル料理の専門店である「シルクロード・タリム ウイグルレストラン」は、本場ウイグル料理を楽しめる、まさにウイグルと日本を結ぶ中継地点であるオアシス的空間!
代表的食材であり、大好きな(!)羊肉をさまざまな料理で味わい楽しみましたよ♪
そして!
料理名を3言語表記してみましたよ♪

◎シシ カワプ ZIH KAWAP
 羊肉の串焼き
 烤羊肉串
a0105981_1064916.jpg
 

◎プルチャック ウユツミス ハミセイ PURCHAQ UYUTMISI HAMSEI
 湯葉サラダ
 凉拌豆腐丝
a0105981_10141437.jpg


◎カゥワゥルガ カワプ QUWURGHA KAWAP
 ラム骨付き串焼き(ラムチョップ)
 烤羊排骨
a0105981_10182144.jpg


◎プルチャック ウユツミス コルミス PURCHAQ UYUTMISI QORUMISI
 ウイグル風麻婆豆腐
 风味麻辣豆腐
a0105981_1024321.jpg


◎タリム ラグメン TARIM LEGHMEN
 タリム特上あんかけ麺(手打ち麺)
 塔里木拌面
a0105981_10283795.jpg

手打ち麺と餡は別々の皿で運ばれ、テーブルで餡を麺にかけます。

◎サムサ SAMSA
 焼きたてまん
 烤包子
a0105981_1031579.jpg


◎トゥギレ TUGURE
 水餃子(手づくり)
 饺子
a0105981_103473.jpg

a0105981_10373929.jpg


◎ポロ POLO
 ウイグル風ピラフ(ヨーグルト付き)
 抓饭(附加:酸奶)
a0105981_10364831.jpg

a0105981_10371274.jpg


食後に、ウイグルの薬草茶である、
◎オグズ チャイ
 乌古斯红茶
を飲んで、スッキリと♪

おまけですが、こちらのクーポン持参で、ウイグルの干し葡萄をいただけます♪渋みがほとんどない甘めテイストで、おいしいのです!
a0105981_1224258.jpg

料理にもこの干し葡萄にもピッタリな甘粛産ワインとともに、シルクロードを旅している気分に浸ってしまいましょう♪
a0105981_127491.jpg


シルクロード・タリム ウイグルレストラン
丝绸之路・塔里木 维吾尔餐厅(清真)
東京都新宿区西新宿3丁目15−8
西新宿パールビル103
TEL 03-6276-7799

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
主に広東省・香港・澳门(マカオ)などでおこなわれている、
お「茶」を「飲」みながら点心をいただく習慣、「飲茶」。
今ではこの範囲に留まらず、中国各都市や広東出身の華人が多い各国のチャイナタウンなど、食べることのできる場は増加の模様。
そして東京でもいただけるところがあるのです♪
ホテルオークラ東京内のレストラン「スターライト」!
ここで提供されているのが「頂級飲茶」。
オーダー式で、およそ50種類の点心や小皿料理メニューから自由に選び、好きなだけいただけます!

さて!では、じゃんじゃんいってみましょーう!
も、よいのですが、飲茶をより深く楽しめるポイントを公開!

飲茶習慣が浸透している、広東省。
広東料理で重んじられる考え方に「五滋六味」というものがあります。

☆五滋☆
「滋」は、生える・引き起こす、といった意味から、食べることで引き出される感覚、といったところでしょうか。
わたしが参考にした幾つかの資料では大きく二分されるところから、何通りかの説があるようです。
<その1>
一:鮮(新鮮である)
二:嫩(やわらかい)
三:爽(さっぱりしている)
四:滑(つるつるすべすべなめらかである)
五:香(よい香り)
<その2>
一:脆(カリッと歯ごたえよい)
二:鬆(ふわりとやわらかい)
三:肥(脂がのっている)
四:濃(濃厚である)
五:香(よい香り)

☆六味☆
「味」はそのとおり味わいを指します。
一:酸(すっぱい)
二:甜(あまい)
三:苦(にがい)
四:辣(からい)
五:咸(しょっぱい)
六:鮮(おいしい・うまい)

豊富な種類の点心たちには、これらの「広東料理の真髄」が凝縮されているのです!
「五滋六味」を意識しながらチョイスして、実際にこのゆたかな感覚を実感してみてください♪

今回いただいた点心&料理は、
◎干貝焼売 しゅうまい
a0105981_2315107.jpg


焼売の奥にある揚げ点心2品
◎脆炸粉果 海老入り揚げ点心
 炸咖喱角 カレー入り包み揚げ
と、
◎沙拉 サラダ
a0105981_23161326.jpg

は、スターターとして固定で運ばれます。

◎叉焼包子 チャーシュー入り饅頭
a0105981_23175727.jpg


◎紅焼猪脚 豚足コラーゲンの醤油煮込み
a0105981_23182522.jpg


◎麻蓉蝦仁 海老のマヨネーズソース
a0105981_23185270.jpg


◎蜂巣芋角 タロ芋の蜂の巣揚げ点心
a0105981_23191929.jpg


◎芝麻蟹盒 蟹肉入り挟み揚げ 胡麻風味
a0105981_2319396.jpg


◎鮮炒時菜 季節野菜のさっぱり炒め
a0105981_23195973.jpg


◎蛎油牛肉 牛肉の包み蒸し オイスターソース
a0105981_23203137.jpg


◎脆炸細春捲 細春巻き
a0105981_232052100.jpg


◎蓮葉米鶏 鶏肉ともち米の蓮の葉包み蒸し
a0105981_23211293.jpg

葉をひらくと…
a0105981_23215150.jpg


◎沙茶鮮尤 イカの沙茶醤炒め
a0105981_23221847.jpg


◎(左)杏仁豆腐 こだわりの杏仁豆腐
 (右)椰汁西米 タピオカ入りココナッツミルク
a0105981_23224348.jpg


チャイニーズテーブル スターライト
東京都港区虎ノ門2−10−4
ホテルオークラ東京 本館11階
TEL 03-3505-6075(レストラン直通)
03-3582-0111(ホテル代表)

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
中国「八大菜系」のなかの代表格、四川料理。
実はこの四川料理、エリアそれぞれに地方色豊か。
主な地域を挙げると、
☆成都
☆川北(広元・九寨沟など)
☆川南(峨嵋山・楽山・宜宾など)
☆重慶
といったところでしょうか。
厳密に言えば4つめの重慶は、1997年に四川省に属していた市から直轄市に昇格したので、四川料理のいち系統というより、「重慶料理」と称したほうがよいかもしれません。

重慶は古称を「巴」、簡称を「渝」といい、重慶料理を「巴渝風味菜」とも表します。
辣椒・花椒・豆豉・生姜・葱・蒜などによる「調味」、「湯(スープ)」作りや調理に使うことにこだわりがある点が特徴。

その重慶料理を!
小岩の閑静な住宅街の!
重慶出身の女老板・黄革さんが営む「珍々」で!
楽しめるのです!

食材の味をきちんと味わえつつもガツーンと辣味を利かせた料理を、額に噴き出す汗を拭いながら食べる!爽快ですよ〜♪

◎五香麻辣牛肉
a0105981_2232558.jpg


◎家郷鶏
a0105981_22322738.jpg


◎カワハギの辛味煮込みスープ(予約注文品)
a0105981_22325080.jpg


◎青菜豆腐湯
a0105981_22331593.jpg


四川家庭料理 珍々(ぜんぜん)
東京都江戸川区西小岩4−9−20
TEL 03-3671-8777

今やだいぶ認知度が高まった感のある四川料理。
これから省内各地に視点を向け、新しい味を見つけて紹介してゆけたらと思います。
奥深き四川料理の世界を楽しみましょう!

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
以前「一球老師」という店名で、「老師」なんて単語を採用するところに大陸性(笑)を感じ、ずっと行きたいなぁと思っていた店。一球酒場の1号店である志木店へ行ったことがある友人のナビゲートでついに行ってみることに♪

店に入り案内された席。
荷物を置いたり掛けたりできるところが無く、わたしたち(入店時2名、あとから3名)以外にまだ来客もなかったので、
「お客さんが来るまで置かせていただいてよろしいですか?」
と訊ねたところ、
「ア!ハイ〜ドゾ〜!」
とご了承いただき、近くの椅子にバッグなどを置きました。

着席して「さて何にしようか〜?」とメニューを見始めてほどなく。
なんと!
店員さんのひとりが外から、息を切らしながらもニッコリ笑顔で店内へ駆け込みそのままわたしたちの席へ。
脱衣かごをいっぱい両手に携えて!
「アイヤ〜スミマセン〜コレツカッテクダサ〜イ!」

ど!どうしたんですか!

「イマ、カッテキマシタ〜!ドゾ〜!」

わ!わざわざすみません!

「イエ〜、オキャクサンヒツヨウデスカラ。スミマセンデシタ〜」

あ!ありがとうございます!

さらっと交わしたつもりのちょっとしたやりとりだったのですが^^;
思いがけない展開に。
振り返ってみれば、事案発生→解決まで、わずか数分のできごと!
このスピードにはきっと、かの孫正義氏も目を丸くすることでしょう!

感謝と驚きいっぱいで、安ウマな料理たちをいただいたのでした!

◎ラム串
a0105981_21111174.jpg


◎豆苗炒め
a0105981_21115552.jpg


◎四川麻婆豆腐
a0105981_21124353.jpg


◎骨付鶏の唐辛子四川風
a0105981_21145083.jpg


◎名称忘れましたが、青唐辛子のかな〜り辛い和え物
a0105981_2116415.jpg


◎一球 トマト刀削麺
a0105981_2118437.jpg


この日体験した痛快かつ爽快な超速レスポンス、見習います!
謝謝!

一球酒場 東武練馬店
東京都練馬区北町2−37−8 1階
TEL 03-6906-6056

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
中華料理、と聞くと、
「油っこい」「濃い」「(辛味など)刺激が強い」
といったイメージが浮かびやすいですよね。

しかし、広大な中国!
気候・言語・文化・習慣などがさまざまであるように、
料理の味わいも、そうひと括りにはいかないのです!

これまでにも松陰神社前にあった頃から訪ね、今回久々に行った店の名、
「五指山」
という名山がそびえる中国最南端の島、海南島。
ここ海南省の料理は、あっさりした味わいが特徴。
淡白とか薄いというわけではありません。
素材や調味の味わいをしっかり得られつつ、後味はさっぱり!

ここ五指山では、そのようなあっさりな海南料理から、他店であまり見かけない名の料理、ポピュラーな料理まで幅広く揃い、中華料理のさまざまな味わいを一挙に楽しめてしまうのです。
そのため、ここの楽しみ方は、馴染みの料理も見慣れぬ料理もためらわずどんどんチャレンジ!が、オススメ!

今回いただいたのは、
◎炸豆腐(揚げトーフと香菜のピリ辛腐乳煮)
a0105981_19181083.jpg


◎椒塩炸扇貝(揚げホタテ貝の山椒塩炒め)
a0105981_1920559.jpg


◎糖醋肉(黒酢の酢豚)
a0105981_1922911.jpg


ぜひトライして楽しんでください!

五指山(ごしさん)
東京都千代田区内神田1−9−10
光間正ビル1階
TEL 03-3292-0080

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
四川料理の味わいを表す言葉として、だいぶ定着してきた感のある、「麻辣 ma2 la4」
四川料理の代表格で人気の高い一品、「麻婆豆腐 ma2 po2 dou4 fu」
などに含まれた文字「麻 ma2」。
料理用語としては「しびれる」という意で、この「麻」要素を発揮するのが
花椒 (hua1 jiao1)

今回行った店「天府舫」へ入ったら、なんと過去に会った覚えのある人が席へ案内してくれたのだが、内心驚きつつも明確に思い出せず、ひとまず注文を済ませてから考えていた。
どこで会ったんだろう?
たしか中華料理店だったよなぁ?
店員さんだった?近くに居たお客さん?
それとも食事ではない場で?
と、あれこれ記憶を辿っているうちに、さきほどの人がひと品運んで来た。
◎麻辣冷豆花(麻辣寄せ豆腐)
a0105981_2361819.jpg

この料理からふんわり立ちのぼった花椒の芳香を吸った瞬間、思い出した!

以前、本郷の四川料理店へランチタイムに行ったときのこと。
その時食べたものの花椒の香りがとっても清々しく印象的なものだったので
店を出る前に店員さんにそれを話したら、香りにこだわったものを四川省から仕入れていることを教えてくれたうえに、
「そのものの香りを吸ってみますか?とってもいい香りなんですよ」
と、花椒を詰めた袋を開け、香りをかがせてくれたのだ!
本当に爽やかで清くクリアな、いい香り。
尊い体験をさせてもらった嬉しさに心を弾ませながら店をあとにした。

なんと!そのとき応対してくれた人だったのです!
以前居た店のように、自分の力で本物の四川料理をより多くの人たちに知ってもらうという希望を実現すべく、留学で来日時初めて訪れた新宿で新たに船出をしたそうだ。
そして当時の話をしたら、
「それね、今もやってますよ!みんな喜んでくれますね」
と仰り、席から少し離れた厨房手前のカウンターに、花椒がたっぷり入った透明の大瓶が置かれていた。
店名に使われる「舫」の字、「舫い(もやい)」といって、船と船をつなぎあわせて幾艘もの船が停泊するもののことをいうのだが、あの花椒がまさに店と客、客同士、客と四川…たくさんの関係をつなぎあわせる「舫」の役割を果たしているのだ。

◎正宗担担面(汁なし担担麺)
a0105981_0294032.jpg

麻辣が利いたタレは底に潜んでいて、混ぜるとこうなる。
a0105981_0305174.jpg


◎天府手工水餃(手づくり天府水餃子:スープなし)
a0105981_0325294.jpg


今回はひとりでこれらをいただいたが、メニューには正宗四川菜がたくさん並ぶ。
また「奥深き四川料理の世界」に船出したい。
そして花椒の舫で、ゆらり停まり漂いその世界にひたるのだ。

天府舫(てんふふぁん)←HPへリンクしています。
東京都新宿区西新宿7−4−9
TEL 03-3368-5568

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]