テーブルでジュワジュワ焼く羊肉串をはじめ、吉林省延辺朝鮮族自治州の「韓国料理×中国料理」の融合を楽しめる延辺料理店・千里香。
池袋店には、大きなメニュー冊子が2冊存在します。
a0105981_2172661.jpg

これが、千里香のメニュー。
そしてもう1冊!
a0105981_2182737.jpg

北京をはじめ中国国内の広範囲に店舗展開をしている牛肉麺チェーンである
美国加州牛肉面大王」のメニュー!
なんと!異なる時間帯での二毛作ならぬ、二店同時営業状態なのです!

ここの牛肉麺は、塩や花椒などがほんのり利いたさっぱりスープの「清真牛肉麺」系と異なり、
醤油ベースでところによっては八角や辛味を利かせていたりもする「紅焼牛肉麺」系のもの。

◎加州牛肉面 (カリフォルニア牛肉麺)
a0105981_21373776.jpg

牛肉は、心をこめて育てた2〜3歳の仔あか牛を使い、
麺は、天然強力粉のツル&モチな麺。
香菜もパラリとかかり、芳香がふんわり。
テーブルにある辣油をちょい足しするのも、また旨し!
a0105981_2155239.jpg

いやぁ〜、なかなか出合えぬ正宗大陸牛肉麺。
好吃〜♪
なのですが、高い!
¥1,180-。
もうちょっと気軽にいただける価格だったら、通いたい(笑)
ランチタイムはお手頃価格でセット提供しているようです。(←エレベータ傍にたたんで置いてあった外置き用のスタンド式看板が、チラッと見えた^^;はっきり見えなかったけれど、価格表示が3ケタだったような。)

器には、チェーンブランド名が。大陸店舗でも使っているのかな、きっと。
a0105981_21533429.jpg


ここで、メニュー表紙にも大きく書かれている店名
「美国加州牛肉面大王」
をちょっと紐解いてみましょう。
美国=アメリカ
加州=カリフォルニア州
ですが、牛肉麺がカリフォルニア名物、ということではないはず^^;

これには、重慶出身のあるひとりの中国人の存在が。
その人・李北祺氏がカリフォルニアに渡り「牛肉面大王」を開いたところ在住華人に広く喜ばれたようで、のちに中国で「李先生 美国加州牛肉面大王(←リンク先音声あり)」をチェーン展開、中国式ファストフードの基礎を築き先駆けとしての地位が確立されたのだそう。店舗数がどんどん増加して浸透していく間に、店名であった「美国加州牛肉面大王」ということばも、ひとつのカテゴリー・ブランドに育っていった。
その流れを経て後発でできたのが、今回千里香に登場した「志瑞祥 美国加州牛肉面大王」なのかな。

今はそんなことはなくなったと思いますが、昔は名称に「美国」とあったら箔がついたのでしょう。
余談ですが、全く味付けの違う「炸鶏(フライドチキン)」に「肯徳基(ケンタッキー)」とよく付けられていたものです(笑)

今回はこの牛肉麺だけをするっと食べてまいりましたが、せっかくW営業なので、延辺料理を堪能したあと、〆の一杯に牛肉麺、というのもよいかも!

今回行った店、
あえてこのように呼ぶことにしちゃいます!

志瑞祥 美国加州牛肉面大王 東京店
東京都豊島区西池袋1−21−1
YKDビル7階
千里香 池袋店 内
TEL 03-5992-8171

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
わかりやすくカテゴリー分けするとしたら四川料理なのだろう。
だが、ここはひと皿ごとに並々ならぬ愛と探究心をビシバシ感じる、
言うなれば、
「蜃気楼料理」
なのです。
ここでしかいただけないものばかり!

◎やげんを使った涼菜
a0105981_2150227.jpg


◎くらげと煮こごり
a0105981_2151534.jpg


◎つけダレと別盛り香菜
a0105981_21515930.jpg

a0105981_21521578.jpg


◎水餃
a0105981_21524153.jpg


◎辛味と花生がアクセントの料理
a0105981_2155317.jpg


◎担担麺
a0105981_21554385.jpg


◎麻辣牛肉笼仔饭
(辛く味付けした牛肉をご飯の上に乗せて蒸したもの)
a0105981_21574265.jpg


◎杏仁豆腐
a0105981_21582946.jpg


マスターは中国へ足しげく通い、現地の料理の味や食材にふれている。
その旅の写真をまとめたアルバムが店内に置いてあり、
それを見せてくれるとき、一枚一枚について当時の情景を楽しそうに振り返りながら
丁寧に話してくれる。
聴いているわたしまで、まるでその旅に同行していたような錯覚に陥りそうなくらいに、だ。
それはわたしにとっても幸福感に満ちた時間だ。
マスターとわたしがそれぞれ上海で思わず通りかかり高揚した路地が、偶然にも同じ路だった、というときは驚きと嬉しさに体をふるわせた!

ここで提供しているオリジナルブレンドの紹興酒が、とても飲みやすく美味しいので、行くたびにいただくのだが、「おいしいですよね〜」と告げたら多種の紹興酒の種類を挙げ、奥深きその世界を話してくれた。クールな表情でさらりと話すから簡単に聴いてしまうけれど、決して一朝一夕に得られるものではなく、積み重ねた経験や学びの産物なのだ。

それらをビシバシ感じた料理や話を全身で受けて、もっともっとわたしも経験と学びを積み重ね、中華料理愛を深めてゆこう!と心を新たにした。

声をかけてくださった常連のラルさんこうめさん、謝謝!

蜃気楼
東京都板橋区板橋1−33−1
TEL 03-3964-6657

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
今や蒲田といえばまず連想される「元祖 羽根付き餃子」!
実はこの他に、夕方以降現れるもうひとつ名物の蒲田餃子が存在しているのです!
それは、
100円餃子!
100円硬貨1枚で得られる口福をぜひ体感したい!
ということで、100円餃子を提供している2軒へ、はしご突撃(笑)

一軒目は、香楽園 蒲田西口店。
a0105981_1939227.jpg

うすフワな羽根付き!
小ぶりながらむちっとした皮が食べごたえあり。

二軒目は、華香楼 蒲田東口店。
a0105981_19452374.jpg

左の皿が、100円餃子。
こちらもかわいいサイズながら肉餡が高密度。皮は薄くてやわらか。

どちらも、この餃子とビールの黄金コンビでちょこっと寄り道してひと息コース、最高ですよね〜!
通勤経路や近所にあったら、かなりの頻度で利用しそう(笑)

「より多くのみなさんに気軽に食べてもらえるように」という心意気に感謝!な、口福のひと皿です。

2店ともそれぞれ、この100円餃子以外にも安旨な料理がたくさん。
壁に貼られた充実ラインナップを見るだけにとどまれるはずはなく、いくつかいただいてみました!

香楽園では、
◎魚香茄子
a0105981_2023625.jpg


華香楼では、
◎(大きくておいしい!と貼り紙でプッシュしていた)やき餃子(ちなみにこちらは¥350)
先掲の写真右の皿のもの。
◎蒸し鶏の冷菜
a0105981_2054473.jpg

◎イカのピリ辛炒め(宫保尤鱼)
a0105981_2073858.jpg

◎ひき肉炒めのレタス包み(生菜包)
a0105981_2091848.jpg


ちなみに、どちらのお店も、ディナータイムは翌朝まで営業!
その心意気にも感服!
蒲田で中華というとご縁のあるラヴ☆蒲田ラヴ☆諸国漫遊なおふたり、今回も謝謝!

<香楽園 蒲田西口店>
東京都大田区西蒲田7−29−3
第三久保井ビル1階
TEL 03-3733-0872(店舗)
090-6156-3143(予約用)

<華香楼 蒲田東口店>
東京都大田区蒲田5−20−1
TEL 03-3733-8812

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
上海の街なかをぶらり歩いていると度々出合う、
麻辣湯(麻辣烫 ma2 la4 tang4)の店。
日本の麻辣湯店では「スープ春雨」と日本語に訳している店が多いです。

野菜・練り物・肉片・きのこ・海鮮など種類豊富な具材が冷蔵ケースに並び、ざるに好きなものを選んでいき、選び終えたら店員さんに希望のスープの辛さを告げ、ざるを渡すと、スープでさっと煮てくれます。
a0105981_17482750.jpg

今回久しぶりに行った「七宝麻辣湯」のHPには、麻辣湯の紹介やメニュー・食べ方が載っているので、ご覧いただくと、どのようなののかを頭に描きやすいでしょう。(店名部分からリンクはっております♪)

香菜を追加し、碗に加えて実際にいただいた一杯は、こんな感じに(笑)
a0105981_17532911.jpg


具材のボリュームを自由に選べるので、ささっと小腹満たすにも良し、たっぷり選んで一食分に充てるも良し。

以前投稿した大山の香香麻辣湯やこの七宝麻辣湯など、少しずつ麻辣湯の店は増えてきているのかなぁ、とも感じますが、火鍋と混同して「麻辣湯」の呼称を使っている店も何度か見かけたり、と、まだまだ麻辣湯の認知度は低い模様。
もっと増えて、麻辣湯店に立ち寄りおやつ、なんていう習慣が日常の風景になっていったらいいなぁ!
特に今のような寒い時季、外に出てブルッと寒さにふるえたときに麻辣湯の店や屋台にふらりと寄って、チョイとつまんであつあつ麻辣スープをゴクリと飲めば、ココロもカラダもほかほかでサイコーなのです♡
お近くでもし「麻辣湯」を掲げるお店に出合えたときは、幸運!ぜひ体験してみてくださいね!

今回行ったのは、
七宝麻辣湯 渋谷店
東京都渋谷区桜丘町15−18
北沢ビル1階
TEL 03-3780-0066

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
口水鶏
よだれ鶏。
よだれが出て止まらぬくらい旨〜い鶏、という四川料理のなかで代表格で人気の高い料理。

ゆで鶏(店によっては蒸しているところもあるかな)に、麻(花椒のしびれ)&辣(唐辛子の辛味)が利いたソースがあふれんばかりにかかっていて、目の前にその皿が運ばれてきた瞬間に唾液の分泌が加速してしまいます(笑)

a0105981_107466.jpg

この「よだれ鶏」を食べに新たに向かったのは、渋谷道玄坂。
坂の上のほう、ホテルばかりの一角にある、看板のない店。
あやしそ〜う。

ですが実際は、旬の珍しい野菜やオリジナル醤(ジャン)に薬膳の知識を加えた、自然派で体にやさしい中華料理店。
あやしくありません。

「よだれ鶏」って、レシピはシンプルそうなのですが、店によって味わいさまざま。
こちらの「よだれ鶏」は、辛みがきりりと明瞭に際立つ味でした。
材料の使い方によって「麻」と「辣」のバランスが変わり、味わいにも変化が出やすいのでしょう。
中華料理店でメニューに「よだれ鶏」を見つけたら、食べ比べしてみると楽しいかも。

他にも、此処の特徴でもある野菜料理を数品いただきました。
お通しから豊富な種類で健康的。
a0105981_1252348.jpg

料理の中ではピーナッツもやしの歯ごたえが印象的!
a0105981_12491856.jpg

a0105981_12494288.jpg

a0105981_1250110.jpg

a0105981_12501751.jpg


ここを運営する(株)イイコは、薬膳・発酵食材・鍋などを、いわゆる「中華料理店っぽさ」を出さない内装や、看板を掲げない隠れ家スタイルなど、新しいアプローチでの中華料理店を展開。
多様なスタイルで中華料理にふれる機会が増え、中華料理ファンがますます増えていったら、いいね!

月世界
東京都渋谷区道玄坂2−26−5
ひまわりビル1階
TEL 03-3370-2870

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
台湾グルメ、といえば真っ先に思い浮かぶ超定番代表的メニューたち!

◎小籠包
a0105981_214740100.jpg


◎香腸
a0105981_21483389.jpg


◎魯肉飯
a0105981_21493451.jpg


◎臺南擔仔麺
a0105981_21501245.jpg


イッキに楽しめちゃいます!
これらの他にも、「台湾◯◯」といったメニューがいろいろあり、絞り込みが大変でした(笑)

台湾料理は、
☆台湾
☆大陸(主に福建かな)
☆日本
のそれぞれの要素がうまく融合した独特の味わいを楽しめるのがいいですね!
豆漿店での早餐、夜市もおいしいものに溢れています!
ふと無性に食べたくなり、台湾料理店を探したり、はたまた台湾へ飛んでしまおうか!なんて思ってしまいます。

こちらの店は今春あたりだったか、ラヴ☆蒲田な姉御からOPENしたことを教わり、訪問。謝謝!

このとき他に食べた、

◎水餃子
a0105981_22433921.jpg


◎台湾風手羽先揚げ
a0105981_2245947.jpg


◎搾菜(お通し)
a0105981_22465172.jpg


も、よかったです♪

あ〜!振り返っていたら、また久々に台湾へ出かけたくなってきました!

台湾厨房 Taipei タイペイ
東京都大田区西蒲田7−51−13
小林ビル1階
TEL 03-6666-5175

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
# by uma18p | 2012-11-27 22:51 | 台湾
二十四節気の「小雪」も過ぎ、本格的に寒くなってきましたね。
そんな時季にぴったりな、ほかほか土鍋ごはん!

◎扣肉煲饭 豚角煮青菜入りの土鍋ご飯
a0105981_22345566.jpg

「土鍋ご飯」今回の店では、
煲饭(bao1fan4)
と書かれています。
ここは、ご飯メニューの他、一品料理でも土鍋の煮込みや炒め料理が充実していて、店名にもその調理法を意味する「煲」の字が入っているのです!

他の店では「土鍋」を表す、
沙锅(sha1guo1)を使用し、
沙锅饭(sha1guo1fan4)と表すところも多いかも。

できあがると、厨房からたっぷりの湯気を立てパチパチと音をたてながらテーブルへ運ばれます。
スプーンに掬い、あつあつご飯をはふはふしながら食べていると、寒さにブルッとしながら店に入ってきたときの感覚などどこかへ飛んで行って、たちまちぽかぽかに温まりますよ!

四季煲坊
東京都港区新橋2−9−16
米倉屋ビル1階
TEL 03-3503-4560

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
パリパリの羽根をまとった、モチモチの皮&ジューシーな餡の、「羽根付き餃子」。東京都大田区蒲田の名物としてすっかりおなじみの存在。

これを食べるために蒲田を訪ねるひともたくさんいるのでは?

現在は、多くの店で提供されていますが、そのなかでトップに君臨し人気を博す「御三家」。
それらが、きょうだいであることは、雑誌やテレビなどで紹介されだんだん認知されてきていることと思いますが、同じきょうだいのひとりが、千葉で中国料理店を営み、そこでもなんと「羽根付き餃子」を食べることができるのです!

a0105981_1932402.jpg

a0105981_19331676.jpg


パリッと香ばしい羽根・丸っこくコロリとしたフォルム・もっちりした皮・ジューシーな肉餡、旨い「羽根付き餃子」はホームタウン蒲田から離れたこの地でも健在!

ところでここの店の存在を知ったきっかけは、BS朝日「美味しさの物語 幸福の一皿」という番組内でのひと幕。「元祖」とされる「你好」を営む、長男・八木功さんの歴史が語られるなかで、ほんの一瞬表示された表のなかにこちらの名を見つけたのです。下記のような感じで。10秒あったか無かったか。

昭和61年 次女 歓迎
      四男 大連
平成6年   三男 金春
平成8年  長女 彩雲

功さんに次いで開業した、きょうだいたちの開業年と店名の一覧です。
「你好」「歓迎」「金春」が、「蒲田羽根付き餃子御三家」と呼ばれる3店
「大連」は、大森・三田にある店、
と、ここまでは認識できたのですが、
ん?最後の店は?
ということで机上のメモに書き留めておいたのです。

そんないきさつを、ちょうど会計時に応対してくださった「長女」ご本人に話したところ、
功さんから「そっちも撮ってもらったらどうだー?」
…こっちはいいわよ
「じゃ、写真くらい出したらいいじゃないかー?」
…それもいいわよ^^;
といったやりとりを交わした末の、「一覧表のみの登場」だった、というウラ話を教えてくださいました!

平日ランチタイムに行ったので、「羽根付き餃子」のほかに、セットや中国茶ドリンクバーもいただきました。好吃でした♪
a0105981_2083145.jpg

a0105981_2085781.jpg


中国料理 彩雲
千葉県佐倉市上志津1043−26
TEL & FAX (043)460-2180

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]