窓を開け爽やかな風を感じ、晴天だとじんわり額が汗ばむようになった頃。がんばって仕事した一日のしめくくりには、餃子をぱくぱく、がいいね!と思い、気になっていた店、一味玲玲へ行ってみました。
こちら一味玲玲では、中国東北地方の家庭料理をいただくのもよし、なのですが、いろーんな味でひたすら餃子というのがまたよし!

一味玲玲の餃子は、
☆皮から手づくり。
調理法は、
☆焼き餃子(煎饺 jian1jiao3)
☆水餃子(水饺 shui3jiao3)
☆蒸し餃子(蒸饺 zheng1jiao3)
餡には下ごしらえ時に味付けを施してあり、その餡の種類がなんと14種類も揃っています。豊富!
☆しそ(大叶 da4ye4)
☆セロリ(芹菜 qin2cai4)
☆椎茸(香菇 xiang1gu1)
☆キャベツ(包菜 bao1cai4)
☆白菜(白菜 bai2cai4)
☆トマト(西红柿 xi1hong2shi4)
☆ニラ(韭菜 jiu3cai4)
☆ナス(茄子 qie2zi)
☆人参(胡萝卜 hu2luo2bo)
☆エビ(虾仁 xia1ren2)
☆ホタテ(鲜贝 xian1bei4)
☆フカヒレ(鱼翅 yu2chi4)
☆ニンニク(大蒜 da4suan4)
☆パクチ・トウチ辛口(香菜・豆豉 xiang1cai4・dou4chi3)
つまり、これら14種類の餡×3つの調理法=42通りの味を楽しめるのです!

店員さんに餡ごとのオススメ調理法をききながら選んで食べてみました!
まずはじめにふらりとひとりで寄った時は、

◎しそ(焼)
a0105981_11281785.jpg


◎セロリ(水)
a0105981_11291393.jpg


この初訪のあと、ここのおもしろさをTwitterでつぶやいたところ、興味をもってくれた友が♪その友と一緒に再訪!(ここからの写真はほとんど見分けがつかない似たものが並びます;笑)

◎フカヒレ(水)
a0105981_11343057.jpg


◎パクチ・トウチ辛口(焼)
a0105981_12444616.jpg


◎トマト(蒸)
a0105981_12454726.jpg


◎椎茸(水)
a0105981_1246475.jpg


◎ニンニク(焼)
a0105981_12465131.jpg


◎エビ(蒸)
a0105981_12471964.jpg


餡には味付けしてあるので、どれもそのまま食べておいしい。餡の中にニンニクを使っていないので、テーブルには特製ニンニクタレが用意されています。あと、さっぱり派には特製酢こしょうタレもあります。あと、酢・醤油・辣油も置いてあります。どれも試してみよう、ということで、テーブル上タレ皿も多彩に!
a0105981_12575530.jpg

下味がしっかりついているので、そのまま、もしくはタレや調味料をつける場合はほんのちょっと、がいいかな。

a0105981_14142258.jpg

お通しをつまみながら、さて何味にしようか、焼か水か蒸か、とわいわい楽しみながら餃子を囲むひととき、ぜひ♪

東京都港区新橋3丁目19−2 2F
TEL (03)3432-9073

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
関東地方の各地で桜を愛でていたころ。羊好きな食べ仲間、埼玉に集合!
集まった場所は、本格ウイグル料理 シルクロードムラトです。
HPによると、店主のエリさんは来日し日本語を学び大学院を修了後、故郷新疆ウイグル料理を日本に紹介する店を開店。ウイグルと日本の架け橋になるために、店の発展に尽力し続けています。
そんな店主エリさんが腕をふるったウイグル料理で、羊肉をさまざまな料理で堪能いたしました!

◎ラム肉の串焼き Kawap
a0105981_238319.jpg


◎水餃子 Benxure
a0105981_2392041.jpg

餡の肉がブロック肉をたたいたものなので、肉の旨味がしっかり。

◎羊のタンの塩茹で(ピリ辛のタレ付き)Til
a0105981_2431319.jpg


◎鍋焼きカワプ Qazan Kawap
a0105981_2521449.jpg

下味をつけたラム肉と玉ねぎの炒め物。

◎ラム肉と野菜の炒め物 Goyro Sey
a0105981_2541193.jpg


◎ウイグル式焼きうどん Soman
a0105981_2592821.jpg

羊肉と野菜がたっぷり。麺は、平麺を短く切ったような麺。

◎ウイグル式ミートパイ Gux Nan
a0105981_35664.jpg

パイの中ももちろん羊肉!
a0105981_371442.jpg


◎ラムチョップ Kawap(骨付き)
a0105981_39744.jpg


◎ラグメン Leghmen
a0105981_311357.jpg

注文が入ってから麺を打ちます。

◎ポロ Polo
a0105981_3172818.jpg

ウイグル式ピラフ。
このままでもおいしいですが、ヨーグルトをかけてもまた違ったおいしさを楽しめます。
a0105981_3195135.jpg


◎鶏もも肉の串焼き Tuhu Kawap
a0105981_3211062.jpg

メニューシートを見ながら「へぇ〜。串焼きは鶏もあるんだね!」「でも羊の会だし!鶏はいっか!」「そのぶん羊をもう一回たのもっか〜」なんて会話をしていたら、エリさんから「いやぁ、鶏もおいしいからどぉ?」とひと言いただき「あ、そうなのね、じゃ、お願いしまーす!」と即決で追加(笑)鶏肉らしくプリッとした食感が楽しめ旨かったです!

全メニュー制覇してしまうのではないか、という勢いでたくさんいただきました!
しかしメニューはまだたくさんあるので、未食メニューを含めてまた羊肉を堪能しに来よう。
ご一緒したみなさまありがとうございました!

埼玉県さいたま市桜区栄和3−20−13
TEL (048)852-3911

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
普段の行動圏と比べて中華料理店が少ない青山エリアで、貴重な存在!
明るくこざっぱりした店内。
何らかのキッズ向けスクールのお迎え帰りらしき、子連れオシャレママ友グループ。
そんな雰囲気に影響されたか(笑)、グラスワインをいただきながら、紅油水餃子をつまんでみました♪
a0105981_21533835.jpg

紅油は餃子の下に潜んでいて、しっかり混ぜて絡めると、しっかり纏う。
a0105981_21554983.jpg

これが相性いいんですよね、ワインと。
中華料理とワインのマリアージュを楽しめる店が増え、これらの相性の良さに対し認知度も上昇中。中華料理の楽しみ方が広がっていくといいですね!

そして、担担麺もいただきました!
a0105981_2262197.jpg

程よい辛味が漂いつつも胡麻が利いたまろやかスープをついどんどん飲み進めてしまいました。
汁あり担担麺をいただいたとき、スープが旨いと心身ほかほかハッピーな気分に。気持ちよくスープを飲みながらふと思いました。こういう味、スープメニューとして単独でデビューしてもいいんじゃないかしら。
その名も、担担湯(たんたんたん)!

HPによると、夏メニューとして冷やし担担麺があるようです。
暑いときにキュッと冷えた担担麺、いいですね!でも熱い麺でピューピュー汗をかくのも、いい!
その時の気分にフィットしたチョイスで、担担麺を味方につけて暑い夏を元気に乗り切っていきましょう♪

東京都港区南青山5−1−25
メゾンドラミア2階
TEL (03)3499-4120

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
以前、上海小吃舘だったところが、担担麺メインの店に。
中には、上海小吃舘のときと同じ厨師さん&服務員さん!
そういえば前回来た時に、担担麺もオススメと言っていたっけ。
一時巻き起こっていた焼き小籠包ブーム&出店ラッシュが落ち着いてしまったので、方向転換かな?

担担麺のメニューは「汁あり」がメイン具材を変えて7種類あり、他に「汁なし」、つけ担担麺、担担麺以外はジャージャー麺、五目野菜マーラー麺。
わたしは「汁なし」を。

◎本格四川担担麺
a0105981_1152756.jpg

麻辣味の芝麻醤がすでに麺全体に絡めてあります。
まろやかな芝麻醤の口当たりのあとに、じわじわと麻&辣が現れてきます。食べ進めていくと第一印象以上に麻辣がきいてくるのを実感。

もうひとつ、おもしろいメニューが目に留まったので、追加!

◎上海風焼き餃子
a0105981_11363342.jpg

メニューには、この餃子ともうひとつ、「焼き餃子」もあります。
違いは何か訊ねたら、「上海風」のほうは、餡にスープが入っていて、上海の人気小吃、小籠包(南翔小籠をイメージ)のような餃子なのだそう。
スープがじゅわりと出てきて、皮も厚めでもちっとしています。
蒸さずに焼いてあるので、姿をかえた「生煎包(sheng1jian1bao1):焼き小籠包」といってもいいかもしれませんね(笑)

ところで、店名の「匠心」、ショップカードなどには「たくみこころ」とひらがなをふってありますが、実際中国語でこの単語があり、これが入った成語もあります。
☆独具匠心
☆别具匠心
いずれも「独創的な工夫がある」「オリジナリティーがある」という意味です。
このまま担担麺を追究して定着してゆくもよし!
本店「味上海」のサテライトショップ的存在として、そのときの「旬」をテーマに変身する場となってもよし!
「匠心」精神で、中華料理をおいしく楽しめる場であってください。
加油〜!

東京都港区新橋2−8−16ー1F
TEL (03)3504-8898(←これは、ここの番号。)

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
前記事に続いてもう1軒ナポリピッツァ!
人形町界隈を散策中に発見。ところがその時は営業していなかったので、日を改めて再訪。

ピッツァは3種いただきました!

◎マルゲリータ
a0105981_2237523.jpg

おなじみ、トマトソース・モッツァレラ・バジリコのピッツァ。

◎ロマーナ
a0105981_22395584.jpg

こちらはトマトソース・モッツァレラ・アンチョビ・オリーブ・オレガノ。

◎タンブレッロ
a0105981_2242444.jpg

生地がおいしかったしトマトベース以外も食べたくなってしまったので、追加した1枚!
モッツァレラ・ミニトマト・サラミ・バジリコ・パルミジャーノ。

ピッツァが来るまでの料理もいろいろ惹かれる料理がメニューに並んでいたので、ふた品チョイス。

◎パスタ入りベシャメルコロッケ
a0105981_22501273.jpg

ブガティーニとベシャメルソースを混ぜて成型しひまわり油で揚げたもの。ナポリの伝統料理なのだそう。

◎背黒鰯のフリット
a0105981_22525591.jpg

身はふわり、皮・骨は香ばしい!

そしてドルチェには、
◎ティラミス
a0105981_2342845.jpg


ピッツァも料理も店内の雰囲気も、南イタリアを満喫いたしました♪
a0105981_2324320.jpg

店内装飾に多様されているコレ、これがtamburello(タンバリン)なのでした!

東京都中央区日本橋堀留町1−2−9
DIG DUG 1階
TEL (03)6661-6628

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
10年前、旅したナポリで食べて以来すっかりファンのナポリピッツァ。
店を見つけたり情報を教わっては足を運んでいます。
今回は、友人の紹介で、吉祥寺へ!

◎マリナーラ
a0105981_21312652.jpg

と、その奥に写る、

◎マルゲリータ
a0105981_21322331.jpg

をいただきました。

メニュー冊子に「pizzeria GG」的Pizza Napoletana(ナポリピッツァ)の解説が載っていたのでそのままご紹介いたします。これを知って食べたら、美味しさもふくらみ、堪能できます!

☆生地は、小麦粉・塩・水・酵母だけ。生地が軽くオイルを多用しないのでヘルシーです。
☆生地は、温度・湿度で管理方法が異なるため、職人は調整しながら作ります。
☆ナポリでは1枚4ユーロ!老若男女に親しまれる庶民の味です。
☆薪窯を使い、約450℃で1分。一気に焼き上げます。その食感はサクッフワッモチ!

他に、ピッツァを待つ間に、

◎ゼッポリーネ
a0105981_21452920.jpg

もいただきました。
海草を練り込んだナポリ特有のフライです。

他の都内のピッツェリアより安価でおいしいピッツァをいただけるので、近所だったらかなりの頻度で行ってしまいそうです!

東京都武蔵野市吉祥寺南町1−17−1
プレジールB1F
TEL (0422)26-5024

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
祝い事があって、肉づくしディナー♪
ずっと行ってみたかった、CARNEYA ANTICA OSTERIAへ。

◎土佐あか牛のカルネクルーダ
a0105981_20352625.jpg

皿の手前部分の粗挽きペッパーをちょこっとつけて食べます。

◎モツ・クッキング con 香菜(シャンツァイ)
a0105981_20375659.jpg

数種のモツ&野菜の上に、大好きな香菜がこんもり!

はじめのふた品もガッツリ食べごたえありましたが、次に迫力のメインを!

◎スーパーCARNEYAオールスターズ
a0105981_20481584.jpg

熟成牛を含めた5種の肉がズラリ!総量600g!
塩orマスタードをちょこっとだけ付けながら、それぞれの肉の味を満喫!
テーブルに置かれた時に、店のかたがひとつずつ肉の説明をしてくださいます。

肉づくしを堪能したあとは、ドルチェでさわやかにしめくくり♪

◎シチリア産ピスタチオのタルト
a0105981_20562751.jpg


◎ソルベ
a0105981_20565080.jpg


次は、ランチタイムにいただけるハンバーガーをぜひ食べに行ってみたい!

東京都新宿区南山伏町3−6
市ヶ谷NHビル1F
TEL (03)5228-3611

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
池袋駅西口〜北口あたりは、すっかり「中華料理」を楽しむエリアとして利用しておりますが(笑)、なんとヨルダン・シリア・レバノン・パレスチナなどのアラブ料理を楽しめるレストランが!そしてそこのパーティーコースメニューとして、仔羊の丸焼きをいただけるコースがある、ということで、羊肉大好きな人が集合!

◎冷前菜&サラダ
a0105981_1892339.jpg

4種の冷菜は、写真左から、
・ヨーグルト
・茄子と胡麻
・胡麻とセージ
・赤い豆と白ごまペースト
これらを、
◎アラビアパン
a0105981_1813197.jpg

にちぎってつけながらいただきました。

◎ファラフィル
a0105981_1815186.jpg

すりつぶしたひよこ豆・オニオン・にんにく・ハーブで仕上げたコロッケ

◎サンブーサ アラビアの春巻
a0105981_18171820.jpg


◎月の砂漠のスープ
a0105981_1817458.jpg

若麦・たまねぎ・スパイスのスープ

そしてメイン登場!ビッグなのでふたりがかりで運ぶ!
◎仔羊の丸焼き一頭
a0105981_18193959.jpg

a0105981_18202553.jpg

一片をざっくりと大きめにカットしたあとは、皆勢いよく手で!
羊肉独特の甘みを思い切り堪能できるシンプルな味つけ。
皆の手が伸びる勢いはしばらく続き、大きな丸焼きがだんだん小さくなってゆく。
が、その大きさは視覚で感じる以上にボリュームがあり、完食には至らず、店員さんに分けて包んでもらい、数人持ち帰ることに。

◎デザート
ローズオイル入りミルクとココナッツのライスプディング
a0105981_18273798.jpg


◎ハーブティー
a0105981_1828537.jpg


そして食後には、シーシャ(水たばこ)を。
a0105981_18303468.jpg

初めてなので、店員さんから説明をしてもらってから、ひとりひとり順に体験。
すこーしドキドキ緊張感を携えながら、番を待つ(笑)
花やフルーツなどの甘いフレーバーで、口も気分もすっきり!アロマ的効果も期待できそう。

皆、ティッシュなどで拭き取っても残っていた、指先の羊の香りで余韻を楽しみながら、盛況のうちに会を終えて帰路についたのでした。
企画者さま&参加したみなさま、ありがとうございました!

東京都豊島区西池袋1−26−5
東山ビル2F
TEL (03)3980-7057

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]