北京の名小吃、爆肚。
爆肚とは、牛や羊の内臓を刻み、熱湯にサッと通し、調味料をつけて食べる料理の総称です。

北京市内の爆肚店のなかでも、
☆清の時代、光緒十九年(1893年:明治26年)創業
☆「中华老字号(中華の老舗店)」の称号を掲げる
☆国の特許を取得した調味料(爆肚のつけタレ)
☆《八方食圣(八方食聖)》という北京電視台の番組で行われた羊肚コンテストで金厨帽(ゴールドコック帽)を獲得した
と、特筆ポイント満載な名店「爆肚馮 金生隆」へ行ってまいりました!

店を見つけ入り口へ近づいてみると、店頭の店名表示の「馮」の字のうち、にすいを残し、つくりの部分に紙を貼って隠してあります。あとからもらった店の名刺も、「馮」の字のにすいを残し、つくりを「■」と表記。一瞬酷似した別の店なのか、と怪しんでしまいましたが、ここで大丈夫(笑)
とても人気があるようで、満席だったうえに、空くのを待つ先客がふた組。「3」と書かれた紙切れを受け取り、しばし待ったのち、入店。

◎水爆羊肚 羊肚仁
a0105981_18564654.jpg

ゆでモツ。一頭から少ししか取れない羊ミノの一部。メニューには噛んだときの食感ごとにやわらかいものから硬いものまでさまざまな部位が書かれてあります。そして羊のほかに牛のモツもあります。
これを、
◎調料 
a0105981_1913679.jpg

特許をとったこだわりごまだれをつけていただきます。
運ばれてきたこの状態を見ると「ん?これがごまだれ?」と思いますが、服務員さんから「よ〜く混ぜてくださいね〜」とひと言。混ぜてみると、
a0105981_193556.jpg

ごまは底面に隠れていたのですね!
そしてさらにこれに、
◎作りたて辣油
a0105981_1953884.jpg

を加えて再び混ぜて、つけだれ完成!

羊肚仁は、ぐにゅっとした弾力と、噛み切ったときのしゃきっとした歯ごたえがどちらも楽しめ、羊の独特の濃い風味と香りも広がって、とってもおいしい!

材料が新鮮なだけではなく、きれいに洗い、独特の切り方、火加減は細やかに。
料理をテーブルへ運ぶタイミングや順序も、代々伝わる手法も守り続ける。
このおいしさを提供するためのこだわり。

おいしくて、箸でとり→たれをつけて→口へ運ぶ、のサイクルを止めることができず、どんどん食べてしまう〜。とても食べ応えありましたが、もうひと皿追加してもよかったかなぁ。帰ってきてからも、ときどき思い出しては「う〜食べたい」とぼやいています(笑)

◎醤羊肉 
a0105981_19241817.jpg

羊あばら肉の煮込み。こちらも、モグモグ噛んでいると口中に羊の旨味がじわじわ現れる!

◎门钉肉饼(門釘肉餅)
a0105981_2163435.jpg

街のどこかで見つけたらたべてみたいなぁと思っていたものの、出合えなかった小吃。
メニューにその文字を発見し、迷わず追加!
建物の扉に付けられる円形の釘をかたどった、肉餡ぎっしりの焼き餅です!
a0105981_2112178.jpg

牛肉の餡がぎゅぎゅーっと(入力後に気づいてしまったが、決してギャグ的形容ではありません;笑)詰まっていて、こちらも羊とはまたひと味違った旨味を楽しめました。

今後北京へ行く際は、来訪必須になりそう!
次は爆肚とともに、他のテーブルのあちこちに登場していた涮羊肉(羊肉しゃぶしゃぶ)をぜひ食べてみたいです。

北京市西城区安德路六铺炕一巷餐饮街
TEL (010)65279051

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
扉を開けて一歩店に入ると、麺や具と混ぜる「醤(ジャン)」を炒めるいい香りが広がります。
a0105981_22385196.jpg

葱と合わさって芳香が増し、食欲も更に増す(笑)

食べたのはもちろん、炸酱面(炸醤麺)!一杯15元!
注文してしばらくすると、仏頂面の服務員が麺と具をのせたトレーをもってテーブルのそばへやってきた。大きめの碗には麺、その横には具が一種ずつのった小皿が並ぶ。
服務員、その小皿をガッチャンガッチャン激しくぶつけながら、すごいスピードで碗へ放り込む!
a0105981_22461737.jpg

運ぶ直前に厨房で何かイヤなことでもあったのかい?って勘ぐってしまいたくなるくらい、ピクリとも表情を変えずに一気に激しく移していく(笑)結果、特に不機嫌だったわけではないようだ。あとに他のテーブルへ運んでいったとき何れも同様の仕草だったので!
a0105981_22513731.jpg

ここに、入り口で炒め実演をしていた「醤」を加えて、
a0105981_22531837.jpg

しっかり混ぜる!
a0105981_22534511.jpg

醤は、香りの印象よりも口当たりさっぱりめでしたが、いやぁやっぱりおいしい♪北京式炸醤麺はやっぱりいいね、と再確認!具の種類が豊富なのがいいし、醤が旨いし、麺は太めでもっちり。
日本でも食べたい〜!

北京市崇文区崇文門外大街29号
TEL (010)67056705

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
北京観光の代表的スポットであり、ユネスコ世界文化遺産にも登録されている、万里の長城。北京郊外にいくつかある訪問可能なスポットのなかの代表的存在である、八达岭(八達嶺)へ行ってまいりました!
a0105981_17481487.jpg

ここを訪れるのは、2度目。とはいえ、前回はおよそ20年前。わずかな記憶をたどってみてもなかなか鮮明には甦らず、初訪問同然(笑)
市街地から長城までの移動手段は、鉄道・バス・チャーター車・ツアーなどいろいろ。今回は、路線バスを利用しました。ひとり12元。
北京中心部北西方面にある德胜门(徳勝門)から出発。八达岭(八達嶺)行きは、919路・877路の2路線があります。どちらも乗車を待つ人たちで長い列ができていました。本数がわりと多めで、満席になったら発車し、ほどなく次のバスがやってくるので、列の流れはまぁ良いと思います。今回877路に乗車。車窓からの風景や、時々山の斜面に現れる長城の一部を観て楽しんでいるうちに、到着。メインの入り口より少し手前にある「熊楽園」というところで降車。そこから2〜3分歩いて、入り口へ。
門票(チケット)を購入し、早速入場!門票は、ひとり45元。
a0105981_1825097.jpg

国内外から、家族で、ツアーで、たくさんの人が。パンダも(笑)
a0105981_18214799.jpg

中央から、比較的ゆるやかなコースと急勾配のハードなコースのふた手に別れます。
長城の後も街に戻ってたくさん歩くことになると思うので、ゆるやかなコースにしよう、と話し、そちらを選択したつもりが、わたしが方角を完全に勘違いしており、結果、ハードなコースを選んでいたことをあとになって気づいた(笑)
a0105981_1834826.jpg

たしかに、これってほぼ垂直じゃん!と感じてしまうくらいの急な角度のところもあり、「これでゆるいっていうんじゃ、向こうはいったいどんなことになっているんだ!」と驚きながら歩いていたのです…。
たまに足をとめて遠景を眺めたり、
a0105981_18383813.jpg

後方を振り返ってみたり、
a0105981_18395452.jpg

再び登ることに集中したり、
a0105981_1841472.jpg

を繰り返しながら、どうにか頂部へ到着。
a0105981_1843855.jpg

あいにくの曇天で気温も低めで、登り始める前は肌寒かったのに、暑くて発汗!
ここや、さらに先の通路では、日付や名前を彫って入れる登頂記念メダルを売る人がちらほら。結構買う人多し。
しばらく周辺を散策してから、前日の香山公園の下山同様、膝や腿をカクカクプルプルさせながら、ゆっくり降りていきました。
a0105981_18524645.jpg

そういえば、登る手段として、ロープウェーも候補にしていたのですが、運行していませんでした。
a0105981_1931698.jpg

帰りは、ホテルや土産物店エリアのそばから、919路のバスで德胜门(徳勝門)へ戻りました。
遠くの峰まで延々と続く長城のさまは、龍の如し。やはり世界の何処の他の建造物でも感じられない壮大さと迫力ですね!北京へお出かけの際には、ぜひ旅程に入れてみてください!

歩行コースともうひとつ、あとで気づいたこと。
門票(チケット)の裏面が、なんと葉書になっていたのです!
a0105981_19153588.jpg

「長城に至らずんば好漢にあらず!」の有名な一節に呼応するように、
「長城に登ったぞ!」とのメッセージ入り(笑)
良い「旅便り」になりそうですね!切手追加して、日本へ送ってみればよかったなぁ。

八達嶺長城日本語サイト
八达岭长城中国語サイト

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
朝、出租車(タクシー)で環状線をぐーっと南下し飛ばして行ったのは、牛街。
牛街は、北京の回族(ムスリム)が居住する大きなエリア。
そのエリア内にある小吃店です。
店先には、入り口の左右どちらにも、おいしそうなものがずらりと並ぶ!
a0105981_21481874.jpg

a0105981_21483944.jpg

そしてこれらを買い求める客も、ずらりと並ぶ!(笑)
皆、それぞれの「定番」があるようで、列がちょっと長くてもどんどん進みます。ので、あまり待つことはありません。
どれもおいしそうで、決めかねて悩んでいましたが、並んでいる間に前の客の多くが購入していたものたちを選択。
a0105981_22114430.jpg

<奥左→驴打滚> 蒸した餅のような生地に小豆餡をた、わらび餅のような食感のお菓子。見た目の大きさの迫力に反し、甘さひかえめ。   
<奥右→炸糕>  揚げ餅。中は小豆餡がたっぷり入っています。揚げ衣がサックサクでおいしい。
<手前→(名称不詳)> 餃子のような姿をした、肉包子。ぷっくりしていてかわいい。

欲しいものを店員さんに言うと、ぽんぽんビニール袋に入れて渡されます。
購入し、店内へ入るとテーブルと椅子があり、そのまま店内で食べていっても可。訪問時は、持ち帰った人がやや多めだったかなぁ。
もしもこの店が近所にあったら、毎日来ちゃうこと、必至だな〜!
a0105981_22505816.jpg


北京市宣武区牛街12号
TEL (010)63550735

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
ここ数回の北京旅は、ひとりでした。
好きで食べたいけれどひとりでは行けなかった、北京ダック!
今回久しぶりにいただきましたー!
a0105981_2122368.jpg

生後日数・重量の限定条件をクリアしかつ皮に損傷がない極上品のみを使用しているそう。
厳選こだわりダックを、東京にも支店がある北京烤鴨の有名店『全聚徳』の元料理人厨師によってつくられます。

今回チョイスしたメニューは、
一鸭三吃 (一鴨三吃)
一羽のダックを3つの料理で楽しめます♪

<1>烤鸭(烤鴨)
a0105981_213335100.jpg

注文してしばらく待ったのち、まず一羽まるごとの状態で「焼けましたよ〜」とテーブルに持ってきてお披露目!
そのあと近くのテーブルできれいに切ってくれます。
カットされきれいに並んだダックをのせた皿が…なんともうひと皿!
ダックを、黄瓜条・葱・酱とともに、
a0105981_22234176.jpg

饼で巻いて、
a0105981_22245522.jpg

いただきます。
肉はもちろん、脂も皮も濃厚な甘みたっぷりでジューシーで旨い!
運ばれてきたときは、量の多さに驚きましたが、おいしくて、巻いて口へ運ぶ手が止まらず、饼をおかわりしてしまいました(笑)

<2>椒盐鸭架(椒塩鴨架)
a0105981_22334565.jpg

ダックのカット後に残った骨を、塩胡椒味の唐揚げに!
骨まわりには肉が結構残って付いているので、なかなか食べごたえあり。
啤酒(ビール)にぴったり!

<3>鸭架汤(鴨架湯)
a0105981_2251553.jpg

ダックのがらスープです。
胡椒をふんわり利かせて旨いスープ!
たっぷり食べてお腹が満たされていたのに、するする喉を通ってしまった!

ダックを骨の髄まで堪能できてしまうコースなのでした!

a0105981_2373977.jpg

大通りから少し外れた静かな胡同にあります。
近くの道沿いの住宅の壁に、道標あり(笑)ダックのナビに従って進むと、店に着きます!
a0105981_23153666.jpg


崇文区前門東大街正義路南口北翔鳳11号
TEL (010)67055578 or 67025681
FAX (010)67025681

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
「北京といえば」まず挙がる風景。おなじみの、天安門!皇帝の居城だった紫禁城の正門です。
昼間に天安門広場に来たり、移動過程で門前の長安街をたびたび通ったりしておりましたが、夜、ここを目的地にゆっくり訪問したのは、初めて。
a0105981_10165690.jpg

全体がライトアップされており、夜空に明るく浮かび上がる!
夜も、記念撮影をする見学客でにぎわっておりました。ショルダーバッグにプリンタを抱え、撮ったらすぐに渡してもらえる「記念撮影屋さん」が何人も立っており、なかなかの稼働ぶりでした!

この南、長安街の先に、天安門広場が広がっています。
今回は広場へは入れませんでした。(夜だったからなのか、要人訪中で閉鎖していたのか、理由は不明です。)広場は外側から全景を眺めるよりも、中に立ってみたほうがその広さを実感できるので、入れなくて残念でした。

開放されているときは、たくさんの見学客の他に、凧揚げするひと、二胡を弾くひと、お土産を売るひとなどで賑わっていました。今回は、脇の歩道(これも結構広い)で数人が凧揚げしていました。

門前に、人民解放軍により五星紅旗が掲揚されるのですが、この旗も夜は降ろしてありました。ポールのそばに、揚げる時刻と降ろす時刻が表示されていました。

門全体のライトアップは点灯時間があるようで、食事を済ませたあと再び通ったとき(22:00くらいだったかな)は消灯していました。

天安門エリアの総合サイト

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
北京へ行ったら、やっぱり食べたい「炸酱面(炸醤麺)」!
日本の中華料理店でも「ジャージャー麺」などの呼称でメニューに並ぶ店も少なくないのですが、北京のそれは、ちょっと違うのです。
前回(2007年夏頃)に行った一碗居がなかなかおいしかったのでそこへ再訪してもよかったのですが、いろいろな店の炸酱面を食べ比べるのも面白いかも!ということで、こちらへやってきました。(今回の旅では、此処ともう一軒行きました♪)

◎炸酱面
a0105981_1234168.jpg

麺・具・醤が別々の皿に盛られて運ばれます。
野菜を麺の上に乗せ、さらに、豚挽肉・椎茸・筍などを味噌で炒めて作った「炸酱」を乗せ、
a0105981_12373417.jpg

「炸酱」が全体に均等に絡むように、しっかり混ぜ合わせていただきます!
a0105981_12392618.jpg

「炸酱」は、それ単独でもおかずとなりそうな、食がすすむ味。ごはんの友にもいいかも。
もっちりほかほかな麺にぴたっと絡まって、おいしいです!
野菜の具が豊富なのもうれしい。特に枝豆の甘みとの相性がよく、とても好きです。追加トッピングしたいくらい(笑)

日本でも、このような「北京式炸醤麺」がメニューに登場してくれたらいいなぁ、と願っています。

同じ通り(地安門西大街)の少し西側に「京味楼」というレストランがあり「京味」のふた文字を見てこの店の前でタクシー下車。うっかり!そこから東方へ15〜20分くらい歩き、ようやく目的地「京味面大王」に辿り着いたのでした〜(笑)
a0105981_13401473.jpg


西城区地安門西大街35号
TEL (010)64056666

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
先月初めに行ってきた、北京旅。
まぁ特に何かなくても常に中国へ行きたいと思っているのですが(笑)、今回北京に行こうと思ったきっかけが、ここ香山公園の紅葉を観よう、ということ。

初めて中国語を学んだとき使用した中国語言学院の教科書内に「香山红叶」という題材で登場してからずーっと気になっていました。山西省に居た頃、数回北京に出かけたこともありましたが、地方都市から北京へ行くのはまさに「街(都会)へ出る」という感覚。太原を夜出発し、火車(鉄道)に揺られて10時間程度、朝靄のなかの北京の風景にテンションが上がり、中心部を散策し、買い物して、普段よりちょこっとだけ奮発しておいしいごはんを食べて帰る、というのが常でした。そんなわけで、気にはなっていたものの「いつか」と思って機会を延ばし続けておりました。

今年の秋ふと「紅葉の時期だなぁ。どこ観に行こうかな〜。過去最も驚いた蔵王の紅葉にしようか、神宮外苑の銀杏並木をのんびり歩くのもいいよねぇ…」とあちこちの紅葉の名所を思い浮かべていたところ、香山公園のことを思い出したんです。で、北京行き決定!

開催していた「紅葉祭り」
23届(第23回) 香山紅葉文化節
2011年10月12日〜11月6日
の期間内にギリギリセーフ。

地下鉄で「动物园站(動物園駅)」まで移動し、そこからタクシーで20分余で、香山のふもとにある駐車場&商店街エリアに到着、下車。

各商店のモーレツで激しい勢い(笑)の呼び込みでたいそう賑やかな商店街を10分くらい歩き、ようやく公園入口へ。
a0105981_1253027.jpg

イマイチの天気だったにもかかわらず、たくさんの観光客で賑わっていました!
もうちょっと門へ近づいてみると、紅葉祭りの装飾が。
a0105981_12544689.jpg

チケット(大人ひとり10元)を購入して入場!
a0105981_13252113.jpg


この公園、金の時代(1186年)につくられた、800年余の歴史ある公園で、広さは、なんと約160万㎡!広ーい!ということで、游览索道(観光リフト)を使って山頂へ行き、全景を楽しむことに。乗り場まで歩いて10分くらいだったかな。
リフトのチケットは、单程(片道)ひとり50元。ちなみに市街地からここまで乗ってきたタクシー代が51元!なんだか高いリフトだなぁと思いつつ、でも登山する心の準備はして来なかった(苦笑)ので、乗車!
a0105981_13354991.jpg

リフトは全長1400m、乗車時間18分、海抜557mの香炉峰山頂まで運行。
幸い風がなく気温もあまり低くならなかったので、なかなか気持ちよく乗れました!
視界を遮るものがないので360度迫力のパノラマです。紅葉は、ピークを既に過ぎてしまったかなぁという印象。でも一部まだきれいに色づく葉も観ることができました。
半分くらいのところでカメラが設置してあり、乗車記念写真を撮影します(下車後パソコン画面に表示してあり、販売しています。買いませんでした;笑 たしか30元と言っていたかな)
a0105981_13445894.jpg

歩いて登っているひともいっぱい。ヒールの高いブーツのひとやベビーカー押しながら登るひとも!
頂に着くと、さすがにちょっと空気がひんやり。あったかい豆乳を飲みながら景色を眺めたり、少しぶらり。あいにくの曇天で、遠方の景色はすっかり霞んでいました。今の季節はだいたいこんな感じだよ、とタクシーの運転手さんが話していましたが、晴れていたら市街地のほうまで見渡せたかもしれません。
a0105981_1350561.jpg

山頂エリアの木々は、紅葉だけでない別のものでも真っ赤に染まっていました。
a0105981_13534243.jpg

赤く細長い布に、黄色い糸で数種類願い事が刺繍してあり、好きなものを選んで購入し、下部の空欄に自分の名前や来園日などを記入し、木にくくりつけていました。
そして、これに匹敵するくらい売れていて皆身につけていたのが、これ↓。
a0105981_140821.jpg

ピンク・赤・白など数色の造花があり、それで冠を作ってもらうようです。かなり多くの女性客がかぶっていました!
しばらく散策し、さて降りようか、と再びリフト乗り場へ向かったら、行きに歩いて登った人々もハードさに観念したのか復路はリフトを選択する人が多かったらしく、乗車待ちの長〜い列が。もしや1時間くらいかかるんじゃないか、というくらい長かったので、歩いて降りることに。これがなかなか膝にきてキツかった!後半はカクカク小刻みに動き、すっかり膝がわらってしまっていました。

紅葉の名所として有名ですが、春や初秋のハイキングなども気持ちよく楽しめそう!

北京市海淀区西山脚下(买卖街40号)
TEL (010)62599886/1264
乗車バス路線:360路 714路 563路 318路 331路 696路 698路などが市街地から出ているようです。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
北京街歩きのお供、といえば、これ!
a0105981_0182058.jpg

掛紙のデザインがなかなかオシャレで、雫状の底部ぽってりな型の陶製瓶がなかなかカワイイ、ヨーグルトドリンクです。
街中いたるところで売っています。
喉が渇いたとき、小腹が減ったとき、大活躍!
購入したら、細いストローをくれます。この紙ラベルの上からそのストローをぷすっと挿して飲みます。
酸味控えめでほんのり甘くて、とてもおいしい!
180mlで、飲みごたえあり。

その場で飲んで瓶を置いて帰ると3元、
持っていくと5元。(わたしが利用した店の価格。統一価格ではないかも)

もし旅行や出張などで行き、店先に並ぶこの瓶を見かけたら、ぜひ飲んでみてください♪

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
内臓モリモリごはん!
a0105981_20141782.jpg


◎炒肝
蒜をたくさん使った豚レバー煮込み。
a0105981_2017064.jpg

ポピュラーな北京小吃です。
煮込みに包子をつけていただきます。
その、つける用の包子は、猪肉大葱包子を注文。
葱と胡椒が利いた肉餡が入っているのでこれだけで食べてもなかなかおいしいですが、ふんわりというよりは硬めでむっちりした生地は、炒肝のややとろみがかったスープがピッタリ合います!

◎卤煮火烧(鹵煮火焼) 
胃袋や舌なども含めたホルモンがどっさり入った煮込み。
a0105981_20473967.jpg

碗の中には、丸い火焼(小麦粉の厚い固焼餅)を一口大にカットしたものが入っています。
あっさり味のスープに、醋蒜汁(酢とにんにくのスープたれ)をかけていただきます。

このふたつの料理は碗の大きさを選べます(大 or 小)。今回はどちらも大碗でいただきました!
さらに、他のお客さんの多くが注文していた、人気の春巻も注文!

◎炸春巻
a0105981_20521344.jpg

皮は、普段認識している薄くてパリッとした皮よりも若干厚めでもちっとした食感。太めでボリュームたっぷり、食べごたえある春巻!

店内は常に満席。自分で料理を購入して席へ運ぶ仕組みなのですが、購入の行列がずらりとできることもしばしば。絶えず賑わい活気ある店でした。
今回は初めて行ったので、代表的料理を選んでいただきましたが、他にも涼菜・熱菜・麺・甜品がいろいろあって、どれもおいしそうでした!店奥の厨房の他に、入り口そばにも小さな厨房があって、なかから手際よくじゃんじゃん料理が出てくるさまに釘付けになっておりました(笑)
a0105981_2111329.jpg


こういう店が近所にあったら、三食毎日行っても飽きることがなさそう!
また行きたいです!

東城区鼓楼東大街311−1号
TEL (010)84010570
a0105981_21133310.jpg

鼓楼のすぐ東側です。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]