タグ:御徒町 ( 21 ) タグの人気記事

ここ「故郷味」は、御徒町エリアに来たときの食事では、常に上位候補!
気軽に寄りやすく、お店のかたをはじめお客さんも、いつ行ってもフランクな店の雰囲気がいいので大好きです。
このたび行ったときも、1階奥のテーブル席が空いているのがちょうど目に留まったのでそこに向かって奥へ進もうとしたら、そのすぐ横の大きめなテーブル席に、親・子・兄弟・孫が揃ったような家族グループがいて賑わっているようす。友人なのか常連なのか、お店のかたも交えて談笑していたので「まぁわざわざそこにお邪魔しなくてもね」と思い「上に行きますね〜!」と入り口付近から伝えたら、「いえいえどうぞ〜!もうココは終わるところだから!」と、手招きしてくれている(のは、お店のかたでなく、ファミリー客!笑)ので、最初に目に留まったテーブルへ!

まずは必ず食べる、
◎羊肉串(yang2 rou4 chuan4)
a0105981_1625128.jpg

豊富なスパイス香&味はもちろん、羊肉の甘みがじゅわ〜っと滲み出る脂の部分が旨い!

◎排骨炖酸菜 (pai2 gu3 dun4 suan1 cai4)
a0105981_16315233.jpg

白菜の漬物と肉をとろとろ煮込んだもの。漬物の酸味がまろやかにスープになじみ、旨い。ゴクゴクと飲み干した!

◎故乡味炒面(gu4 xiang1 wei4 chao3 mian4)
a0105981_16392776.jpg

キムチ肉絲焼きそば!じわじわやみつきになりそう。

ところでここも含め、中国東北地方料理のお店へ行くと、店内を飛び交う言語が3カ国語(中国語・日本語・韓国語)で、お店のかたが客に応じて流暢に使いこなしていることにいつも驚きます!
中国東北地区は吉林省を主に朝鮮族がいることに由来し、料理も韓国料理でお馴染みのチヂミや冷麺などがレギュラーメニューとして並んでいます。
「中華料理店で、韓国料理」というのも、楽しいですね!

東京都台東区上野6−2−7
キングビル
TEL(03)5807-1377

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
【阿吽(の呼吸)】
二人以上で一緒に物事を行うときの、互いの微妙な気持ち。また、それが一致すること。
(デジタル大辞泉より)

カウンターをはさんだ厨師と客が、一杯の麺料理への愛や期待の気持ちを向かい合わせる。
「一番おいしい担担麺って呼ばれたい、という気持ちで作った一杯を、しっかり味わってください」
運ばれた担担麺をひと口運ぶ。そのまま無心に向き合う。ひたすら食べる。
額や首筋に汗をにじませながらひたすら口へ運ぶ。
食べ終え静かに箸を置き、
「ごちそうさまでした、おいしかったです」
次の一杯を作る厨師の背に向かいそっと一礼をして、席を立つ。
…そんな阿吽の呼吸が交わされているような雰囲気、なのだ。

店の名がこんなふうに店の中で体現されているとは!と驚いたことを今でも鮮やかに思い出される。
偶然ひとり客が多かった偶然なのか、常にあの緊張感が持続しているのか。

いただいたのは、
◎つゆ無し担担麺
a0105981_16292974.jpg

混ぜる前、紅油の存在は目視確認。
混ぜてみると、隠れていた芝麻醤と共に麻辣なたれが濃厚に麺に絡みます。
そして使われている花椒の香りがとってもかぐわしい。
思いっきり集中して一杯を食べ終えました。

辛味の増減、辛味無しが可能だそうです。
これからの季節に現れる、夏期限定の「棒棒鶏涼麺」や、残暑期限定の「カリーつゆ無し担担麺」が気になるところです!

東京都文京区湯島3−25−11
TEL (03)3835-1796

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
「我流」担担麺!いったいどんな担担麺かしら?と、都02バス乗車中の車窓からずっと気になっていたので、行ってみました!

メニューを見ると、麺類が大きく4種に分類されています。
<竹子すりごま紅油タンタン麺>
<竹子紅油酸辣麺>
<竹子しょうゆらーめん>
<我流つけ麺>
ということは、「我流」という言葉は担担麺にではなく、つけ麺にかかっていたのですね(笑)
各種それぞれに、
・シンプル(ex:タンタン麺、サンラー麺)
・四川(ex:四川麺、つけ麺のみザーサイつけ麺と表記)
・バンバンジー
・ゴコウニク
・パイコウ
の5種の味から選べます。
ちなみにつけ麺のスープは、つけ麺以外の3種のスープからひとつ選択。
そのスタイルが「我流」ということなのかな。

わたしはシンプルに、
◎担担麺
a0105981_11514584.jpg

をチョイス。とってもさっぱりしています。
紅油の辛味もひかえめ。やさし〜い担担麺です。
「紅油タンタン麺」という名称通り、現地で食べたような、汁麺でなく紅油を絡めるスタイルも選択肢にあったらなお嬉しいかも。

最近は「汁なし担担麺」という呼称がすっかり浸透してきているようで、以前より目に留まる機会が増えた気がします。だからといって「汁あり」が消えることは無く、陳建民さんによって日本で食べやすく且つ一杯で一食が成立するよう考案され広まり定着した「汁あり」担担麺を無性に欲するときもある。さらに暑い季節がやってくると「冷やし担担麺」なんていうステキ涼麺も登場したり。担担麺というひとつのカテゴリーがどんどん広がりをみせているさまがとても楽しく興味深いですね。

ところで、担担麺のいわれはもうすでにいろいろな場で紹介されているのでご存知なかたも多いはず。
1841年頃、四川省自貢市の陳包包というひとが天秤棒を「担いで」売り歩いたことに由来するといわれています。
したがって、担担麺の話題でよく挙がる「タンタン」の漢字は、この由来をふまえると「担担」が正解で「坦々」ではないことが理解できますね^^ ちなみに「坦々」の意味は、
1: 地形や道路などのたいらなさま。
2: 何事もなく時の過ぎるさま。変化のないさま。
です。この意味に則った、新「坦々麺」ができたらいいかも!平皿に、さっぱり味の極太平打麺が一枚ぺろーんと乗り、切って食べる、とか…。

他にいただいたもの。
◎木須肉
a0105981_1403722.jpg

肉だけが細切りなため、肉感がもうちょっと欲しくなる。

◎小籠包
a0105981_141733.jpg

皮が厚めでむちっとしているので、包み方だけ変われば、蒸しor水餃子な印象。

本郷にも店舗があり、うろ覚えですが上中里にも新店ができたとTwitterで見たような。
担担麺と店舗のさらなる発展を目指し、加油〜!

東京都文京区湯島3−38−11
TEL&FAX (03)3831-6862

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
久々に韓国料理食べたいな〜ということで、行ってきました!
a0105981_1538396.jpg

「これらに白飯があったらそれで満足」しちゃいそうなくらいたくさんキムチやナムルがズラリとテーブルに運ばれます!
かなり好きなのに随分久しぶりになってしまった韓国料理ということで、注文するものをしぼりきれず悩んだ結果、選んだのは…

◎ボサム
a0105981_1548346.jpg

a0105981_15482093.jpg

厚切り豚肉と牡蛎キムチを、野菜でくるんでいただきます!
石板上に美しく整列した肉は脂の甘み充分。肉だけでもうかなり食べごたえありますが、白菜や大根と一緒に口へ運ぶと、コクはそのまま、後味はさっぱり♪
とっても好相性な組み合わせで、どんどん食べ進んでいったら野菜を先に食べきってしまったので、追加!
a0105981_1695749.jpg

ボサムの他に、チヂミもいただきました。
が、ここのチヂミは具材がごろりとたくさん!

◎唐辛子海鮮チヂミ
a0105981_16265336.jpg

粉は具材をかる〜くつなぐ程度。
唐辛子の辛味もスカーッと利いて、おいしいチヂミ!
a0105981_16275486.jpg

甘めのたれをちょこっとつけて。

隣の大きいテーブルでは、韓国人3家族くらいがみんなで賑やかにおしゃべりに花を咲かせながら鍋料理を食べていたのですが、とってもいい香りがほわ〜んと漂ってきて、とってもおいしそうでした。次は鍋ものにしてみようかな?

ところで、最近ハングルを学び始めました!
テレビ講座の視聴も昨日からスタート。
キーボード配列を見ながら、店名欄に早速ハングル表記を入れてみました♪
過去(高校生のときと15年くらい前)にもハングル学習に取り組もうとしたものの途中で挫折。
今回は勤め先の同僚に、生徒仲間と先生が両方存在するので、みんなの力も借りながら、楽しくがんばって身につけていきたいな〜と思います!

잘 먹었습니다〜!(ごちそうさまでした!)

東京都文京区湯島3−42−3
一直ビル2F・3F
TEL (03)3834-6626

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
こちらのメインである焼き小籠包の他に、いつも行くたびに食べているひとが多く気になる存在だった「豆腐花」を、今回食べてみました♪
a0105981_11541064.jpg

ふるふるなやわらか豆腐にあっさり醤油タレ、桜海老に万能葱に搾菜というシンプルなもの。これに、店頭にある味噌と油の中間くらいの硬度の辛味調味料(老干妈みたいな感じ)を加え軽く混ぜていただきます。お腹すいた、でもあまり食事に時間を割けない、なんていうときに最適の一杯ですね!するりと食べられるし、豆腐の量が意外とたっぷりなので、完食するとしっかり満腹感を得られる!「豆腐花スタンド」みたいなものがあちこちにあったらいいかも♪

東京都台東区上野4−7−8
アメ横センタービル1F ※ビル内ではなく、アメ横の通りに面したところです。
TEL 09091056916
↑王さんという方の携帯らしい(笑)ショップカードに記載あり!

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
中国東北部・吉林省東端、北朝鮮との国境延吉市辺りを指す「延辺朝鮮族自治州」の料理を味わえる店。メニュー冊子のなかは、中華料理と韓国料理が融合しています。
店員さんは延辺朝鮮族の方々なのか、中国語・韓国語・さらに日本語も使いこなす!すごい!わたしが行ったときに居た客が中国人・韓国人が半々くらいで、それぞれのテーブルにてそれぞれの言語で応対していました!
まずは大好きな、

◎羊肉串!
a0105981_1020590.jpg

大きめの肉塊で、食べ応えあり!脂身少なめなので甘味もひかえめ。行ったとき閑散時だったので、3本の注文に応じてくださいましたが、基本は10本からなのだそう。こちらの席のつくりは6人くらい座れそうなボックス席が9つくらいで、ショップカードと兼ねているスタンプカードも、¥5,000-でひとつ押印!どうやら大人数での利用を想定しているのかな?
串類は、羊肉串のほか、全20種以上!

◎「長洪 お得なセット」
30品の小皿料理から3品を自由に選択。+1ドリンク(生ビール・カクテル・サワーなど!)で、¥980-!今回は、次の3品を選んでみました。

口水鸡 鶏肉の辛味和え
a0105981_1214316.jpg

炸肥肠 豚モツ炒め
a0105981_12151014.jpg

韭菜猪肝 ニラレバ
a0105981_12153816.jpg
 

◎冷やし担々面
a0105981_12184640.jpg

通常の冷やし中華にほんのり辛味を利かせて炒めたひき肉が乗っています。すごいボリューム!

お得セットをちょこちょこつまんだり、夜も注文OKなランチ定食をいただいたり、数人で来たら串類をいろいろ食べてみたり、と、いろいろな使い方ができそうなお店ですね♪

東京都台東区上野5−22−1
東鈴ビル B1F
TEL (03)5818-3358

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
インド屋台のあと、駅に向かうつもりで歩き始めたのですが、
「シャンハイノ ヤギショロンバオ ヤギダデデーース!!」
と威勢良く繰り返す中国小姐たちの声にひかれて、直進のはずが、右折!バオズ購入(笑)

これまで利用していた吉祥にしようかと思ったのですが、その隣に増えていた、こちら「翔龍」に挑戦することに。

◎焼き小籠包(生煎包)
a0105981_21523738.jpg

4個¥380-
6個¥570-

肉餡の量が多め。スープは少なめで味がかなりさっぱりめ。生地がちょっと固めでした。わたしは、吉祥のほうが好きかなぁ。

ただ、わたしが食べている間、何人もの中国人たちが次々買っていた揚げたて油条と豆漿が、すごくおいしそうだった!次はこの2品にしてみます!

東京都台東区上野4−7−8
アメ横センタービル1F ※ビル内ではなく、アメ横の通りに面したところです。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
今、焼き小籠包店をはじめ、ケバブ、トッポッキなどなど、世界各国の食を気軽に楽しめるショップが集まる、アメ横路面(アメ横センタービル1階付近)!
どこもとっても気になるのですが、焼き小籠包に次いで興味深かった、インド屋台へ行きました!

◎チキンエッグロール
a0105981_20572415.jpg

生地の素に卵を加えて焼きます。
ちょっと厚めで大きめなクレープ、といった印象。
中には、スパイシーな味付けで炒めたチキンと玉ねぎ、キャベツ。
丸める前に炒めた具材にかけるソースは、甘口。
それらの甘辛ミックスで食欲増進、即完食!

というわけで、もう一品!

◎バタタプーリ Batata Puri
a0105981_21233185.jpg

じゃがいもと玉ねぎがたっぷり。かけたソースは、チキンエッグロールのときと同じ甘口のものと、もう一種類かけていたような?さくっとした小丸の生地とよく合います。

ひとりで休日なしで昼間〜夜まで通しでがんばっているそう!
a0105981_2132887.jpg


店頭でさっといただけるのもうれしいですが、店頭の看板に「テイクアウト可」と書いてあるので、ここで買って上野公園でのんびりいただくのもいいかも。

東京都台東区上野4−7−8
アメ横センタービル1F ※ビル内ではなく、アメ横の通りに面したところです。
TEL 090-2917-2420

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
前投稿の焼き小籠包のあと、こちらへ。こちらも久しぶり!
まずは、羊肉串!
a0105981_221911100.jpg

ちょっとひかえめに〜「6本!」

前菜3品
a0105981_2241485.jpg


醤牛肉の辛味和え物
a0105981_22401333.jpg


羊肉のクミン炒め
a0105981_22422372.jpg

香菜もいっぱい混ぜられているのがウレシイ。

肉料理づくしになってしまったので、締めは冷麺でさっぱりと。
a0105981_22433723.jpg


今回もおいしかった〜
寒い日だったので、他のテーブルでは、鍋が盛況。それもおいしそうでした!

東京都台東区上野6−2−7
キングビル
TEL(03)5807-1377

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
アメ横に買い物の用事ができたので、久々の再訪〜♪
ここのナナメ向かいくらいに、もう一軒焼き小籠包の店ができていて、人気がすっかり定着してきたんですね。短いブームで消えなくて嬉しい。

夕方で「サービスタイム」という手書きの貼り紙がしてあり、通常価格よりちょこっとお買い得に。
a0105981_21545165.jpg

あれれ?なんで黒ごま??もしや味も変わっちゃってるの?
と、見た瞬間ちょこっと不安になりましたが、肉餡・スープともに味は良かった!ほっ。前回よりちょっと濃いめ味になっていました。

隣のテーブルに居た中国人3名がそろって食べていた豆腐花もすごく美味しそうだったので、次は小籠包&豆腐花をいただきに来ます!

東京都台東区上野4−7−8
アメ横センタービル1F ※ビル内ではなく、アメ横の通りに面したところです。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]