「ほっ」と。キャンペーン
牛肉麺を食べに行きしばらくしたのち、再訪!

前回記事内でもさらりと触れましたが、此処にはふたつの店が存在。提供料理数が豊富なので、楽しみかたも、実に豊か。
今回は「3つのテーマ」を携え、めいっぱい食べてまいりました♪

<1>「日本初 卓上自動串焼機」で大好きな羊肉串を焼く!

これが、今回のメインテーマ。
「卓上」で「自動」で焼くって、いったいどんな感じなんだ?
と、ずっと気になっていたのです。
a0105981_2323449.jpg

実際にくるくるまわる羊肉串の様子をお届けしたく、動画を録画したのですが、
ここへ貼れず(^_^;;)
串肉の付け根にちっちゃな歯車が付いており、焼き台端部にズラリと並ぶ四角いマスに歯がハマりながら左右に回転を繰り返します。
「カチャカチャカチャ♪」
と軽〜い金属音が鳴り続き、かわいいからくり玩具のよう(^v^)
「自動」ということばにすっかり甘えのんびりお喋りしてしまい、一巡目はやや焦げ気味に(汗)
焼き上げの判断は自身でいたしましょ(^^;)
今回これで焼いてみたのは…
(店舗メニュー表記に準じます)
◎羊肉 羊カルビ
◎千里香特色串 千里香特別味串
◎特辣羊肉 ピリ辛羊カルビ
◎麻辣羊肉 マーボー羊カルビ
◎羊精肉 羊赤身
◎羊筋 羊スジ

さらに自動機能を止めて、
◎馒头 中華パン
a0105981_23485688.jpg

◎打糕 もち
a0105981_23492368.jpg

も焼きました。

<2>「千里香」の料理メニューから、異彩を放ちおもしろそうなものを選んでみる!

メニューにはたくさんの一品料理が載っています。
興味深い料理がいろいろあり絞り込みに迷う〜。

◎煎沙参 山菜根焼き
a0105981_2346641.jpg

シャキシャキ食感が楽しい甘辛和え。

◎酱油味苏子叶 醤油味ゴマ葉っぱ
a0105981_23483186.jpg

これで肉を巻きます。
単品でいただく葉もの料理と思っていたので、肉串追加&卓上自動串焼機再起動(^0^)/

◎可乐鸡翅 コーラ手羽先
a0105981_235539100.jpg

中国へ行くと、料理のお供にコーラを飲んでいる人、かなり高確率で目撃します。
その光景を回想しつつも「コーラを調味にも使うのか!」とびっくり。
…だったのですが、後日、聴いていた中国語トレーニング教材の会話のなかに「可乐鸡」が登場(驚)現地ではかなりスタンダード的存在の家常菜なのか…!
甘味ほんのりで割となじむものなのね〜と感心。

◎土豆饺子 ジャガイモ餃子
a0105981_0142137.jpg

ビジュアルインパクト大の真っ黒餃子!
一見恐ろしそうですが、とぅるりん、と喉越しのよい皮でやさしい味です。

<3>〆の麺は「志瑞祥 美国加州牛肉面大王」のメニューからチョイス!
ひととおり目は通してみるつもりだけれど、たぶん牛肉面、と思っていました。
が!
メニューに牛肉面より大きく「特别推荐(te4 bie2 tui1 jian4 : おすすめ)」と載っていた麺が!
それは…

◎加州炒面 カリフォルニア焼きそば
a0105981_054347.jpg

初めはあまり印象が残らないのですが、食べ進めるうちにじわじわクセになってくる^^;
名称の「カリフォルニア」は調味特徴でなく店名引用と思われます。

今回はイッキに3テーマ盛り込んだ欲張りな会でしたが、豊富なメニューを自分の好みや関心に沿って編集しながら利用してみてくださいね。
此処には数多の楽しみかたが果てしなく広がっています!

<おまけテーマ:4>ジャガイモ餃子はなぜ真っ黒なの?という疑問を解明する!

あの真っ黒餃子の写真をSNS投稿したところ「なんなんだ、あの色は!」と反響大!
その答えを求めて、翌日のランチタイムに再訪(笑)!

◎冷面 冷麺のランチセット
a0105981_1152578.jpg

酸味がしっかり利いたさっぱり冷麺。
するりと食べ、会計前に尋ねてみました。すると、
「ジャガイモを擂ると、色が黒く変わるでしょ〜?アレよ〜」
とのこと。ジャガイモに含まれる物質が空気に触れることで酸化して起こる変色のことですね。
質や味に影響がないから没問題、だったのか?むしろ黒い餃子にしたらおもしろいかも、と発見できたものとして使うようになったのかな?

☆千里香 池袋店
☆志瑞祥 美国加州牛肉面大王 東京店
東京都豊島区西池袋1−21−1
YKDビル7階
TEL 03-5992-8171

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
「麻辣烫 (マーラータン)」をご存知ですか?
a0105981_2275485.jpg

なぁ〜んだ、火鍋か〜
と思ってしまいそうですね^^;

しかしこの麻辣烫。
火鍋の前身ともいわれますが、全くイコールではなくちょこっと異なるものなのです!

麻辣烫は、このような手順でいただきます。

店に用意された豊富な種類の具材の串。
野菜・肉・魚介・点心などがズラリ。
a0105981_22212792.jpg

この中から自由に選んでカゴへ。
a0105981_22230100.jpg

これらを鍋へ入れます。
a0105981_22252538.jpg

串を鍋の中で少し振り「しゃぶしゃぶ」して、できあがり♪
具材のその姿から、麻辣烫を「串串香」と呼ぶ店もあります。

中国の屋台などでは、串を選んだらカゴごと店員に渡すと煮てくれて、煮終えた串を皿やパック、紙コップなどに入れて渡される、という形式が多いかな。

今回行った「大重庆麻辣烫」は、鍋底(基本スープ)を購入し、各自テーブルで煮ていただくスタイル。
外側の赤いものが基本スープ。辛さの選択可。
これ一種に集中してもOK。
今回は、中央の◯部分に「高湯」(4種から選択可;今回は鶏ダシスープ)をプラスした「鍋中鍋」というスタイル。
火鍋のときとは違い、スープはほとんど飲まないかな〜。
串をふりふり→ぱくぱく→またカゴを持って串を取りに行き→鍋でふりふり→ぱくぱく…
を繰り返す!

ひと串ALL¥80-なので、気軽にいろいろつまめるのが楽しい!
サソリやセミ幼虫なども並んでいますよ〜。
中国人スタッフ、高確率の中国人客、現地らしい珍食材(!)で、中国旅気分をぜひ♪
ちなみに、わたしのお気に入りは、油面筋(球体の揚げ麩)&土豆(じゃがいも)です^^

大重庆麻辣烫(大重慶マーラータン)
東京都豊島区西池袋1−35−2
明徳ビル3階
TEL 03-6914-1159

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
現地の味を現地の雰囲気で楽しめる「本場中国料理レストラン」の殿堂、永利!
いつも池袋と豊洲でよく利用していますが、池袋では、専ら本店。
西口店の存在は知っていたものの行ったことがありませんでした。

本店ともわりと近いことだし、何せ本店のあの雰囲気にはかなわないでしょ…
と、なんとなく懸念が先行してしまって。
なら、本店に行けばいいよね。
という結論に、毎度至ったわけです。

が、このたびようやく初訪!
行ってみれば、スペースは狭めなものの、本店同様に好吃〜な中国料理をいただけるではありませんか^^
これからは、スイっと入って利用しましょ♪

ところで。
永利は間もなく開業7周年だそうです!
これを祝し、本店&池袋西口店同時開催で記念キャンペーンがおこなわれるようです。
来たる4月18日(木)〜24日(水)の一週間、店指定の幾つかのメニューがほぼ半額に!
例えば、今回いただいた「ラム肉串焼き」が、1串¥150-→¥80-など!

◎葱香干豆腐丝(干し豆腐と長ねぎの辛味冷菜)
a0105981_17501774.jpg

◎东北酱大骨(豚背骨のタレ煮付け)
a0105981_17523430.jpg

◎煎饺子(焼き餃子)
a0105981_1754921.jpg

◎三鲜水饺(豚肉・海鮮・野菜入り水餃子)
a0105981_1802687.jpg

◎烤鸡珍(鶏砂肝串焼き)
a0105981_1815363.jpg

◎新疆大串羊肉(ラム肉串焼き)
a0105981_1851935.jpg

◎毛血旺(牛ハチノス&ハツモト&センマイ・野菜の麻辣味鍋)
a0105981_1873997.jpg

◎糖醋肉(げんこつ豚肉の黒酢酢豚)
a0105981_1893225.jpg

この肉片を、黒酢ソースをしっかり絡めてから、切れ目入りマントウに挟むと、また旨い♪
a0105981_18345842.jpg


これからもよろしくね、永利!殿堂の風格を放ち続けてください。
加油〜!

中国東北家郷料理 永利 餃子房
(通称:永利 池袋西口店)
東京都豊島区池袋2−3−3
ゆう文ビル 1階
TEL 03-5951-6857

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
テーブルでジュワジュワ焼く羊肉串をはじめ、吉林省延辺朝鮮族自治州の「韓国料理×中国料理」の融合を楽しめる延辺料理店・千里香。
池袋店には、大きなメニュー冊子が2冊存在します。
a0105981_2172661.jpg

これが、千里香のメニュー。
そしてもう1冊!
a0105981_2182737.jpg

北京をはじめ中国国内の広範囲に店舗展開をしている牛肉麺チェーンである
美国加州牛肉面大王」のメニュー!
なんと!異なる時間帯での二毛作ならぬ、二店同時営業状態なのです!

ここの牛肉麺は、塩や花椒などがほんのり利いたさっぱりスープの「清真牛肉麺」系と異なり、
醤油ベースでところによっては八角や辛味を利かせていたりもする「紅焼牛肉麺」系のもの。

◎加州牛肉面 (カリフォルニア牛肉麺)
a0105981_21373776.jpg

牛肉は、心をこめて育てた2〜3歳の仔あか牛を使い、
麺は、天然強力粉のツル&モチな麺。
香菜もパラリとかかり、芳香がふんわり。
テーブルにある辣油をちょい足しするのも、また旨し!
a0105981_2155239.jpg

いやぁ〜、なかなか出合えぬ正宗大陸牛肉麺。
好吃〜♪
なのですが、高い!
¥1,180-。
もうちょっと気軽にいただける価格だったら、通いたい(笑)
ランチタイムはお手頃価格でセット提供しているようです。(←エレベータ傍にたたんで置いてあった外置き用のスタンド式看板が、チラッと見えた^^;はっきり見えなかったけれど、価格表示が3ケタだったような。)

器には、チェーンブランド名が。大陸店舗でも使っているのかな、きっと。
a0105981_21533429.jpg


ここで、メニュー表紙にも大きく書かれている店名
「美国加州牛肉面大王」
をちょっと紐解いてみましょう。
美国=アメリカ
加州=カリフォルニア州
ですが、牛肉麺がカリフォルニア名物、ということではないはず^^;

これには、重慶出身のあるひとりの中国人の存在が。
その人・李北祺氏がカリフォルニアに渡り「牛肉面大王」を開いたところ在住華人に広く喜ばれたようで、のちに中国で「李先生 美国加州牛肉面大王(←リンク先音声あり)」をチェーン展開、中国式ファストフードの基礎を築き先駆けとしての地位が確立されたのだそう。店舗数がどんどん増加して浸透していく間に、店名であった「美国加州牛肉面大王」ということばも、ひとつのカテゴリー・ブランドに育っていった。
その流れを経て後発でできたのが、今回千里香に登場した「志瑞祥 美国加州牛肉面大王」なのかな。

今はそんなことはなくなったと思いますが、昔は名称に「美国」とあったら箔がついたのでしょう。
余談ですが、全く味付けの違う「炸鶏(フライドチキン)」に「肯徳基(ケンタッキー)」とよく付けられていたものです(笑)

今回はこの牛肉麺だけをするっと食べてまいりましたが、せっかくW営業なので、延辺料理を堪能したあと、〆の一杯に牛肉麺、というのもよいかも!

今回行った店、
あえてこのように呼ぶことにしちゃいます!

志瑞祥 美国加州牛肉面大王 東京店
東京都豊島区西池袋1−21−1
YKDビル7階
千里香 池袋店 内
TEL 03-5992-8171

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
池袋駅西口〜北口あたりは、すっかり「中華料理」を楽しむエリアとして利用しておりますが(笑)、なんとヨルダン・シリア・レバノン・パレスチナなどのアラブ料理を楽しめるレストランが!そしてそこのパーティーコースメニューとして、仔羊の丸焼きをいただけるコースがある、ということで、羊肉大好きな人が集合!

◎冷前菜&サラダ
a0105981_1892339.jpg

4種の冷菜は、写真左から、
・ヨーグルト
・茄子と胡麻
・胡麻とセージ
・赤い豆と白ごまペースト
これらを、
◎アラビアパン
a0105981_1813197.jpg

にちぎってつけながらいただきました。

◎ファラフィル
a0105981_1815186.jpg

すりつぶしたひよこ豆・オニオン・にんにく・ハーブで仕上げたコロッケ

◎サンブーサ アラビアの春巻
a0105981_18171820.jpg


◎月の砂漠のスープ
a0105981_1817458.jpg

若麦・たまねぎ・スパイスのスープ

そしてメイン登場!ビッグなのでふたりがかりで運ぶ!
◎仔羊の丸焼き一頭
a0105981_18193959.jpg

a0105981_18202553.jpg

一片をざっくりと大きめにカットしたあとは、皆勢いよく手で!
羊肉独特の甘みを思い切り堪能できるシンプルな味つけ。
皆の手が伸びる勢いはしばらく続き、大きな丸焼きがだんだん小さくなってゆく。
が、その大きさは視覚で感じる以上にボリュームがあり、完食には至らず、店員さんに分けて包んでもらい、数人持ち帰ることに。

◎デザート
ローズオイル入りミルクとココナッツのライスプディング
a0105981_18273798.jpg


◎ハーブティー
a0105981_1828537.jpg


そして食後には、シーシャ(水たばこ)を。
a0105981_18303468.jpg

初めてなので、店員さんから説明をしてもらってから、ひとりひとり順に体験。
すこーしドキドキ緊張感を携えながら、番を待つ(笑)
花やフルーツなどの甘いフレーバーで、口も気分もすっきり!アロマ的効果も期待できそう。

皆、ティッシュなどで拭き取っても残っていた、指先の羊の香りで余韻を楽しみながら、盛況のうちに会を終えて帰路についたのでした。
企画者さま&参加したみなさま、ありがとうございました!

東京都豊島区西池袋1−26−5
東山ビル2F
TEL (03)3980-7057

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
前回見た、カウンター席の上の壁にズラリと貼られた料理メニュー。麺だけでなく料理も食べてみたいものがいろいろあったので、その時から再訪をきめていたのです。
a0105981_10542910.jpg

どれにしようか眺めながら、「おっ!」と思ったものをたて続けに注文していった結果、羊三昧に(笑)

◎クミラム炒め(クミ→クミンです!)
a0105981_1473315.jpg


◎ラム肉大根土鍋
a0105981_1475392.jpg


◎ラム肉角煮
a0105981_148151.jpg


手工(shou3 gong1;手づくり)の餃子がメニューに並んでいたので、迷い無く2種注文!

◎手工煎饺 自家製焼餃子
a0105981_14122373.jpg


◎手工水饺 自家製水餃子
a0105981_14132152.jpg


念願の料理たちを楽しんだあとは、その場で打ち手伸ばしするおいしい麺!
今回は牛肉麺2種。

◎カレー牛肉麺
a0105981_1420099.jpg


そしてもうひとつの牛肉麺に、驚いた!汗かいた!涙出た!(笑)
◎台湾红烧牛肉麺
a0105981_14262658.jpg

「カライのダイジョブ?」
「はい!わたしたちみんな辛いの大好きだからダイジョブでーす!」
「辛さを1辛、2辛、3辛から選べますが、ドスル?」
「3辛でー!」(即答)
「ホントダイジョブ?」
「はい!おねがいしまーす」
…ところがこれがダイジョブでなかったのです!
红烧(hong2 shao1;調理法のひとつで、醤油煮込みのこと)牛肉の味やここの名物であるもっちり味わいある手伸ばし麺の味はおいしく大好きなのに辛味の利かせ方が強烈!スープを飲むときはもちろん、麺をすすると辛味が鼻に抜け咽せるので、なかなか食べ進めることができませんでした…

数日後、どうしてもこの「台湾红烧牛肉麺」とじっくり向き合いしっかり食べてみたくなり、また行ってしまいました(笑)
a0105981_14451752.jpg

辛さは1辛で!
ぱっと見ではスープの赤みに差がなく辛そうですが、実際は3辛のときよりだいぶマイルドで、でも程よい辛味はちゃんと利いていて、この一杯はスープも完飲。
「この前やぱりカラカタ〜?」とお店のかたからニッコリツッコミが!
数日前にハーハーヒーヒー汗だく悶絶状態のグループを憶えていたのですね(笑)
「はい〜!3辛はスゴかったですねぇ。この前はあまり食べ進められなかったけれど、味は大好きな味だったので、辛さを抑えてもう一度食べたくなって、来たんです」
と、しばし談笑^^

ところで暑い時季は、あのもっちり手伸ばし麺の涼麺メニューなどはやっているのかな?気になる!
また行ってみよう!
再訪にご一緒したみなさま、謝謝!

東京都豊島区池袋2−65−17
恩田ビル1F
TEL (03)3984-7779

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
これまでに、新宿・赤坂・渋谷店を頻繁に利用してきた、中国火鍋専門店、小肥羊(しゃおふぇいやん)!この小肥羊の新店が、今月8日、池袋西口にオープンしました!(拍手〜っ、パチパチ!)祝意を表すべく(というのとオープン記念特典があったため;笑)オープン直後に行ってまいりました!
いくらオープニング期間とはいえ、入れないことはないだろうと思って予約なしで行ったら、ほぼ満席で賑わっていました!わたしたち以外、ほとんど大人数の中国人グループ客でした。
すでに一緒に小肥羊を愛用するふたりで行ったので、席に通されたらパッパと注文(笑)注文システムタブレットがテーブルに置いてあり、店員を呼ばずに注文完了!すごいですね〜。少ししたら、頼んだものが続々テーブルへ運ばれてきました!
a0105981_184701.jpg

a0105981_18471793.jpg

a0105981_18472931.jpg

a0105981_18475252.jpg

a0105981_18481833.jpg

a0105981_18483067.jpg

a0105981_18484441.jpg

あと、羊肉メニュー3ランクの検証をしたく、上級ラム肉も追加。独特の香りがより控えめで食べやすい肉でした。次回は高級ラム肉に挑戦予定(笑)
そして、薬膳スープを、辣湯も白湯もゴクゴク飲んでは、スープを足してもらう!大鍋をチョイスしているふたりですが、どんどん食べ飲み干し、注ぎ足してもらうこと3回!このスープがホントとっても体調そして肌に効くのですよ!肌のコンディションの変わりようといったら、翌朝ハリが増し、メイクがとってもノリが良いので、つい鏡に向かいながら毎度ニヤケてしまいます(笑)
今回も美味しく愉しくたっぷりいただきました♪
冒頭でさらっとふれたオープニング特典、今回の食事代金分を金券でバックしてもらえるのです!¥8,000-のチケットをいただきました〜♪これを携えてまた火鍋をたのしむ日は、そう遠くはなさそう!
ご一緒したのは火鍋会のパートナー、華麗叫子ちゃん。いつも謝謝〜♪

東京都豊島区西池袋1−17−7
ルミエールビル8F
TEL (03)3982-2177

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
a0105981_22303213.jpg

これまでにこのブログに登場した陽光美食店の、1階。食材店です。調味料・冷凍食品・菓子・茶などいろいろ並びます。店頭には、上海蟹も登場していました!他の食材店より充実しているのが、店で作った油条や惣菜。豚足などもあり。次々に売れていました。近所にあったらうれしい店ですね!この日は、うちの定番おつまみ、麻辣花生を購入してきました〜♪

陽光城を運営する、陽光集團のHP
池袋以外に、こんなに各地に出店していたんですね!
それぞれの街へ行ったらぜひ寄ってみようと思います。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
友人のツイートで知り、ず〜っと気になっていた店。ようやく行ってきました!
麺のメニューが豊富!さらに一品料理も充実!服務員さん曰く「上海の家庭料理がいろいろありますよ〜!」既存の冊子メニューの他に、カウンター周りに手書きのメニューがたくさん。表記は簡体字メインで日本語少々(笑)単位も、块・份・个!食べてみたい料理がいっぱいありましたが、今回は、

◎兰州牛肉拉面 蘭州牛肉拉麺
a0105981_20345784.jpg


◎炸鸡排 唐揚げとりもも
a0105981_20362936.jpg


◎自家製 上海春巻
a0105981_20365957.jpg


をいただきました。お気に入り漢方ドリンク「王老吉」を飲みながら♪
a0105981_2039254.jpg


麺は店で打って手伸ばし。注文のあと、カウンターのむこうから「ダーン、ダーン」と麺を打つ大きな音が響き渡るので、最初の瞬間だけびくっと驚いてしまいました(笑)
打ち立て麺は、弾力があってモッチモチで、とってもおいしい!あっさりめの白湯は飲みやすい。テーブルに置いてある辛味噌をちょこっと加えるとまた違った味わいを楽しめます!牛肉麺は、基本味(白いスープ)の他に、咖哩牛肉麺(黄色いスープ)と台湾式牛肉麺(赤いスープ)がありました。在店当時いた客に人気だったのは、担担麺。これも真っ赤なスープが辛味利いていそうで、おいしそうでした。

食べてみたい料理がまだまだいっぱいあるのでまた来てみたいです。複数で来ていろいろ頼む、にしても、カウンター8席くらいとMAX4名のテーブル席。近隣住民がささっと飲食していく用途がほとんど、といった雰囲気。永利本店を通過するのも大変惜しいですが(笑)、こちらも通うことになりそうです♪

東京都豊島区池袋2−65−17
恩田ビル1F
TEL (03)3984-7779

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
池袋西口。よく行くのですが、寄るところは専ら中華食材店と中華料理店なんですよね(笑)
ここ壽々屋の存在は、ずっと気にはなっていたものの、まだ入ったことがありませんでした。
が、少し前に友人がTwitterで、ここのメンチカツがおいしいとの感嘆のつぶやきを。それがきっかけで、彼女の再訪時にご一緒し、ついに行ってきました〜♪
メンチカツ&エビフライの盛り合わせ!
a0105981_1264697.jpg

肉汁をうるると蓄えて、下味がしっかり付いて、衣は薄めでさっくり。おいしい〜!
なにも付けなくても不足なし。
味がしっかり付いているので、キャベツも何もつけずにいただくとサッパリしてちょうどよい。
エビフライは、メニューシートの裏にかかれたおすすめの食べ方
塩にレモン
醤油にレモン
でいただきました。
これがまたおいしい!今まで一度もしたことがありませんでしたが、エビの弾力や甘み、衣の食感がグンと現れます♪ワタシは特に「塩にレモン」が気に入りました!友人が注文したロースカツもシェアしていただき、塩にレモンで食べてみましたが、とっても好相性。こういった新しい味の発見と喜びを得られるのが、食べ歩きの醍醐味ですね!
豚汁とごはんもいただき、満足&満腹の定食でした。
池袋での、中華以外の立ち寄りスポットが誕生、です。

東京都豊島区西池袋1−38−3
TEL (03)3982-1681

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]
by uma18p | 2011-09-17 12:29 | 日本