世界一大きな「花」と、森林浴

世界一大きな「花」と呼ばれる、ショクダイオオコンニャクが開花した!というニュース。
このショクダイオオコンニャク、自然の状態ではスマトラ島にしか生息しておらず、大きく育ったものだと、開いた部分の直径が1.3m超、高さ3m超というからスゴい!これはぜひその姿を記憶に留めておきたいと思い、先月下旬、東京大学大学院理学系研究科付属植物園(小石川植物園)に行ってまいりました!

ネットでもテレビでもかなり採り上げられていたので、日中は当然混むと予想し、閉園ちょっと前くらいを狙って行ったのですが…
とんでもない!人はひくどころか増える一方。
a0105981_2111421.jpg

長〜い列に並んでいるうちに、
a0105981_2113341.jpg

定刻より早めの閉園(涙)
この行列そのまま翌日のチケット購入の列となり、引き続き待って…1時間余でようやくチケット購入。
全く予想しなかった、2日がかりでの、一輪の花の見学!

2日め。
スムーズな入場に安心したのもつかの間、中にまた長〜い列!
a0105981_21222638.jpg

1時間くらい待って…
a0105981_2123978.jpg

あとちょっと。あの向こうのテントにある!

また少し待ち、ようやく、対面!
a0105981_2128629.jpg

鉢の高さを除いても、150cmくらいありそう。
この花、大きさの他にもうひとつ「スゴい(クサい)臭いを放つ」という特徴もあるのですが、しおれかかるともうその臭いも消えてゆくそう。対面時もピークは過ぎたらしく、無臭でした。良かったような残念だったような。
行列はまだまだ長く続いていたため、花の前に居られた時間は3分も無かった…けれど、短時間のなかでくるくる鉢の周りをまわって、しかとこの目に焼き付けてまいりました!

せっかく来たんだし、サラッと園内を観て廻って出ようかなぁくらいの気持ちで園内を歩き出したら、これがまたスゴい!
巨木がずんずんそびえる大きく深い森!
a0105981_21492269.jpg

a0105981_21482671.jpg

a0105981_2148626.jpg

a0105981_2147533.jpg

a0105981_21474020.jpg

a0105981_21472875.jpg

幹に手を当て、目を閉じ深呼吸。
気持ちい〜い。
a0105981_220215.jpg

a0105981_21595664.jpg

a0105981_21591614.jpg

a0105981_2152492.jpg

さらに奥へ進むと針葉樹林が。
まるで違う地帯に移って来たよう。
a0105981_22153382.jpg

針葉樹独特の、ツーンとした清涼香が広がる。
ひぐらしの鳴き声も響き、ここもとっても気持ちい〜い。
a0105981_2216348.jpg


木々の路を抜けると、広い日本庭園。
a0105981_22241652.jpg

a0105981_2224417.jpg

日に当たって、なんだか膝から下がむずむず…かゆい
脚を見て、びっくり!赤のドット〜。数えてみたら、左右計12箇所も蚊にさされていた!
全く気づかなかった。

またひとつ都心の癒しスポットが発見できて、ショクダイオオコンニャクに感謝(笑)

最後に。ショクダイオオコンニャクは、その姿が大輪の花に見えることから「花」と呼ばれていますが、正式には「花序」という、花の集合体。実際の「世界一大きな花」は、ショクダイオオコンニャクと同じくスマトラ島生息の、ラフレシア。巨大な丸盆のようなカタチで、地元の子どもが乗った写真が、よくジャポニカ学習帳の表紙に使われていた気がいたします。ラフレシアも見てみたい!

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

食べ歩きポータルに参加しております。
クリックで盛り上げていただけると嬉しいです!
よろしくお願いいたします。谢谢您的合作☆☆☆

[PR]