味上海

先日見つけた上海小吃舘の本店である味上海があれから気になって。数日後に行ってみました!

店の窓ガラス、壁、メニュー冊子にはたくさんの料理が書かれてあります。
たいていの中華料理店で目にすることができる料理が並ぶ。
2号店の壁に貼ってあって興味があった料理を頼んでみることに。
それは、
「上海定番 考夫」
と書かれた、麩の甘口煮込み料理!
が、残念ながら、9月くらいから出す予定で今はないとのこと。

ここで服務員さん、ワタシが早々メニュー冊子を閉じたのちに訊いたのを察してか、
「あ、書いていない上海料理もいろいろできますよ〜!」
と!というわけで、お話しを聴きながら2品をチョイスしました♪

◎上海風蒸し鶏
a0105981_9582880.jpg

紹興酒に漬け込んだものだそうです。上海各地に在る振鼎鶏を思い出す味。振鼎鶏は生姜醤油に付けて食べますが、こちらはしっかり味がしみ込んでいるので、何も付けずにこのままで。骨付きのまま豪快にカットしてある!

◎上海炒面
a0105981_10621100.jpg

レギュラーメニューに「上海風やきそば」というものもありますが、麺・具・味付けが異なります。太いモチモチ麺を青菜&肉絲と一緒に甘みが特徴の中国醤油メインの味付けで炒めたものです。うまい!ちなみに「やきそば」はもうちょっと細いちぢれ麺、具の種類がもうちょっと多く、写真の色の印象からすると塩やきそばのような感じかな。こちらもおいしそうですね!
あと、スープが付きました。
a0105981_10155496.jpg


◎(お通し)上海風高菜と枝豆の炒め
a0105981_101545.jpg

盒饭(弁当)で白飯の上によくかかっていた「ごはんの友」のような存在の定番味。白飯が食べたくなる。ぜったいすすむ!

食べながら服務員さんとしばしおしゃべり。
味上海は、更なる成長を目指して1・2号店ともに協力しあって運営しており、メニュー考案も頻繁に話し合いながら試みているそうです。
「中華料理屋さんはいっぱいあるけど、本場のおいしい料理をお客さんに出したいですよ〜」
そこに野菜を買って来たおじさん(たぶん厨師さん)も加わり、野菜のお披露目&こんなふうに作ろうと思うトークも展開(笑)ワタシのテーブルに蒸し鶏をみつけ、「お!これ食べたね〜おいしいでしょ〜?オススメよ〜」
こういう活気、なんだか元気をもらった気がします♪

そこへさらに、先日2号店にいた厨師さんが登場!
「彼はね〜、上海の喜来登(シェラトン)のレストランでずっと料理していたんですよ〜!」と服務員さんが紹介。ご本人ははにかみながらさっと厨房に入り調理を開始。

少ししたら服務員さんも調理の支度を整えワタシの後ろの空席に。時間をおいてテーブルをのぞいてみたら、
a0105981_10492975.jpg

ぷっくりきれいに包まれたワンタンがずらり!
「そう、上海馄饨(ワンタン)もオススメなんですよ〜!」

決めました、次はこれいただきます!(笑)

東京都港区新橋3−16−9
TEL (03)3433-7987

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
[PR]