珈琲専門店 東亜

COE(カップ・オブ・エクセレンス)に輝いた世界の稀少な珈琲を、なんとどれも一杯¥500で提供してくれます!
COEとは、コーヒー豆生産各国で行われる国際品評会において厳正なる審査により選ばれた「最高のなかの最高のコーヒー」のみに与えられる称号。この結果が出ると、これを待つ世界中のバイヤーが競って購入するので、まず入手が大変なのだそうです。繰り返し入荷がきかない貴重な味を体験できます。
店舗全体で6帖あるかないかといったコンパクトなダークブラウンの空間。その壁に、入荷している豆の説明がいっぱい貼ってあります。国名、農園名とその写真、味や香りの特徴が書かれていて、博物館に来たよう。読むだけでも楽しい。
その中で「ようやく入荷したもので、おすすめ」とお店の人に紹介されたものを注文。

ボリビアの「アモア・デ・ディオス」という農園のもの。
酸、苦、濃、淡のバランスが整っているため、どの特性も感じ取れる贅沢〜な一杯。

カップを口に近づけたときにふんわり香ばしい芳香がしたので、「はぁ〜いい香りぃ」なんてつぶやいていたら、お店の人が、香りについて面白いことを教えてくれました。
それは、コーヒーの状態で3つの異なる香りを楽しめる、ということ。
1:フレグランス→豆が入った袋を開封したときに感じる香り
2:アロマ→挽いた豆が湯にふれ、カップに入れるときの香り
3:フレーバー→口に含んだときの香り(&味わい)
まるで香水(トップ〜ミドル〜ラストノート)とか、ワインのようだ!
そしてさらに語ってくれた、フレーバーの味わい方。
2、3口ぶんだけちょこっとコーヒーを残しておいて、そこに砂糖とミルクをちょっとずつ入れてよく混ぜていただくんです。
するとびっくり、フレーバー特性でかかれているようなフルーティさが際立って感じられます。
ご縁あって読んでくださったみなさん、ぜひお試しくださいね♪

また行って、コーヒーの美味しさ、奥深い世界を学びたいと思いまーす。

東京都江東区門前仲町1−7−9
TEL(03)3641-7595
[PR]