東京マラソン2009

3月22日(日)
初フルマラソン。
準備が足りなかったので不安を残した状態でした。
が。
都庁に着いてからは、会場は、運営者・参加者・観覧者みんなの活力&活気あふれるプラスの「気」に溢れていて、それらに触れているうちに、不安はどこかへいってしまい、とにかく楽しみ&わくわくな気持ちに変化。
そして、エリートランナーがスタートしてから20分くらいしてから、スタートゲートを出発。

天気は、始めのうちは、くもりときどき雨。たまにぱらっと降る程度なら、ウォーターシャワーのようで、すぐ体内に熱がこもってしまう私にはクーリングになって、まぁ良し。

ところが終盤、強い向かい風&雨に見舞われ、足を前に運べなくなってきた。
でも気持ちは衰えず、とにかく「前へ、前へ!」
もっと充分なトレーニングを積んでいれば問題無かったと思うのですが、心身のどこかすんごい奥に眠っている力にスイッチが入り、それになんとか助けられた感じです。東雲からまた持ち直して、有明からビッグサイトが視界に入ったときは、じんわりこみあげるものがありました。そうしてなんとかフィニッシュ、完走できました!自分の努力が全然足りなかったことを猛省すると同時に、ヒトが本来持つ底力に驚きそして感心してしまいました。
あと完走できたのは、途中5カ所で栄養補助食品を渡してくれた家族の協力のおかげでもあります。ワタシが遅いので結局終日拘束してしまいました。感謝もいっぱい、お詫びもいっぱいです。

ゴール直後は、「やったー!」という気持ちはもちろんあったのですが、とにかく
「おなかすいたーーー」
が一番(笑)
完走メダルやフィニッシャータオルをかけてもらったあとに水やフルーツやバー食品の配布があったのですが、みんな持ち帰っている中、その場でぺろりと平らげてしまいました(笑)
これにとどまらず、更衣スペースで配布していた栄養ゼリーも「瞬飲」、その後、家族が完走祝としてごちそうしてくれた生ビール&天丼もぺろり。

当日は、帰宅後、シャワーを浴びて、即就寝。

走りきれたことを振り返り、喜びをあらためて実感したり反省したり、今後の目標が見えてきたり、というのが、あとからじわじわと考えられるようになってきました。
そして、ランニングにかかわらず、何でも行動する際の大きな自信を得られました。
「完走できたじゃん、あれくらいどうってことないよね」
という感覚です。

気分としてはすぐにまた走り始めたいのですが、膝のお皿の周辺が炎症をおこしてしまい、痛みがひくまでは「走っちゃダメ」と医師から告げられてしまいました。まさに練習不足の証拠(泣)

今年は参加の当選が約7倍というなかで得られた幸運。
連続当選は、ありえないかもしれませんが、また、応募しようと思います!

完走メダル&参加記念Tシャツ(エントリー時に受け取ったので、当日これを着て走りました)
a0105981_2318590.jpg

[PR]
by uma18p | 2009-03-31 23:21 | RUN