人気ブログランキング |
せっかく西塘にきたので、ご当地名物料理をいただきました!
味付けが全体的にさっぱりめ、その分素材の匂いや味がストレートに舌で感じられます。
新たな味との出合いは、とっても刺激になります。

荷叶(葉)粉蒸肉
a0105981_20345699.jpg

葉を開けると、中は、こんな感じ。
a0105981_20354012.jpg


老鴨小餛飩
a0105981_20371763.jpg


(名称忘れる…珍しい名称の青菜を使った炒め料理)
a0105981_20394721.jpg


散策ルートで一番賑わう永寧橋のたもとにあります。
TEL 0573-84564610



食べ歩きポータルに登録してみました☆
1クリックで盛り上げていただけると嬉しいです!
よろしくお願いいたします。

上海郊外の水郷古鎮、西塘へ、足をのばして来ました。
街は、ミッションインポッシブル3のロケが行われ、トムクルーズが街中を駆け巡ったことをいちばんのウリにしたいようで、いろんな店の店頭に店主とトムで一緒に撮った写真が貼られていました(笑)
でもそれよりも、日々ここで営まれている静寂な暮らしぶりがとっても趣があってよかったです。とくにこの日気温がとても低かったこともあり、観光客数や運河の船の往来がほとんどなかった、ということもありますが…。
写真でその雰囲気を感じていただけたらうれしいです。
a0105981_2083713.jpg

a0105981_209070.jpg

a0105981_2092456.jpg

a0105981_2095096.jpg

a0105981_20101457.jpg

a0105981_2010307.jpg

a0105981_20105971.jpg

↓の細い路地は、幅が約80センチくらいしかない、極細の道!
a0105981_2013619.jpg

しばらく散策を続けているうちに身体がずいぶん冷え込んでしまったので、
商店が並ぶ路地沿いにあった宿の部屋を借りてお茶休憩をさせていただきました。
お世話になったのは、『袁記客桟』という宿。
建物の2階に、可愛らしい客室が2部屋ありそのうちのひとつへお邪魔いたしました。
小窓に沿って置かれたテーブルで、あったかいお茶をいただき、ほっといやしの一息。
a0105981_20242251.jpg

5月くらいのさわやかな季節に、運河沿いの部屋で数日泊まったら、のんびり気持ちよい古鎮生活を味わえそう。

ちょっと不思議な日本語ページもある、西塘オフィシャルサイト



食べ歩きポータルに登録してみました☆
1クリックで盛り上げていただけると嬉しいです!
よろしくお願いいたします。